仕事が続かない。続かないのは、病気の可能性もある?境界知能?

世の中には、一定数、
どんな仕事をしても、
長続きしない。すぐ辞める。
そのような人がいます。

どう考えても向いてない仕事を
選んでしまうこともあるでしょう。

向いていないと思って、
やってみたら意外と、
向いていたと言うこともあるので、

やる前から決め付けるのも、
違うのかもしれませんが、

何処に行っても続かないのであれば、
適職の見直しも必要かもしれません。

たまたま、仕事や、
人間関係が合わなかったことも、
あると思います。

有名な話で「俺か俺以外か」の名台詞。
カリスマホストのローランドさんが、
ホストをやる前にコンビニのバイトをしたら、
お前みたいな使えない奴は、クビだと言われ、
一週間でクビになったそうです。

カリスマホストだった、
城咲仁さんも、ホストでは、すぐに売れたようですが、
芸能界では、イマイチ、パッとしませんでした。

だから、向き不向きの要素も結構あると思う。

ブラック企業のような
職場ばかりを
選らんでしまう人もいる。

私が過去にお会いした、
心理カウンセラーの方が、
仕事が長続きしないのは、
毒親育ちの共通項だと言いました。

必ずではないでしょうけど、
それが当てはまる人もいると思います。

人間関係で仕事が続かない人は、
ドライバー関係の仕事に就くと、
わりと長続きする傾向もあるようです。

そもそも、転職ばかり繰り返すと言うことは、
雇われ仕事に向いてないと思いますから、
自営業や半自営業のような形がいいと思います。

トラックの運転手や、
タクシーの運転手なども、
人と接する機会は、あっても、
個人事業主に近い要素があるので、
そのような仕事を選ぶと良いかもしれません。

勿論、運送屋も色々ありますし、
仕事が続かない人が必ず、
ドライバーが向いていると言う事でもない。

ドライバーは、事故の危険性もあるし、
そもそも、運転免許がなければ出来ない。

ヤマト運輸や郵便局の仕分けも、
向いている人は、向いていると思います。

佐川急便も仕分けの求人募集していますが、
佐川急便は、昔ほどではないですけどハードです。

警備員や工場のライン作業も、
人間関係が、あまりないと言いますが、

個人事業主の要素がないし、
警備員も離職率が高いそうなので、
向き不向きが大きく分かれると思います。

雇われの身なら、
農業も良いと思いますが、
独立して自分でやるのは、
個人的には、お薦めしません。

何処に行っても人間関係が一番、
難しいと言われていますが、
これが良ければ、続くかもしれませんよね?

でも、本人に問題がある場合は、
これは、当てはまりません。

自己愛性パーソナリティ障害も、
一概には言えませんが、打たれ弱く、
誰かに何かを言われる事に、
耐えられないので、
そうなりがちであるそうです。

自信過剰でプライドが高いが故に仕事が続かない。
これに関しては、自己愛性パーソナリティ障害に、
ピッタリ当てはまります。

しかし、私の家系は、
自己愛性パーソナリティ障害が、
多かったのですが、それに、
当てはまるのは、叔父一人のみです。

人間関係で仕事が続かない人は、
個人事業主になるか、その要素が、
強い仕事を選ぶのも、いいかもしれません。

何の仕事をやっても続かないのは、
本人が気づいていないだけで、
境界知能だったり、軽度の
知的障害だったりもあるようです。

ニートや引きこもりと、
呼ばれる人の中にも、
精神疾患の人は、
多くいるそうなので、

仕事が続かない人も、
そうなのかもしれません。

仕事が続かなくて、
ニートになった人もいると思います。

仕事が続かなければ、生活も厳しくなる。
結果、犯罪に手を染めてしまう人もいるのでしょう。

本当に境界知能や軽度知的障害、
あるいは、その他の精神疾患であるならば、
障がい者の世界で生きる道と言うのもある。

いや、境界知能は、障がい者にならないので、
障がい者支援を受けられない傾向にあります。

昔は、境界知能も軽度知的障害も、
発達障害も、鬱病も、ほとんど知られる事なく、
本人も周りも気づかない事の方が多かったでしょうけど、

今は、それらの認知も進んで、
それらの人を受け入れてくれる所もある。

A型事業所だったかB型事業所だったか、
記憶が定かではないですが、境界知能の人を
受け入れてくれる所もあったはずです。

↓こちらのサイト様によると、
A型事業所の利用に障がい者手帳は、
必須では、ないそうです。

しかし、境界知能の誰もが、
利用できるかと言えば、
違うのでしょうね。

境界知能かどうかは、
分かりませんが、
私の中学生の同級生にも、

どの仕事に就いても、
すぐに辞める人がいました。

そもそも、中学校でさえ休んでばかりいた。

だから、社会人になる前から、
問題を抱えていた人もいると思います。

16人に1人いる?毒親育ちは、自己愛性パーソナリティ障害になりやすい?

