【PR表記】 
このサイトには、
アドセンス広告及び、 
アフィリエイト広告が、
表示されています。

雑記 障がい者

境界知能が集まりやすい職場がある?

更新日:

類は、友を呼ぶと言いますが、
境界界知能の人が、
集まりやすい職場と言うのが、
一定数あるようです。

分かりやすいのが、
ドヤ街の日雇い仕事。

しかし、すべての人がそうだとは、
思いません。建設業は、色々、
細かい作業をしたり、細かい事に、
気づけないとやっていけない部分もある。

でも、境界知能でも、
やって行ける仕事内容の
職場だったり、
会社だったりもある。

一部の派遣会社などにも、
境界知能の人は、
流れて来やすいようです。

その人達をまとめたり、
指導したりする人は、

彼等が、それだと気づかず、
使えない奴等だ。馬鹿!馬鹿!
馬鹿!と罵ったりしながら、
使っていたりするようです。

境界知能の人も、
中々、他に行き場がないから、
そこで耐えていたりします。
勿論、一定数、逃げ出す人もいる。

境界知能の人が行きやすい職場。

工場のライン作業。
倉庫内作業。
日雇い作業員。
警備員。水商売。風俗。

ブラック企業や、
底辺職と呼ばれる職場など。

反社会的勢力に流れる人もいる。

建設業界にも流れやすいようですが、
良き理解者と出会わないと本人が、
耐えらなくなる事が多いようです。

トラックやタクシー等の
運転手になる人もいる。
(境界知能の人に、わりと、
適職とも言われてます。)

一人作業、単純作業、
半自営業、自営業、
などは、向いているようです。

しかしながら、
自営業であれば、
利益を出せなければ、
やっていけない。

上手く行かずに、  
借金を背負う人もいる。

まぁ、それは、
境界知能でなくても、
そう言う事は、よくあります。

境界知能であっても、
自営業で利益を出し続けている人も、
いるとは、思いますが難しいと思う。

だから、半自営業ぐらいに、
しておくのが無難かな?と思います。

水商売だったり、
風俗などの業種に、
行く人もいるようですが、

境界知能の人は、
チームプレイ、複数人作業が、
苦手な人が多いようです。

多人数よりマンツーマンの
ような接客が向いている。

それなりの学歴がある人は、
塾講師より家庭教師向き。

ホストクラブだったら、
今のホストクラブより、
昔のホストクラブの方が、
向いていたと思う。

一般的な普通の会社では、
雇ってもらうことが難しかったり、
雇ってもらっても、
やって行けなかったりします。

なので、底辺職や、
人の出入りが激しい職場、
ブラック企業と、
呼ばれるような所に流れやすい。

転職を繰り返す人もいる。
(これを繰り返す中で、
境界知能や発達障害が分かった人もいる。)

中には、犯罪に手を
染める人もいると思う。

ニートや引きこもりと、
言われる人達の
中にもいるようです。

社会に適合できないから、
そうなってしまう人もいる。
若い頃の延長で、
そうなっている人もいる。

その昔、境界知能は、
軽度の知的障害に、
当てはまったそうで、

その枠から外れたから、
支援を受けられなくなったと言います。

しかし、昔の時代であれば、
本人も周りも、軽度知的障害だと、
気づかなかった事も多くあったと思う。

今の時代は、それが、
境界知能に当てはまる。

昔の時代と違うのは、
色んな情報があるので、
気づきやすくは、なった。

とは、言っても、
まだまだ、一部の話。

お互いに分かった上で、
成り立っているケースは、少ない。

軽度知的障害でも、
色んな人がいる。

中には、健常者より、
能力が高いのでは?
と思える人もいる。

かなり面倒な人もいるには、いる。

境界知能の人も、
適材適所と言いますか、

それぞれの特性を活かして、
上手く折り合いを付けれることが、
望ましい所では、あります。

境界知能が集まる、
職場があるなら、
そこに何らかの
サポートをするのも良い。

まぁ、当事者達が、
気づいてなかったりで、
現状としては、難しいですが。。

障害者として認定して、
軽めの支援をした方が、

お互いに取って良いのでは?
と言う気もします。

知的障害と言うくくりではなく、
そのまんま境界知能とか、
別の名前でもいいですが、
何らかの障害として認めた方が、
支援がしやすくなると思います。

軽度知的障害の人より、
IQは、高いのですから、

それだと分かった上で雇用すれば、
それなりに使える人達が、
埋もれているような気がします。

現状、障害者の世界を見渡しても、
支援が必要な人に行き渡らず、

支援は、別にいらないのでは?、
と思える人が支援を受けている事もある。

境界知能を含めて障害者支援の
現場全体の見直しも必要と思う。

境界知能でも、知的障害でも、
その症状の特性は、あるのですが、

それも、当てはまる人もいれば、
当てはまらない人もいる。

だから、この症状だから、
こうだと決め付けてしまうと、
双方に誤解が生じたりもする。

これは、障害者支援の仕事に、
従事している人でさえ、
理解出来ない人がいたり、
何らかのミスが発生したりします。

一般の人であれば、
尚更、理解が難しくあると思う。

でも、人対人なんで、
一般人で障害の知識なんかなくても、
扱いが上手い人や物分かりが良い人もいる。

普通の人だと思えば、
使えない奴でも、

境界知能と分かった上で、
使うなら、優秀な奴に、
なることもあると思う。

だから、何の支援が、
なかったとしても、

双方が理解していると、していない。
それだけでも、だいぶ違うような気がします。

境界知能と境界性人格障害の
違いは何ですか?

たとえば「境界性パーソナリティ障害」では、
精神病と言えるほど病的症状はないものの、
不安、強迫、一過性の妄想、気分変動などが見られ、
安定した社会参加が難しい。

「境界知能」では、知的障害と言えるほど
知的発達の遅れはないものの、
物事の理解、判断、遂行に際して
平均的な人たちに遅れをとることが多い。

IQ70以上85未満が
境界知能に該当すると考えられています。

境界知能 何ができない?

境界知能やグレーゾーンの子どもたちは、
勉強や運動、コミュニケーションなどに
苦手意識があることが多いです。
そのことが原因で、自信をなくして
被害的な意識を持つようになったり、
思うようにできないイライラから
怒ったり暴れたりといった不適切な
行動を起こすことに
つながったりすることもあります。

境界知能と、
境界性パーソナリティ障害は、
(境界性人格障害)
別モノと考えられているようですが、
この両方が当てはまる人もいると思います。

パーソナリティ障害がある人には、注意です。

-雑記, 障がい者

error: Content is protected !!

Copyright© 思考の治療院 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.