【PR表記】 
このサイトには、
アドセンス広告及び、 
アフィリエイト広告が、
表示されています。

音楽 雑記

XJAPANのメンバーは、何故、死亡者が多いのか???

更新日:

不謹慎な話になると思いますが、素朴な疑問として、
XJAPANのメンバーは、何故、死亡者が多いのか?

まず、メンバーの死亡の前に、
YOSHIKIさんのお父様が、
YOSHIKIさんが幼少期の頃に、
自殺されています。34歳だったそうです。

HIDEさんは、
享年33歳で、
亡くなられています。

その後もXJAPANのメンバーが、
自殺したり病死したりが続くとは、
運命的に人の死と関わる事が、
生まれ持ったYOSHIKIさんの
宿命なのかもしれません。

みんな音楽的に秀でた才能を持っていた。

ただ、まぁ、ネガティブな意見としては、
YOSHIKIさんが、その中でも逸脱した、
才能や努力の塊のような人で、
周りは、それに付いて行くのが大変だった、
と言う要素もあったのかもしれません。

みんな世間一般的には、若いと言われる、
年齢で亡くなられている。

「YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X」と言う、
YOSHIKIさんプロデュースのバンドに合格した、
「YOSHI」さんと言う方が、19歳の若さで、
バイク事故で亡くなられています。

そのYOSHIさんと、
YOSHIKIさんの出会いは、
YOSHIKIさんが、ご自身のお母様を
亡くされた時期だったそうです。

ここまで来ると、やっぱり、何故か?と思う。

結局、真実と言うよりは、
憶測の話には、なってしまいますが、
話を進めて行きたいと思います。

YOSHIKIさん自身、何かのインタビューで、
「僕は暗い歌詞をたくさん書いてきましたが、
その多くは自殺に関するものでした」と答えられたそうです。

人は、いつか死ぬ。だから、今を生きる。
人は、何故、生きているのか?生と死は、隣り合わせ。

私達は、当たり前のように、明日も明後日も、
自分や周りの人達が生きていると信じていますが、
明日、交通事故で死ぬかもしれない。病気で、
突然死するかもしれない。自殺する人が出るかもしれない。

例えば、喧嘩別れした相手がそうなったら。。。
永遠の別れが、ある日、突然に来る事がある。。

今、目の前にいる人や周りの人達が明日も明後日も、
当たり前のように生きているとは、限らない。

また、何かあって、自分が明日、
死ぬと言う事もあるかもしれない。

その時に、やり残した事は、ないか?
その時に、未練や後悔は、ないか?
今日できることを明日にしていないか?

人生は、長いようでいて、
実は、短くもあると思う。

音楽家は、普通の人よりも多くの人に影響を与える。
XJAPANは、日本でも代表的なバンド。

生きることの大切さ。生きる意味。生と死。

そのメッセージを音楽を通して伝えているのかもしれない。

もっと力強く生きなきゃダメだよ!
人を大切にしなよ!
いきなりの別れがあるかもしれないよ!

亡くなられた方達は、そのような想いを
今、生きている私達に伝えられているような気がします。

YOSHIKIさんの書かれる詩にも、
深い悲しみや苦しみが書かれてあったりします。
YOSHIKIさん自身、そのような経験をしているから、
書けたり、曲が作れたりする要素もあると思います。

人生は、楽しいだけじゃない。
辛い事、悲しい事、苦しい事。
それらも、いっぱいある。
避けられなく逃げられない事もある。

クラシックの作曲家達が今でも、
普通に名前で呼ばれるように、
XJAPANの亡くなられたメンバー達も、
肉体は、滅んでも、私達の心の中に生きている。
音楽と共に今も、生きているのですね。

XJAPANは、素晴らしい曲、
素晴らしいメンバーと共に、
生と死。今、生きて、生かされていることの
重要性を伝えられているバンドかもしれない。

-音楽, 雑記

error: Content is protected !!

Copyright© 思考の治療院 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.