前回の記事で、毒親の8割が、
自己愛性パーソナリティ障害、
と言う記事を書きましたが、

自己愛性パーソナリティ障害は、
育成環境でなりやすい要素がある。

異常な親と異常な家庭環境。

それらの事から、毒親育ちは、
自己愛性パーソナリティ障害に、
育てられ、自身も、その症状に、
なりやすい傾向は、あるかもしれません。

ニュースなどで、子供が、
親を殺したなどの事件を
見かける事もありますが、
親が、この症状であれば、
子供の方が日常的な、
被害者であったかもしれません。

そこまでには、至らなくても、
親が子供の人格破壊をしている。
だけど、毒親であれば、気づかない。

毒親家庭では、不幸や災難が、
降り注ぐ傾向がありますが、

毒親は、誰かや何かのせいにしますので、
自分自身が原因である事にも気づかない。

自己愛性パーソナリティ障害の親であれば、
幼児虐待なども当たり前にやる人も多い。

家庭内で言葉の暴力と、
拳を使った暴力は、当たり前の家庭がある。

三つ子の魂百までと言いますが、
既にその時期に親から、
人格破壊されている可能性もある。

そうでなくても、その後も、
その毒親と過ごしながら健全な、
成長は難しくもあると思う。

人格破壊されて育った人は、
今度は、自分が人様の人格破壊を
して歩くようになる。

本人は、気づかない。

このようなイタチごっこが、
繰り返えされている。

私も、この症状については、
それなりに詳しい方だと思いますが、
それでも、この症状の人を
どうこうは、出来ません。

16人に1人の割合いでいるなら、
この症状の人の治療機関と、
この症状の人と関わる人の
相談機関を各エリアごとに、
設置する必要もあると思う。

世の中的には、この症状について、
無知な人も多いです。なので、
気づかない。気づかれない。
それらの事が多くあります。

この症状の人と関わって、
自分の人生がズタボロになる人もいます。

そうなってからでは、遅いので、
この症状について学び、
この症状かな?と思える人には、
警戒してください。

優しい人の方が、
被害に遭いやすいです。
耐える必要は、ないです。
耐えても良い事がないです。
むしろ、相手は、調子に乗ります。

この症状について、
医学的には、重度や軽度と言う、
区分けは、されていないそうですが、

自己愛性パーソナリティ障害を
説明するには、区分けした方が、
分かりやすいとは、思います。

まず、軽度の人であれば、
関わっても、特に問題ない人もいます。
気になる人は、気になる程度。

16人に1人の確率と言う話を
考慮するなら、このタイプの人も、
多いのかもしれません。

でも、軽度の人でも面倒な人は、
面倒なので、その辺の違いを
把握する事も大事かもしれない。

第一印象が良かったりで、
一見、分かりずらかったりもしますが、
この症状の人は、タイプが違っても、
共通項があるので分かる人が見れば、
分かりやすいです。

勿論、パッと、
見ただけで分かる、
と言う事でもないですが、
身近な距離感にいれば、
分かる人には、分かる。  

分かる為には、知識と経験が必要。

しかし、この症状の人と、
数多く関わるのは、リスクでしかないので、
普通の人は、この症状の人への対策は、
この症状に関する予備知識になると思います。

相手に、あなたは、
この症状だと伝えるのも、
あまり、よくありません。

何も言わずに離れる、
距離を取る、逃げる。 
拒絶するでもいいですが、 
相手が中度や重度であれば、
攻撃してくる可能性もあります。

年齢的には、思春期など、
わりと早い時期に、 
この症状の傾向は、
出ていると思います。

共通項としては、

自分を大事にし、
人を粗末に扱う。

自分には過剰に甘く、
人には、過剰に厳しい。

下には、強く、
上には、弱い。

自分と比べて弱者には、
とことん強くなる。
その相手が幼児でも。

自分のミスも人のせい。

すぐに怒鳴る。日常的に、
イライラが止まらない。

俺は、凄いんだと威張る。

人に依存し搾取する。
(これは、軽度の人には、
当てはまらない気もします。)

人の悪口が止まらない。

彼等に必要なのは、
自分の都合良く動いてくれる人と、
利用出来る人。その相手が妻であれ、
子供であれ、友達であれ、部下であれ、そう。

まともに関わって多くを失った人もいる。
彼等は、反省などは、まず、しない。
人は、自分を助けてくれて当たり前。
そのような思考が根底にあります。

他にも色んな共通項があります。

当てはまるからと言って、
この症状と決めつける事は、
よくないですが、症状が酷ければ、
酷いほど、色んなサイト等で、
明記されている共通項が、
多く当てはまります。

