与え続けた者と、奪い続けた者。

与える者は、さらに与えられ、
奪う者は、さらに奪われる。

私の学生時代の知人に、
これを絵に描いたような二人がいました。

その二人は、友達関係にありました。

この対照的な二人は、
最高の人間観察の
材料になったと思います。

与える者と奪う者が、
一緒にいたら、
すべて吸い取られて
しまうのではないか?

と疑問に思う人も
いるかもしれませんが、
その辺は、しっかり、
線引きをされていたようです。

もっとも、そうでなければ、
波動が違い過ぎて一緒に、
いる事さえ出来なかったでしょう。

今は、疎遠になっているようですが。。

当時、この二人は、友達関係だったので、
与える者は、彼と遊びに行く際には、
レジャー費から飯代から何まで全部、
当たり前のように出してあげていたようです。

でも、それを嫌がっている様子もなければ、
愚痴や文句や不満を言う事もなかった。
それを当然の事のように、やり続けていました。

与える彼は、当時から、
スピリチュアルな事に興味も関心もなく、
その類の情報も知らない感じでしたが、
スピリチュアルな生き方を自然体でやっていました。

一方で、奪う彼は、
与える彼に、飯代から何まで全部、
出して貰っているのに、

裏では、彼の悪口、陰口、
不満を言い続けていました。

口を開けば、人の悪口か、自分の自慢話。

そんなんなので、彼の周りからは、
どんどん人が離れて行きました。

しかし、与える彼とは、
結構、長い間、友達関係にあったようです。

与える彼も、奪う彼に、
裏で悪口、陰口を言われている事は、
知っていたのですが、どうせまた、
俺の悪口言ってたんやろ~と明るく、
笑い飛ばせるような人でした。

当時から波動状態がブレずに、
良い感じでした。私も彼と、
過ごした時期がありますが、

日常的な呼吸が深かった感じです。
ハイヤーセルフの呼吸だったのかもしれません。

奪う彼と何故、いつまでも、
一緒にいるのか不思議でしたが、
奪う彼の事さえも、それほどには、
悪く思っていなかったように感じます。

また、奪う彼にしてみれば、
与える彼に、くっついていれば、
全部、彼に、お金を出して貰える。

だから、依存か寄生をしていたのでしょう。
いつも、誰かのお金を当てにしていました。

与える彼も、奪う彼に、
そのまま現金を渡すような事は、
していなかったようなので、
その辺の線引きは、
ちゃんとされていたようです。

でも、これは、一歩間違えば、
奪う者に吸い取られ、一緒に、
転落してしまう可能性もある。

だから、与える相手も、ある程度は、
選ばないといけないと思いますが、
与える彼は、何か大きな力に、
守られていたような気もします。

与える彼は、今、
とても裕福になったそうです。

奪う彼は、今、、
無職で諸々の事で、
苦しんでいるそうです。

人間観察の結果として、
与えるモノが受け取るモノ、
と言うことを証明してくれた彼。

奪うモノが受け取るモノ、
と言うことを証明してくれた彼。

人間観察として、これほど露骨に、
分かりやすい二人を見ることになった私も、
最高の材料を頂いたと思います。

与える者は、豊かになり、
奪う者は、貧しくなる。

一概には、言えませんが、

心の豊かさが先にあると、
豊かになり、心の貧しさが、
先にあると貧しくなる傾向も、
あるのかもしれません。

奪い続けた彼も、
何処かで何かに、
気付く事があるかもしれません。

地獄の底の底は、
天国だったと言う話もあります。

与える彼は、内面が豊かだったので、
外界に反映したとも言えます。

貧しいと、せかせかしたりで、
内面が整わなかったりもします。
それが外界に反映するので、

いつまで経っても同じ現状だったり、
さらに悪くなったりもします。

順番は、逆のこともある。
外ばかり見ても変わらない。

でも、内面とは言っても、
私は、彼等の内面までは、
見れないですから、あくまで、
外側だけを見た結果ですが、

与え続けた人が豊かになり、
奪い続けた人が貧しくなった。

お釈迦様が貧しい人ほど、
喜捨をしないさいと伝えた、
と言う逸話がありますよね。

喜捨と言う字も面白い。

喜んで捨てると書きます。

不満に思いながらとか、
見返りを求めて与えるのは、
喜んでいないので、喜捨には、
ならないのかもしれません。

キリストは、与える者は、
