障害者と健常者の恋愛や結婚について。

人生の半ばから何らかの障害を負う人もいれば、
はじめから障害者の人もいます。

世の中には、健常者と障害者の恋愛や結婚もあります。

相手に障害があろがなかろうが、
関係ないとの意見もありますが、

健常者と障害者。ここだけを見れば、
健常者の人がプラスだとしたら障害者は、マイナス。

マイナスと言う表現は、よくないかもしれませんが、
健常者同士の恋愛や結婚と比べた時に、相手側の人は、
やはり、それなりのリスクも背負う事になります。

身体障害と健常者であれば、
健常者の方は、介護的な役割を担う事になったり、

精神障害or知的障害と健常者であれば、
健常者の方は、保護者的な役割を担う事もあります。

このバランスの観点から言えば、
障害者側の人がそれを覆す何かを
持っていないと同じ土俵に立てない。

例えば、経済力だったり、技術だったり、
人柄だったり、相手にとって何か、
プラス要素のモノがそれなりにないと難しい。

とは、言ったものの、女性のヒモのような
存在になっている障害者男性も、それなりにいます。

私の周囲でも障害者と健常者で結婚してる人や、
障害者同士で結婚している人もいますが、
障害者側に経済力がないケースも多い。

基本的に多くの障害者には、
社会的地位や経済力がない。
いや、ない人が多い傾向がある。

なので金銭的に相手に助けてもらうと言うか、
依存しているようなケースもあります。

(支え合うケースもあります。)

相手に対して、障害者側の人が、
それだけのモノを持っているから、
バランスが取れているのかもしれませんけれど、

第三者目線で見た時に、
相手の方が大変に思えたりする事もあります。

ヒモとは、違いますが、
芸能界に乙武洋匡さんと言う方がいます。

車椅子と言うハンディキャップを持ちながらも、
非常に、女性にモテる人で、以前、
複数の女性と関係を持ち離婚したとの
報道を見た事があります。

5股不倫との報道でした。

やっている事は、どうしようもないですが、
車椅子と言うハンディを持ちながら活動的で、
健常者と比べてもマイナスではなくて、
プラスの要素が多い人だと思います。

でも、正直な話、障害者と健常者の恋愛や結婚と言うのは、
健常者同士よりも大変な事は、多くなると思います。

今回も、chatGPTに質問してみました。

障害者と健常者の恋愛は、
多様な形で存在しています。
恋愛は人間の感情や絆を基にした関係であり、
障害の有無に関係なく、個人同士の相互の
魅力や感情のつながりによって成り立ちます。

障害者と健常者の恋愛は、
お互いの異なる経験や背景から
生まれる多様性を通じて、
お互いに理解し合い、
助け合うことが求められる場合もあります。
恋愛関係では、互いの個性や強み、
弱みを受け入れることが重要です。

障害者のパートナーが持つ障害について、
理解し尊重することが大切です。

また、恋愛関係においては、
コミュニケーションと相互の
サポートが重要な要素です。
障害者が持つ特定のニーズや制約がある場合、
パートナーはそれを理解し、
協力することが求められます。

コミュニケーションの方法や
スタイルが異なる場合もありますので、
お互いの意思疎通を図るために、
オープンで包容力のある対話が必要です。

障害者と健常者の恋愛においては、
社会の偏見や差別といった困難にも
直面することがあります。しかし、
真の愛や理解を持ったパートナーは、
お互いの違いを乗り越え、
共に幸せな関係を築くことができます。

互いに支え合い、尊重し合いながら、
困難を乗り越えることができる
強い絆を築くことができます。

最後に、障害者と健常者の恋愛は、
個別の状況や人々の経験によって異なるものです。

一般的な考え方やアドバイスを提供することはできますが、
具体的な関係においては、それぞれの個人の
感情や状況に基づいた適切な判断が重要です。

そもそも、障害者と健常者では、
育ちも違えば、価値観も違う事もある。

そこに、どれだけ寄り添えるかと言う問題もある。

パートナーが人生の半ばで障害者になる事もありますが、
最初から相手が障害者だと恋愛対象にならない人もいます。

また、障害者側は、
相手に好意を抱いていても、
自分に障害がある事で引け目を
感じる事もあったりするようです。

だから、最初の気持ちの
部分での難しさもあると思います。

本人達が良くても、
周囲が反対したり不安に思ったり、
心配したりと言う事もあるようです。

健常者の方で障害者の方に恋愛感情を持つ人は、
優しくて思いやりがあって人格者の人が多いのかな?
と言う印象がありますね。

あと、もう一つ、
障害者と一緒になる健常者は、
普通そうに見えて、
深いトラウマや劣等感があったり、
結構、それまでの人生の中で、
大変な人生を歩んで来た人も多い、
傾向があるような気もします。

投稿者:

sayuriyoukonaoko

アメブロ https://ameblo.jp/supirizumu/ ツイッター https://twitter.com/3b48For6hcCrT4J

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
モバイルバージョンを終了