今は、X(旧ツイッター)でも、
専門のアカウントが、
結構あるようなので、
見て見るのもいいかと思います。

ただ、まぁ、自己愛性パーソナリティ障害の
被害に遭った人は、事実では、あるのでしょうけど、

兎に角、悪く言う所もありますので、
それが合わない人もいると思います。

罪を憎んで人を憎まず。

どうしようもない親と環境で育ち、
そうなっている人達も多くいる。

信じ難いような家庭環境で育っている人も多い。

そうなるべくしてなってしまったとも言える。

この症状の人の99%ぐらいは、
自覚がないので、兎に角、
治療に繋がらないのですが、

もっと認知されて、
色んな所が動き出せば、

不幸な生い立ちだったのですね。
治療して治しましょう。

と言う流れになるかもしれない。

むしろ、そうなった方がいい。

それ以前に、そのような親元からの
保護活動なども必要かもしれません。

動物虐待は、発見されたり、
保護されたりするのに、

人間の虐待は、発見されず、
保護されずのケースも多い。

稀にそうなった時は、
子供が死亡して、
ニュースで流れるような時。

幼児は、110番出来ません。
逃げる術を知りません。

毒親は、まともなつもりでいる異常者。
異常な親に子育てをさせない支援も必要。

だけど、毒親は、まともなつもりでいますので、
それなりの家族サービスをしている事もあります。

大概、自己満足では、
あるのですが、

毒親に出来る最大限の
家族サービスだったりします。

毒親の親も毒親。
いや、毒親の親は、
猛毒親だったかもしれない。

毒親育ちは、その辺の事も考慮して、
すべてが、親が悪いとは、しない事。

毒親育ちが前世からの
因果応報なら、仕方がない所もあるし、
それで、自己愛性パーソナリティ障害になれば、
この輪廻から抜けられずにいる事になる。

人を攻撃したり搾取や依存等。
相手がどうこうや、
求めてばかりになりやすい。

中々、自己反省をしたり、
自分を省みる事がない。

↑逆に言えば、自覚がある人は、
これをやって行くことで、
改善して行く可能性があると思います。

自己愛性パーソナリティ障害は、
自分で、気づかない人が多い。

毒親育ちであれば、露骨な症状は、
なくても、自分にも、その傾向がある事は、
疑った方がいいのかもしれません。

人の振り見て我が振り直せ。
大なり小なり自分にも、
似ている部分があるかもしれない。

マインド的な部分で、
普通の親元で育った人とは、違うのですから、
自分で気づいたり気をつける必要は、あると思います。

「ペド」って何ですか?幼児性愛者?小児性愛?

最近、SNSなどで「ペド」と言う言葉を
見かける機会が増えました。「ペド」とは、
ペドフィリア(pedophilia)の略。
一般的には小児性愛嗜好者のことを指すそうです。

「小児性愛とは、13歳未満の
幼児や小児に対して、5歳以上年長の者が
性嗜好を継続的に抱くこと』で、
国際的な精神疾患の診断基準にも記載のある
『性嗜好障害(パラフィリア)』のひとつです。

性犯罪者は捕まらないように被害者や状況を選ぶ。
「より弱い」者/「抵抗しないであろう」者を選ぶ。

幼児に対する性的暴行や虐待など。

一説では、日本では年間1000件近く、
1日2件以上の子どもの性犯罪が、
起こっていると言われています。

世の中全体で見ると、そうなのかもしれません。

男の子も女の子も狙われる性犯罪。

何故、そうなるのか?

一つは、幼少期に虐待に遭っていた人がなりやすいらしい。

先天性かどうかははっきりしませんが、一般的に
“幼児性愛者”、“死体愛好者”、および“動物性愛者”
に関しては一般論として幼少時における虐待などの体験が
大人、生きている人間などへの恐怖としてトラウマになってしまい
それを深層心理として回避するために本能がそれをカバーするために
『自分は正常な心の持ち主だ』と自分をごまかすために
上記のような性愛者に走ると思われているようです。

ペドフィリアになる原因
ペドフィリアはそうなりたくてなるものではなく、
貧富・教育・宗教・性別問わず、世界中に存在している。
その原因はわかっておらず、先天的なものか
後天的なものかに関しても結論は出ていない。
ペドフィリアは児童ポルノとの関係が
よく議論されており、その因果関係に
関してはさまざまな主張がある。

小児性愛は、精神疾患の症状とも言われています。
であるならば、彼等が犯罪を犯す前に発見して、
治療に繋げる事が、早急な課題になると思います。

そして、この症状に限らず、
幼少期に置かれていた環境。
これによって、人格が歪んだり、
後の犯罪者になるきっかけになったり、
と言った事が結構あるようなので、

子供が産まれた時に、
親や環境に問題がないかを
ある程度、調べる仕組みも、
必要なのかもしれません。

3つ子の魂百までと言いますが、
それは、本当に事実なのかもしれない。

親がどうしようもないと、
赤ちゃんがお腹の中にいる時に、
もう、環境的に、どうにもならない、
状態だったりもします。

毒親だと親が狂ってますからね。
その狂った親は、正常で正義のつもりでいる。
だから、問題の多い親や家庭環境が発見されずらい。

何故か、世の中には、
重度精神病と思える人達が、
普通に子育てをしていたり、
普通に生活していたりする。

彼等は、自分は、まともだと、
思っているので精神科に通ったりする事もない。

子育てを親任せにしない、
根本的な改革が必要かもしれないし、
親の精神疾患等を調べる制度が必要かもしれない。

いずれにしても、犯罪を犯してからでは、遅い。
その前の対策が必要だと思います。

治療の仕方

「薬物療法」と「認知行動療法」「集団精神療法」

薬物療法は男性ホルモンを
抑制する薬を投与し、
単純に性欲を下げる。

小児性愛は依存症の
一種とも言われているようです。

ペドフィリアは犯罪と分かっていても、
欲望を抑えられない。これが依存症の怖い所。

薬物療法にしろ認知行動療法にしろ、
治療には、周囲の理解・協力が必要。

日常的に幼児、子供と関わる事がない、
環境に身を置く事も必要なようです。

近年、学校の先生や保育士の男性が、
この症状で逮捕された事件が起きました。
その欲望を満たす為に、そのような、
職業に就いていたとも思えます。

病気なのだから、病気を治す。

ですが、その病気で、
被害者が生まれ、本人は、
加害者になる。その前に治療。

かなり長期的な目で見る必要がある。

病気を放置して犯罪を犯す。
病気に気づかず犯罪を犯す。

気づかなかった周りの責任もあると思う。

本人も悩みを抱えているのであれば、
そう言った事を打ち明けやすい場所を
明確にしておく必要もあると思います。

性障害専門医療センター

餃子の王将社長射殺事件は、どうなった???

当時、王将の社長だった、
大東隆行(おおひがしたかゆき)さん。当時72歳。
を拳銃で射殺すると言う事件が起きました。

事件から9年後。犯人逮捕。

現場付近に落ちていた、
タバコの吸殻からDNA鑑定の結果、
犯人逮捕に繋がったそうですが、

それでも、9年もかかるものなのか?