さらに与えられ、奪う者は、
さらに奪われると伝えたそうです。

見返りを求めずに、
与えたエネルギーが、
そのまま自分に返って来る。

さらに言えば、相手が存在しなくても、
自分が発したエネルギーが自分に返る。

自分発信。自分受信。

豊かな波動を出し続けている人が豊かになり、
貧しい波動を出し続けている人が貧しくなる。

だけど、豊かさとか、貧しいとかは、
必ずしも、金銭のことでも、ない。

お札は、ただの紙切れに、
価値を乗せたモノ。
コインもそうですよね。

千円札の原価は、約17円。
壱万円札の原価は、約24円。
500玉の原価は、約20円。
そんな感じであるそうです。

ただ、まぁ、奪い続けた男は、
与え続けた男が豊かになって行くのを見て、
惨めな気持ちになっていたのではないか?
と言うような気がします。

ネガティブ言葉を言い続けた人の末路。

結論から言ってネガティブな
言葉を言い続けた人の末路は、
ろくなものでは、ありません。

ネガティブな言葉とは、
愚痴、不平不満、
泣き言、悪口、文句。
怒り、批判、否定。

これらのオンパレードの人は、
大変に危険な人物であると思います。

ネガティブな言葉を口に出す事は、
ネガティブな波動を
放っていると言う事でもあります。

その人の、思考そのものに、ネガティブ要素が多すぎる。
だから、口に出さずには、いられないのでしょう。

そして、それに見合った現実が現れるので、
ますます、ネガティブな言葉が増えます。

ネガティブな言葉を口に出す事が多い人は、
思考がそのような状態であるし、
そのような人格を形成していきます。

人間観察の観点から言いましても、
これらの言葉を口に出す機会が多い人は、
問題である事を知った方がいいでしょう。

人の悪口、他者批判、他者否定、
それらの多くは、自分自身に原因があります。
言えば言うほど、自分の心と人格を破壊して行きます。

本人が自分の人生を悪くするだけならいいですが、
周囲も巻き添えにしてしまう人でもあります。

人間だから、たま~にならいいのです。
だけど、ネガティブ言葉を口する機会が、
多ければ多いほど、問題がある人だと言えます。
口癖となり思考の癖となって、根付いている人は、
異常者行動などに繋がっていったりもします。

そして、最終的に一番損をするのは、本人です。
人相的にも、歪んだ人相と言いますか、
鼻が強烈な感じになっていきます。

数年で気づけるなら、まだ見込みがありますが、
10年、20年と言い続けた人は、
本当に顔にも、現れてきます。

地獄には、畜生地獄と言う場所があるそうですが、
現実に生きながらにして、怠け者で文句だけを
言い続ける地獄の動物になっている状態です。

霊的にも、悪いものと繋がりやすくなり、
悪霊などに憑依されるような事も起きたりします。
これについては、高橋信次さんの「悪霊」と言う
本をお読みになるといいかと思います。

憑依は、それに同調する心があるから憑依される。

統合失調症などの精神病も、
人の批判や否定や悪口など、ネガティブな、
思考や言動を続けていたが故になるケースも、
実は多いという話もあります。

斎藤一人さんが天国言葉と地獄言葉と言う
ように話されていますが、地獄言葉は、
地獄と繋がるのです。地獄言葉とは、
ネガティブな言葉の事です。

地獄言葉を口に出す事が多い人は、
生きながらにして、既に地獄の住人となっています。

この世には、生きた人間だけが、住んでいるわけではない。
幽霊もいれば、悪霊もいれば、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるような
妖怪なども、違う次元に棲み分けて棲んでいるのだと思います。

ネガティブ言葉を言い続けるなんて、
それらの、魔物と繋がる、
世にも恐ろしい事であったのです。

言葉が現実を創る要素。
言葉が人格を作る要素。

人の悪口ばかりを言っている人は、まず、
人格がおかしいと思って間違いないでしょう。

言葉で人を破壊し続け、最後は、自分にそれが、
跳ね返ってきて、どうにもならない事が起きたりします。
だから、最終的には、自業自得になるのですが、
その前に、気づける人達もいるので、そのような人を
見かけても恨むのではなく、いつか、自分で、
気づけますようにと祈ってあげるのがいいのかなぁと思います。

だけど、自分の周囲にネガティブ言葉の、
オンパレードの人がいるのなら、
なるべく、その人から離れたり、距離を取ったり、
場合によっては、逃げ出した方がいい事もあります。

言葉も波動です。言っている本人は、勿論そうですが、
それを聞いている方の波動も下がります。
だから、出来る限りは、関わらない方が身の為と言う事になります。
しかし、それが親だったり兄弟だったり、職場の人であったり、
難しい問題かもしれませんが、その時は、聞き流すと言う事ですね。

また、身内や職場絡みではなく、友達の場合なら、
そんな人とは、縁を切った方が自分の為に良いと私は、思います。
身内であっても、自分自身が成人を過ぎている状態なら、
最悪と思える環境であるならば、時には、
逃げ出したり離れたりした方がいいでしょう。

言った言葉が現象化します。
人の悪口ばかりを言っている人は、
それが、現象化するので、
もう、言わずには、いられない状態になったりします。

言った言葉は、また、言いたくなる。

だけど、悪口を言う事を辞めない限り、
ますます、それに見合った現象が降ってきます。
だから、自業自得なんです。
悪口を言う事を辞めればいいんです。

そしたら、悪口を言ったが故に
降ってくる現象は、ストップします。

もう、言わないと本当に決心したなら、
それらの現象が止まります。
何故なら、私の心が現実を創っています。
本心から辞めると決意した事は、現実に反映します。

しかし、悪口ばかり言う事を辞めない人は、
結果として、自分自身で、地獄を創り出し体験します。
身から出た錆ならぬ、口から出た錆と言うやつです。

そして、これだけは、
ハッキリ言えますが、
10年、20年と、30年と、
人の悪口や文句ばかりを言い続けた人は、
ろくな奴にはなっていないでしょうし、
ろくな事に、なっていないと思います。


悪口を言えば言うほど現実が悪化する。
従来の地球では、現実化するまでに、
かなり時間差があったりしましたが、
今は、その時間差が、どんどん短くなっています。

四六時中、人の悪口や文句、
不平不満ばかりを嘆いていれば、
決して本人も幸せではないでしょうし、
聞いている人も幸せではないでしょう。

また、言っている人は、
それを辞めない限り、自ら不幸の種を蒔き、
自ら不幸を引き寄せてもいるでしょう。
だから、自分で自分の地獄を創っているのですね。

おかしな言動や感情の積み重ね。
その積み重ねの未来だから、
それが変わらなければ、
大体の未来予測も分かりますよね?

他者批判とか悪口、陰口は、
イコールで自己批判、自己否定、
自分への悪口、陰口です。

だから、めぐりにめぐって自分に返って来る。
それは、本人が、すっかり忘れた頃に、
返ってくる事もあります。

言った言葉も、放った感情も、
鏡に反射して自分に戻ります。

悪口と言うのは、大概、
感情を乗せて言っている事が多いものです。
言葉だけでなく、その感情の
総量も自らに降りかかってきます。

四六時中、人の悪口や文句や
否定や恨み辛みを言い続けている人は、
真っ黒いドス黒いオーラであったり、
灰色のどんよりしたオーラに包まれています。

これでは、いい事がないでしょう。

悪口と言う病気

この世的には、悪口を言ったぐらいでは、
裁きを受けたりしませんが、悪口を言うと
あの世の魑魅魍魎が寄ってきます。

悪口をよく言う人は、ネガティブな要素が多いので、
魑魅魍魎が、どんどん、その人に寄って来ます。

言葉も波動です。
悪口は、とても低い波動です。
悪口は、悪口に見合う事が、
引き寄せられてきます。

だから、楽しい状態の時と、悪口を言っている時の
波が激しかったりします。本人や周りが気づかない程度の、
憑依が、はじまっていたりします。

世の中には、人の悪口を言わずには、
いられない悪口病と言う人達が結構います。
大体は、本人に問題がある事がほとんどです。

だから、やたら人の悪口を言う機会がある人からは、
なるべく、距離を置いたり離れたりした方が無難です。
悪口や愚痴や文句ばかりを言う人の傍にいると、
こちらの波動まで下げられるので、離れましょう。