裏付け等、色々、必要な証拠がないと、
踏み切れなかった事情もあるのでしょうけど、

射殺する人が現場でタバコを吸う。

そんな証拠を残すような事をするだろうか?

当時、プロのヒットマンの
仕業だと言われていました。

(一説では、中国人のヒットマンの
可能性があると推測されていた。)

プロのヒットマンであれば、
凡ミスをしないように、
細心の注意を払うと思う。

現地でタバコを吸って、
吸殻を落として行く。
そんな事は、しないだろう。

と言った事で代理出頭の可能性もある。
しかし、撃った犯人と諸々が一致した。

と言う事で代理出頭では、ないのか?

撃った犯人は、逮捕されましたが、
まだ、黒幕は、不明とされています。

射殺して逮捕された人は、
別の傷害事件で服役中だった、
工藤会の幹部だったそうです。

この逮捕された人は、過去に、
パチンコ店にトラックで6回突っ込む、
犯罪を起こして逮捕された事もあります。

その5年後に大手ゼネコンの
大林組の社員が乗る車に、
拳銃4発発砲して逮捕されています。

結局、口を割らない。
だから、その組織で、
ヒットマンが出来る。

警察関係者も本人から、聞き出す事は、
難しいだろうと言われていました。

餃子の王将から、
福岡のゴルフ場経営者に、
約260億円の資金が流れ、
そのうち176億円が未回収。

その福岡のゴルフ場経営者から、暴力団に、
お金が流れていた経緯があったそうです。

その暴力団は、工藤会では、なかった事から、
工藤会が何処から依頼を受けてやったのでは?
と言うのが一人のジャーナリストの方の見解でした。

大東社長よりも以前、
餃子の王将と暴力団との
繋がりは、あったようです。

と言うのは、餃子の王将は、
繁華街等に、多数、
出店しているので、関係がなかったら、
なかったで、諸々の危険が及ぶ。

店舗拡大と安全確保の為に、
そのような繋がりは、
仕方ない所もあった。

そして、大東社長は、
そのような勢力との関係を
断ち切ろうとした。

射殺される1年ほど前から、
大東社長は、周囲に、
殺されるかもしれないと、
話されていたようで、

自らの死を覚悟しての
決断だったかもしれない。

過去に王将で一年だけ、
社長を勤められた望月元社長も、

大東社長が射殺されたのは、
ヒットマンが誰かに頼まれてやった、
と思うと言われていました。

さらに、王将社長射殺事件の翌日、
北九州市で漁業組合長が射殺されました。

射殺事件の実行役で、服役中の
中村数年受刑者(77)=殺人罪などで無期懲役。

このような経緯から、工藤会が、
何らかの利権を狙っていた事も考えられる。

工藤会トップの死刑判決もありますが、
死刑になったらチャラになるのか?

恐らくと言うか、勿論、ならないと思う。

でも、何故か、死刑になったら、
丸く収まったかのように思ってしまう所もある。

トップが下から嫌われまくっている人なら、
そうなった時に丸く収まる事もあるでしょうけど、

トップを慕っている、残された組員が、
何をやらかすか分からない危険もある。

大手組織のトップが死刑となれば、
見せしめには、なるかもしれませんが、

残された組員の中には、
本当に何をやらかすか、
分からない組員もいると思う。

それでは、市民が安全とは、言えないですよね?

私の個人的な意見としては、
工藤会の壊滅が目的であるならば、
トップの指示の元に工藤会を壊滅させる。

野村総裁の年齢を考えても、
この先、何十年と、
生きる寿命では、ないでしょうから、

警察や裁判官への報復。
市民への危険などを考えたら、
無期などにして、
工藤会の解体に協力してもらう。

この方が安全に思いました。

死刑にするかしないかは、
その後でもいいような気もします。
でも、所詮は、何も知らない素人の意見です。

安倍晋三と工藤会と王将社長殺人事件

社長の家~日本の豪邸写真集

元漁協組合長は、山口組系の元組長だった。
しかし、足を洗って随分、時が経っていた。
過去の経歴が尾を引いた所もあったようです。

餃子の王将社長射殺事件

この本を読んでみました。

冒頭から凡ミスについて書かれてありました。

警察は、素人集団なら兎も角、工藤会が、
こんな分かりやすい証拠を残しておくのは、
捜査を撹乱する為の罠かもしれないと捉えたそうです。

そして、実行犯で逮捕された人は、
工藤会の幹部と報道されましたが、
工藤会の下部組織の幹部だったので、
尚更、そう捉えたのかもしれません。

大東社長は、取締役会で内々に、
闇社会と決別する宣言をされた、
一ヵ月後に本社前で射殺された。

事件当時、雨天であった事や、
王将の社員達が、あまり、
捜査に協力的ではなかった事なども、
捜査が難航した理由であるそうです。

さらに、警察の捜査における、
初動ミスのような事もあったらしい。

大阪に有名な「事件師」なる人物がいて、
この人物は、龍が如くと言うゲームの
「凄腕の情報屋 サイの花屋」みたいな人で、
警察は、その人にも聞き込みに行っている。

暴力団関係者から、人を殺害するのに、
何で、あんなオモチャみたいな拳銃を
使ったのか不思議だとの声もあった。

王将と言う会社は、儲かっている。
企業テロとしては、何もなくても、
狙われる可能性だってある。

警察は、当時、中国人ヒットマンの
可能性を疑っていた為、近辺の空港の
入出記録を調べていたら、事件当日に、
空港からトンボ帰りした女性がいた。

小柄で若い中国人女性であるそうです。

一見、ヒットマンと分からないヒットマン。
周辺にいても、怪しまれない。二十五口径の銃。
わりと、女性に扱いやすい。また、隠しやすい。
そのような理由から、あの拳銃だった事も頷ける。

先の事件師の話によれば、
それは、至近距離から撃つ事を得意とした、
「抱きつきのリン」との異名を持つ、
中国人ヒットマン女性であるらしい。

では、仮に、この女性が撃ったとして、
何故、わざわざ、工藤会の組員が、
現地にタバコの吸殻を残し逮捕されたのか?