悪口を言う事が多い人は、危険人物です。
自分の波動を下げない為にも、
悪口を言う人を遠ざけ、そうでない人達と、
付き合っている方が自分の為であり、
自分の幸せであります。

悪口を言う機会が多い人は、愚痴や不満や陰口なども、
セットで言っている事が多い。

それで、自分で自分の精神や思考がコントロールできず、
悪口を言う事が癖になっている。そして、ますます、
悪口を言いたくなるような出来事が起きる。
悪口を言えば言うほど、自分が不幸になっていく事に気づかない。

本人が不幸になるだけなら、本人の勝手ですが、
周りを巻き込んで不幸にさせるので、
悪口を言う人からは、本当に離れた方がいいです。

本人が病気になったりするのは、本人の勝手です。
本人が不幸になっていくのも、本人の勝手です。

だけど、周りの人まで、巻き添えにさせていると言う事に、
悪口を言っている本人は、気づかない。
悪口と言うのは、非常に厄介な病気です。

悪口を垂れ続けるのは、自分の心は、こんなに、
醜く汚いですよと披露しているようなものです。

悪口をよく言う人は、どれだけ見た目が綺麗であっても、
心がゴキブリのようなものです。
ネガティブなオーラを放っています。
悪口ばかりをブーブー言っていれば、
やがて鼻が豚のようになってきます。
長年、愚痴や文句や悪口を言い続けた人は、
一目、顔を見たら、それが、分かります。
悪口を言い続けた人と言うのが、顔に表れているんです。

そうは、なっていなくても、悪口と言う病気を持つ人は、
職場や学校など、結構、あちこちにいたりします。
だから、そのような人からは、すっと離れ、
なるべく仲良くしないように距離を取る事も必要です。

そして、自分の波動を普段から高めていれば、
そのような人が勝手に離れていきます。
だから、自分の楽しみや幸せを優先してください。

悪口のメカニズム。
それは、一言で言えば、とことん自分に甘すぎる。
そして、人に厳しいから、
ああして欲しい、こうして欲しい、
こうでなきゃ嫌。こうなければいけない。
そのような思いが募り、悪口と言う言葉として出る。
だから、厳しい言い方をすれば、悪口をよく言う人は、
究極の怠け者なのです。性根が腐っているんです。

このような人は、基本的に、誰が何をしたとしても、治りません。
だけど、本人にとって非常にショッキングな出来事などが起きて、
治る人も稀にいますが、それでも、その出来事が起きて、
改心するか、どうかは、本人の魂が決めてきている事だと思います。

だから、悪口を言う人を
周囲の人が、何とかする事は出来ない。
その人は、基本的にずーっとそのままです。
それが嫌なら別れたり、離れたりするだけです。
そして、自分は、悪口を言わない事です。

悪口を言い続けていれば、それが生霊となり、
その生霊が、やがて悪口の張本人を襲う事になる。
だから、最終的には、
悪口を言い続けた本人に、
自業自得の事が起きます。

Honya Club.com Yahoo!店 Amazon楽天市場by カエレバ

波動測定〔波動測定キットに付属する容器に各種検体を添付して送付して頂くだけで測定ができます。〕

posted with カエレバ

ほぼ、ほぼ、間違いない情報ですが、
人の悪口ばかり言って、悪口が止まらない状態の人は、
大概、本人に問題がある事が多いものです。

確かに、相手も悪いのかもしれませんが、
平気で人の悪口を言える人には、
悪口を言っている方にも、問題があるケースが多い。
悪口を言う機会が多ければ多いほど、
言っている本人が怠け者と言う証拠でもある。

波動は、声質で分かる?

波動が低い人の声にも、
波動が高い人の声にも、
共通項があります。

波動の高い人の声には、
透き通るような透明感があり、
そして緩やかでいて、穏やかです。

波動の低い人の声は、硬く、重苦しく、
執着の塊のような声がします。
声だけで血の香りがするような声質の人もいます。
地獄の響き声と言いますか、本人の波動が、
そのまま声に現れているのです。

この声質と言うのは、怒っているからとか、
そう言う事ではなくて、笑っている時にも、分かります。
とことん、波動が低い人の声質は、
笑っていても、血の香りの声を出しています。