捜査を撹乱させる為?
本当のヒットマンを追わせない為?

真相は、闇の中のようです。。。

まったく、無関係の事もあり得る。

でも、実際に撃っていたとしたら、
彼女は、何一つ、証拠を残していない。
雨天だった事も、狙った可能性もある。

でも、翌日の漁業組合長射殺事件は、どうなる?
中国人女性は、前日に帰ってしまっている。

工藤会の市民襲撃4事件には、
〈1〉元漁協組合長射殺(1998年)
〈2〉福岡県警の元警部銃撃(2012年)
〈3〉看護師刺傷 (13年)
〈4〉歯科医師刺傷(14年)

この4事件になっていますが、
証拠があれば、王将社長射殺事件も、
入っていたと思う。

王将の社長が射殺されたのは、
京都だったので所轄の違いで、
入れらなかったのかもしれません。

話は、遡りますが、大東社長は、
王将の4代目社長だったそうです。

大東さんは創業2年後に入社し、
2000年に4代目の社長に就任。

3代目が家業を潰すと言いますが、
3代目の社長とは、経営に関する考え方の違いがあった。
3代目社長のやり方は、多店舗出店。不動産への投資。

しかも、不動産へは、過剰投資とも言える額だったそうです。

大東社長が4代目に就任した際は、
既に470億円の負債を抱えている状態だった。

投資が焦げ付いていた、
不動産等を次々に処分したり、
不採算店も次々に閉鎖した。

他にも可能な限りの手を尽くした。

その中には、3代目が進めていた、
ゴルフ場への融資を中止する件も含まれていた。

(↑これが殺害された一番の理由かもしれない。)

その甲斐あってか、大東社長が就任してから、
わずか2年で、王将は、黒字に転じたそうです。

しかし、多店舗出店をする際に、
余計なトラブルに巻き込まれないように、
地元の暴力団に根回しをしてもらうなど、
直接的な関係ではなくても、それがないと難しかった。

その役目が創業者と古くから、
親交がある不動産会社社長だった。

王将の3代目社長が退陣すると、
その人物とは、疎遠になって、
利権関係の事は、大東社長、
自らで行うようになったそうです。

(↑時代的にも、それは、まだ、厳しかったと思います。)

大東社長と暴力団との付き合いは、なくても、
諸々のトラブルなどで、一時的に付き合わなければ、
ならない場面も生じた。いずれにしても、
王将と言う会社の利権は、闇組織にしても、おいしい。
利権絡みやトラブル等で、狙われる理由は、いっぱいあったらしい。

昔は、闇社会の人間が、
表の社会の会社に、
何らかの形で食い込む事もあった。

助けて乗っ取るか、
潰して乗っ取るか、
そんな闇社会の声もあったそうです。

それは、王将をあれだけのものに、
築き上げた代償でもあったと思う。

その甲斐あってか、今は、
クリーンになっていると思います。

なっていない可能性もありますが、
今の時代であれば、そのような情報は、
すぐに表に出ますよね?それがないことからも、
クリーンになっていると私は、思います。

大きな事件の裏には、
闇の勢力あり?

安倍元総理大臣は、
過去に工藤会と何かあったそうで、
安倍元総理大臣射殺事件は、
工藤会絡みと推察をする人もいました。

最近のニュースでは、
田中眞紀子さんの家が火災。

線香の火を消し忘れて、
田中角栄元首相の旧邸宅が全焼。

しかし、田中真紀子さんが、
国会議員がいくら金を貰っているかを
暴露した後に、家が火事になったとの
推察をする人もいました。

背後で何か動いてる可能性は、否めません。

でも、工藤会は、これだけ取締りを
強化された中で、弱体化もしているので、
別の勢力の可能性のような気もしています。

配信者・唯我さん・殺○事件?ジャニーズ滝沢秀明さんは、唯我さんのファンだった?