単純に波動の高い人の声を聞くと、癒され、居心地が良くなり、
波動の低い人の声を聞くと、重々しく、気分が悪くなります。

勿論、普段、それほど、波動が低くない人でも、
一時的に、そのようになっている事もあるでしょう。

だけど、声質と人格と言うモノは、比例しているような気がします。
だから、日常の、その人が喋っている声で、
波動が高い人か、低い人か、大体、分かります。

人相は、顔に刻まれますが、
声にも刻まれているのでしょう。
しかも、人相より判別が簡単かもしれません。

ある一定レベルの声質があると思いますが、
マイナス100~プラス100まであるとしたら、
どちらも、100に近い人ほど、すぐに分かります。

声が大きいとか小さいとは、私は、それほど、関係ないと思います。
波動が低い人と思える人にも声が大きい人は、多いですし、
波動が高い人の中にも声が小さい人は、いると思うからです。

何故、波動が低い人の中にも、声が大きい人が多いかと言えば、
弱い犬ほどよく吼えるのように、自分の自信のなさや、
無価値などを声でごまかしている事がよくあるからです。

だから、声の大きさは、
私は、あまり、関係ないと思っています。
声質と声のボリュームは、別物です。

一生お客に困らない常連システムの作り方

CDを例えれば、分かりますよね。
ボリュームを上げた所で、声質は、変わりません。

高音か低音かと言う事も関係ないと思っていますが、
低い波動の人は、低音である事が多いようです。
しかし、低い声の人の中にも波動が高い人もいるようです。

周波数、波動、波長、と言うものが、声質に現れている。

何HZの音とかありますが、何HZの自分の声と言う事で、
日常的に喋っている声は、ある程度、周波数が同じ領域にあると思います。

声や音の中に「1/fゆらぎ」と言うものがあるそうですが、
この音には、人を癒す効果があるそうです。

歌手の中で、1/fゆらぎの声を出している
代表的な人は、故・美空ひばりさんだと言います。

目は、口ほどに物を言うと言いますが、
声質も、波動を正確に伝えるツールであるように思います。

だから、逆に言えば、声質を変える事で、
波動を上げる事も可能かもしれません。
あるいは、波動を上げる事で、
声質が変わる事もあるのかもしれません。

一部の所においては、既に、
このような波動と声の研究も始まっているそうです。

指紋と同じように声には、特徴があります。
色んな声の中で、この声は、あの人の声だと分かったりします。

だから、人の声には、その人特有の波動も出ているのでしょう。

非二元は、悟りの入口?

非二元。ノンデュアリティ。

非二元についての話なので、
これを知らない人には、
どうでもいい話になります。

現実は、自分で創っていると言いますが

創っていない説もあります。 非二元では、こう言います。

すべてが、全自動で勝手に起きている。 誰も何もしていない。

自分が、やったつもりになっている。 私も、いない。 ?

すべてが全自動で起きている。

起きるべきことが起きている。

誰も何もしていない。私は、いない。

確かに、それは、事実なのかもしれません。

事実かもしれませんが、
私達は、今ここに居ると言う前提で、
現実の中に生きています。

それを解った上で自分に戻ってくる。

非二元に、どっぷりな状態は、
自分から離れたままになって、
自分に戻って来ていない。

非二元は、道半ば。
あたかも、非二元が悟りの、
最終到達地点だと解釈するのは、
どうやら違うようですね。
非二元は、悟りの入口。

それぐらい初歩の初歩なことのようです。

非二元。ノンデュアリティと言う夢の中。
夢から覚めてからが、悟りへの道の続き。

勿論、非二元がダメなわけでは、ない。

道半ばや入口と言うことは、
この道を経過して、
進んで行くと言うことですね。

だけど、非二元が最終地点だと、
思い込むのは、大きな間違いであるようです。

悟りと言う山があるとしたら、
山の入口にあるのが非二元。

それを8合目や頂上に来たと言うような
勘違いが、スピリチュアル業界の中でも、
結構、起きているような気がします。

私も非二元の話を夢中で聞いたり、
読んだりしたこともありますが、
ここが最終地点だと思い込んでしまうような
罠があったかなぁと今なら思います。

このことに気づくことは、
結構、重要な気がしました。

実際に、ノンデュアリティと言う迷宮に
迷い込んでいる人は、たくさんいるようです。

非二元を否定しているのでは、ない。

非二元は、非二元で素晴らしい。

素晴らしいのですが、そこが到達点では、ない。

また、一説では、非二元は、
行き着く所まで行った人が、
解れば、いいことで、本来は、
知る必要もなかったと言う話もあります。

非二元、ノンデュアリティ、人生のシナリオ。
これらは、スピリチュアルの学びの中で、
こう言うモノがあると知って、最終的には、
こう言うことだったのかと知るようなこと。

あれは、何?岐阜公園の近くの山の上に見える白い塔。

岐阜県岐阜市の金華山付近にある、
山の上の方にある白い塔。
でも、なぜか、目立っているような気もする。
あれは、一体、なんだろうか?

ホワイトスラムと呼ばれたり、
仏舎利塔や平和の塔とも、
呼ばれたりしているようです。

現在は、立ち入り禁止区域ではありますが、
動画やら、ブログやらでは、
心霊スポットや、B級スポットとして、
紹介されたりしています。
しかも、一時は、県外から、
潜入に来る人も多かったそうです。

一応、あの、白い塔の中には、
金色に輝く仏像があるようで、
写真で見る限りは、全然、劣化をしていない。

だから、何か不思議な導きと言いますか、
不思議な力を持っていると言いますか、
今でも、あの周辺に、何か、
パワーを与えてくれているのかもしれません。

あの近辺の人が無事に暮らせるのも、
あの金色の仏さまのお力かもしれない。

何故、立入禁止になったのかは、知りませんが、
それにも、何か不思議な意味があるのかもしれない。

謎が多すぎて、不思議と言う言葉で片づけてしまっていますが、
一説では、その昔、宴会場や、パチンコ店、
色んなモニュメントが置いてある、ちょっとした、
遊園地のような場所でもあったらしい。

宴会場の面影は、潜入された方のブログや動画などで、
拝見できますが、壁に見事な龍の絵が描いてありました。
経営者の方が、自ら筆を取って描いたものであるらしい。

経営難になって、閉鎖になったのかは、分かりませんが、
とある宗教団体に売却された説があります。
噂によると、白光真宏会と言う団体に
売却したとの話があるようです。

だから、あの、金色の仏像は、
宗教団体のものであったのかもしれません。

しかし、私の推測ですが、宴会場の壁に、
自分で龍の絵を描くような人だから、
売却する前から、金色の仏像も、
あったような気はします。

あの施設を経営されていた方は、
こんな方であったそうです。

柴田光治郎 しばた-みつじろう 1899-1983 昭和時代の実業家。 明治32年6月2日生まれ。 昭和9年柴田興行社をつくり, 岐阜県下で劇場,映画館を経営。

昭和22年柴田観光興業を創立。 昭和24年県会議員。 昭和58年6月1日死去。 83歳。岐阜県出身。

あそこも、ちゃんと、また設備すれば、
岐阜公園のような観光地になる気がするんですけどね。

柴田光治郎さんが、亡くなった後の情報は、
ほとんど出て来ません。なので、誰の所有地なのかも、
分からないですし、誰も所有していないのであれば、

何故、仏像があのままの状態で、残っているのだろうか?
宴会場なども、解体は、されていないようですし、
パチンコ屋は、跡形もなく、なくなっているようですが、
今も、色んな意味で謎めいてる場所であります。

私も、あの近辺に住んでいる人や、
高齢の方など、結構、色々な人に、
聞いてみましたが、
白い塔がある事は、知っている。
だけど、それ以上の事は、
何も知らないと言う回答しか得られませんでした。

一部の情報では、岐阜県の山の上にある、
仏舎利塔に似たものが、
静岡県の熱海にもあるそうです。
だから、見に行くなら、
こちらの方がお薦めかもしれません。

最新情報

創業者の柴田さんの甥だかお孫さんだか分かりませんが、
この一体を修繕して復興するとの噂もあるようです。

あくまで噂かなと思いましたが
2019年に所有者さん公認イベントがあり、
龍の絵が書かれた襖などの撤去作業があったそうです。

私は、てっきり持ち主の手を離れ
放置されていたと思っていたので
まだ創業者の方と繋がりがある方が
存在し、その方達に所有権がある。
復興は、本当かもしれません。

どのような形になるかは、
分かりませんが楽しみですね。

error: Content is protected !!
モバイルバージョンを終了