これは、昨年、暮れにニュースになりました。
まだ、犯人逮捕には、至っていなようです。

配信者の唯我さんがトランクケースに詰められ、
川に流され発見されたと言う内容のものです。

年が明けても犯人逮捕の情報がない事から、
配信者同士での考察もありました。

犯人は、お前じゃないか、
と言われた配信者もいました。

しかし、配信者と言いましても、
ニコニコ生放送やニコニコ動画などで、
有名になった方なので、ユーチューバーのように、
世間一般的に知られている人では、なかった。

ユーチューバーが表舞台の配信者としたら、
ニコニコ動画は、裏舞台の配信者。

どちらかと言うと閉鎖的な世界。

有名になった人も、
ニートや引きこもりと言った人が多かった。

トップになっても、ユーチューバーほどには、稼げない。

ユーチューバーで成功したら、
それなりに認めてくれる人もいるのに、

ニコ生やふわっち等で成功しても、
世間的には、認めてくれる人も、まず、いない。

そもそも、知られていない。

ユーチューバーと比べたら、
知名度もなければ、稼ぐ金額も、
一桁二桁、あるいは、もっと下がる。

それでも、ふわっちやツイキャスなどの登場で、
過去の知名度を活かして、
投げ銭と呼ばれる機能で、
月収、何十万、何百万と、
稼げるようになった人もいた。

知名度があっても、
稼げる人と稼げない人に分かれた。

唯我さんは、後者に当てはまる人だったようで、
殺○された原因は、闇バイトに手を出したからと、
一部では、言われています。

同じ配信者の金バエさんは、
配信者のみやびくんが怪しいと言われていて、
リスナーさん達も、そうだと思うの声も多かった。

しかし、違った場合は、
みやびくんにとっては、
いい迷惑だと思います。

唯我さんも、日頃の言動や行動から、
人様に恨みを買いやすい人だったようで、

殺○事件の被害者なのに何か違う。

唯我さんと交流があった配信者さん達の
ネタにされている傾向がありました。

これについては、お笑い芸人さんが、
俺が死んだ時には、笑ってくれてと言うようなモノで、
あの界隈での配信者さんの宿命なのかもしれません。

配信者さんと言うか、唯我さんの宿命かもしれない。
唯我さんは、幾つかの、どうしようもない犯罪歴もあった。

唯我さんは。瓜田純士さんと同じ中学出身で、
瓜田純士さんの先輩、後輩の関係になるようです。

唯我さんの方が年上ですが、
立場的には、瓜田さんが上で、

唯我さんは、悪でも真面目でもない、
当時から、異質な存在では、あったようです。

瓜田さんもご自身の動画で話されています。

唯我さんは、年末より少し前、
闇バイトをしていたとの情報もある。

普段、お金がないはずの唯我さんが、

金バエさんの配信中に、
投げ銭を3万ぐらいしていたそうです。
ある程度のお金を持って使っていたので、
闇バイトをやっていた可能性もある。

配信業界では、金バエさんの
推理、推測が、唯我さんを
よく知る者として詳しいような気がしました。

金バエさんは、唯我さんと、
ラインのやり取りをしている仲だった。

なりすましによる、
返事が返って来ていたと、
金バエさんは、言います。

唯我さんは、虚言壁なのか、
妄想なのか、フカシ話の連続で、
リスナーさん達を盛り上げていた。

そのような時代があったそうです。

それは、わざとではなく、ガチでやっていた。

私も幾つかの過去動画を見ましたが、
アウトローになりたかったけど、
なれなかった。ネットの中だから、
過去そうだった事にしよう。

そのような感じだったのかな?と思いました。

唯我さんの過去の配信を視聴すると、
自己愛性パーソナリティ障害や、
その他の精神疾患を抱えていたようにも思いますが、
その治療等には、行かれていたのでしょうか?

まぁ、もっとも、
自己愛性パーソナリティ障害であったなら、
中々、治療には、繋がらない事も多いですが。。

彼をよく思わない人なども、いっぱいいたようです。

しかし、だからと言って殺○は、しない。

そこまで至った経緯があるはずとの意見が多い。

犯人は、誰だ?と配信者さん達も、
気になって仕方がないようです。

少し前の時期に配信者の
ウナちゃんマンと言う方が、
病死されています。

唯我さんとも交流があったようです。

お二人共、中々、
過激な方であったようです。

もっとも、そうでないと、
閉鎖的なニコ生の配信では、
知名度を上げれなかった要素もあると思います。

今、ふわっちやツイキャスや、
ポコチャなどで普通の人達が、
普通に配信されていますが、

唯我さんや、ウナちゃんマンさんは、
嫌いな人は、滅茶苦茶、嫌いでしょうけど、
嫌いだけど視聴してしまう人も多くいたと思う。

やっぱり、良くも悪くも魅力は、ないと、
配信業で多くのファンは、付かない。
ファンと言わず、リスナーと言っている事から、
彼等も、それを分かってやっていたと思います。

配信者から配の文字を抜くと信者。
自分の信者をいかに集めれるか?

自分と言うTV番組に、
どれだけ視聴者を呼んで、
飽きずに視てもらえるか?

そう言った意味では、
二人共、プロだったと思う。

そして、これは、迷宮入りするような、
事件でもないでしょうから、
犯人が捕まるのは、
時間の問題だと思います。

でも、意外と時間かかっているような。

↑この霊能者の方の話だと、
12/23日の夜に車の中で殺害された。

車に乗っていたのは、4人。
男性3人。女性一人らしい。

車は、7~8人乗り。
黒っぽい車。女性は、知り合い。
男三人は、面識がない感じ。
男三人の中の一人は、
電話では、話した事がある感じ。

女性の年代は、30代後半。

霊視やダウンジングなので、
証拠などは、何もないです。

ココナラ 桜野 陽向

ラブッテ 桜野陽向

↑こちらの霊媒師の方だそうです。

誰かの配信のコメント欄に、
「6日にもう捕まっているよ、
4人組1人女事情聴取中、
他に余罪確認中だから発表無し」と、
ありましたが、これも事実かどうかは、
分かりません。事実なら、
そろそろ、ニュースで出るでしょう。

金バエさんの考察では、
みやびくんと、りかPが、
唯我を交えた3人で、
12月26日に会っていた話があった。
でも、後日、二人共、会ってないと否定。

金バエさんは、
何で嘘を付く必要があるんだ?
と不思議そうにしていました。

12月26日の唯我さんのラインに、
今からケジメを付けに行くとあった。
それが12月26日の午後9:59。

↑この動画を視聴すると、みやび犯人説は、薄い。

まったく別の考察をする人もいました。

滝沢秀明さんは、唯我さんのファンだった?

【なぜ?】唯我のTikTokライブに滝沢秀明が降臨!2人の繋がり・理由を調査!

唯我にタッキーが投げ銭はなぜ?ニコ生から認識していた?

唯我さんの配信に、
滝沢秀明さんが来たら、
偽物か?と思うでしょうけど、
調べた所、本人で唯我さんも、
喜んでいたそうです。

犯罪心理学・凶悪犯には、不幸な生い立ちと言う共通項がある?毒親育ちの人も注意?

親から幼児虐待をされて育った人は、
犯罪こそ犯さなくても人格に、
かなりの影響を及ぼしている事があるので、
自分なりに気をつける必要がありそうです。

そもそも、毒親と言うのは、
家庭内犯罪者のようなモノで、
親も子供も治療が必要だったりします。

幼児虐待が日常だったりすると、
気づいていないだけで、
精神的にも肉体的にも、
破壊されている所があるかもしれません。

毒親家庭では、掛け算のように、
どうしようもない事が積み重なる。

あり得ない日常が普通になっている。

おかしな犯罪を犯した人の生い立ちを調べて行くと、
幼少期に置かれていた環境がよくないモノであった。

それは、犯罪心理学などの類では、
よく言われている事です。

健全な人格で育たないのは、
親や家庭環境に問題が、
あった可能性も大きい。

そんな所で日常を過せば、まともに、
育つ方が難しかったかもしれない。

ニュースなどで目にする、
どうしようもない事件。

その犯人達は、幼少期に、
どうしようもない環境で、
育っている事も多くある。

機能不全家族や毒親なども、
近年、話題になりますが、
この問題に向き合って、
変えて行く時期だからこそ、

それらの情報を見たり、
聞いたりする機会が、
増えているのかもしれない。

幼少期の環境が悪かった人、
みんなが犯罪者になるわけではないですが、

子供への無関心(放任)や過干渉。
罵声、暴力、否定批判、情緒的安定機能の欠如。
これらが家庭内の日常になっている事があります。

幼少期のトラウマなどが成長過程における、
人格に影響を与える事は、よくあるそうです。

毒親は、どれほど、
おかしくても、自分の事を
まともだと思い込んでいます。

だから、子供が生まれる前、
生まれた時、生まれた後、

親や家庭環境の定期的な調査が、
これからの時代は、必要な気がします。

むしろ、今まで、
そう言う制度がなかったから、
どうしようもない家庭環境で育つ子供達がいた。

人格異常者になった子供は、
思春期や成人を過ぎた頃に何かしらの問題を起こす。

問題を起こさずとも何らかの精神疾患になったり、
軽度知的障害になったりと言うこともある。

私が関わった何人かの軽度知的障害の人は、
聞いてみると、大概、毒親育ちの人が多かった。

障害者の「害」の字が、
差別だと「がい」と、
ひらがな表記されることが、
多くなりましたが、
障害者側は、そんな事は別に、
どうでもいいとの声も多い。

それよりも、私は、隠される言葉には、
それなりに意味があると思っています。

障害と傷害は、漢字は、
違っても読みが一緒。

家庭内で親から、 
傷害されていた人も多い。

それが、肉体的暴力だったとしても、
言葉の暴力だったとしても、
その両方だったとしても、

結果として障害者になった。

そう言う人も、かなりいると思う。

中には、触法精障害者など、
周囲に危害を加える障害者もいる。
それも、育ちの影響が大きい。 

境界性知能や反社などの人にも、
そのような生い立ちの人は多くいるそうです。 

貧困家庭で育った人が、
犯罪を犯す人になりやすい、
と言う話を聞きますが、 
貧困だけでは、ならないと思う。

しかし、毒親や、
機能不全家族には、
貧困状態の家庭も多い。

この両方が重なった時、
子供の人格に及ぼす影響が、
かなりあるのではないか?と思います。

必ずしも幼少期の境遇が、
悲惨であった人達が、
障害者になったり、
犯罪者になったり、
と言う事では、ないと思いますが、

幼き頃から親都合で、
諸々の事が行われているので、

まともな精神状態を
保つ事が難しいのだと思う。

おかしな事件を犯した人達の
共通項として、おかしな、
幼少期を過ごしているケースが多い。

小林正観さんの話の中に、
どのような人でも、17年間、 
理不尽な事に耐えていると、

堪忍袋の緒が切れると言う話が、
ありました。人間の構造として、
17年でそうなるらしい。

毒親と言うのは、
自覚がないだけで病気の親です。
そのような親元で過ごせば、
数多くの理不尽を体験する事になります。

と言うことは、青少年の犯罪も、
夫婦の離婚も、この事が、結構、
関係している事があるかもしれません。

自己愛性パーソナリティ障害の
自己愛憤怒なども、諸々の
ストレス等が溜まった結果ですからね。

幼少期におかしな家庭環境で、
育つ人を減らして行く事が出来れば、
未来の犯罪者を減らして行く事に繋がるかもしれない。

それ以前に、生まれたばかりの子供や、
三歳にも満たない子供が劣悪な環境で、
育つような事は、もう、時代的に、
あっては、ならない事だと思う。

どうしようもない親は、
指摘されようが、
その場は、合わせるだけで、
改善されないでしょうから、

調査の中で家庭環境が劣悪だと、
判断した場合は、その親に子育てをさせず、
子供を別の所で保護して育てる対策も必要。

家庭環境の問題は、その家系内で、
リレーのように受け継がれている事がある。
あると言いますか、むしろ、多いと思います。

それを終わらせる為に、
どうしようもない奴が、
その家系内に出現したりする。

あるいは、その家系の最後の人物に、
それが出やすかったりもする。

犯罪行為こそ犯さなくても、
毒親育ちの人は、親と自分は、
違うと思っていても、
何処か受け継いでいる所が、
あったりする事もあります。

自分は、まともなつもりであっても、
何処か、偏屈だったり、歪んでいたり、
おかしな価値観を持っている事が、
あったりもします。

そもそも毒親とは、 
本人の自覚がないだけで、
大概は何らかの精神疾患。

重症の精神疾患の事もあるでしょう。

そのような親元、
そのような家庭環境で、
子供時代を過ごしているのですから、
色んな価値観や思い込みの中に、
ズレているような事があるかもしれません。

それらの事に、
自分で気づいて修整を
かけれると良いですね。

スピリチュアル的には、見解が違う?

こう言うと語弊が、 
あるかもしれませんが、

不幸な生い立ちで育った人が、
犯罪行為を犯したのは、結果。
 
その人の人生の中の一部。 
生まれてから、それまでの
その人をずっと、
見ていたわけでは、ない。

もし、ずっと見ていたなら、
このような環境で育ち、
その人生の流れなら、
そうなるよね、
と言う事なのかもしれない。

育ちの影響が、
悪かったからと言って、
みんなが、そうなるわけでは、
ないでしょうけど、一定数、
そうなってしまう人がいる。

なので、そうなる前の発見、
対策、改善も必要でしょうね。

ツッチーと呼ばれた八王子の悪徳ホスト・土田正道さんの話。

このツッチーさんは、
歌舞伎町の色んなカリスマホスト達とも、
親交があって顔が広かったホストでもある。

兎に角、滅茶苦茶な人であった噂があります。

https://friday.kodansha.co.jp/article/175471?page=1

↑フライデーの記事

ツッチーさんの名言か、
キャッチフレーズか、

「人のお金で一花咲かせ、
自分のお金は貯蓄する」

と言う言葉がありましたが、
本心だったのかもしれませんね。

でも、ホスト業界では、
ツッチーさんがヤバイ人だと、
知れ渡っていたかもしれませんが、
世間一般の認識としては、
カリスマホストでやり手の経営者
と言う認識だったと思います。

有名だから。
結果を出しているから。
そこだけを見ても、
分からない事もある。

この事件になって、
過去の諸々が世に出た。

完全犯罪を狙って遺体を溶かした「カリスマホスト殺人事件」

世には、出ていない人達の
話もある。結構、エグいやり方で、 
稼いでいた売れっ子ホストの
話も色々と耳にする事は、ありました。

この動画には、土田さんの店で
過去に働いていた経験があるホストも
出演されています。一人の独裁者が一大勢力を
築けてしまう事があるのですね。

土田さんの前の時代でも、
くらぶ○○○と言う歌舞伎町にあった、
グループ系列の親玉の悪徳ホストが、
有名だった時代もありました。

当時は、そう言う人の暴走を誰も、
止められなかったのでしょう。

動画内でゴンザレスさんがツッチーさんの事を
何度も彼は被害者ですと言われていましたが、

あの人がやって来た事を考慮すれば、
色んな人への加害者だったのですよね。

だから、酷い事件の被害者であっても、
彼がいなくなった事で、ほっと、
胸を撫で降ろしたホストも多いようです。

ツッチーさんに限らずですが、
多くの人から恨みを買っているような人が、
最後、悲惨な目に遭うニュースは、
度々、目にする事は、ありますね。

それが清算なのですかね?

でも、最後、悲惨な目に遭うだけで、
それまでの事がすべて清算されるのだろうか?
と言う疑問は、残ります。

そして、この事件の加害者は、追い詰められていた。

こうなる前に何とか出来なかったのか?とも思います。

一つ前の記事で、
毒親と子供の関係を
書きましたが、
問題の多い経営者と、
従業員の関係は、
毒親と子供の関係とも似ている
かもしれないと思いました。

城咲仁さんは、考え方がしっかりしてますね。

やっぱり、金に群がる悪い奴も寄って来る。

ホストとして売れていても危険。

いや、売れているからこそ、
そう言う誘惑も増えるし狙われる。

カリスマホストから転落するホストも結構いる。

仁さんもヤバイ経験してますね。
(でも、夜の業界では、これぐらいは、
カワイイものかもしれません。)

城咲仁さんは、お店の外で、
お客様と会わない接客だったようで、

外でお客様と日常的に会っていたホストは、
もっとヤバイ経験が色々あるようです。

愛本店は、動画内でも言われていましたが、
裏の勢力を味方に付けない事で、それ故に、
裏の勢力から狙われると言う事が多々あったそうです。
それを全力で守っていたのが愛系列を生み出した愛田武社長。

それでも、すべては、
守り切れない所もあって、
愛田社長も何度も危害を加えられたり、
お店のホストが危険な目に遭わされた事も、
結構、あったようです。

当時の歌舞伎町の
ホストクラブは、
ケツ持ちが、
いない方が危険だと、
思われていた所もある。 

バックに用心棒が、
いた方が安全で、
現役のホストほど、
愛本店やその系列店は、
身の危険があると思われていた。

城咲仁さんとローランドさんの
対談とかあると面白そうですね。

稼いでいる金額は、
ローランドさんの方が、
桁違いに多そうですけど、
ホストとして持っているモノ、
ホストとしての質は、正直、
甲乙付け難い所があると思います。

対談しなくてもお互いが、
どう思っているのか?
その考えを聞いてみたいです。

error: Content is protected !!
モバイルバージョンを終了