スピリチュアル本。どんな夢も叶える神様の正体を読んでみました。(電子書籍)

まず、著者の方は、突如、
彗星の如く現れた人なのか?
と思いましたが、一部の人の間では、
既に有名であったようですね。

本の出版に合わせたビジネス上の
ブランディングも上手いなと感じました。
しかも、8月8日のライオンズゲートの日に発売。

電子書籍を読む前に、
インスタの方も拝見しました。

インスタの画像は、
はちまきを巻いた女性の顔。
源さんと言う名前。

源さんと言えば、
昔、パチンコのCR機に、
大工の源さんと言う台があって、
それを思い出しました。

この源さんと言う女性は、
大工などの女性職人なのか?

顔も美形。

最初のイメージは、
こんな感じでした。

さらにプロフィールを拝見すると、

澤田智子(さわだともこ)
通称:源さん(げんさん)

45年の執着を捨てて・・・。

45歳で、この顔。。若々しい。。。
しかも、5人の母。。。
執着を捨てた話も興味深い。。

借金2000万/家売却/家族解散

・・・苦労されたのですね。

しかし、一度、離婚した相手と再婚。
う~ん。面白い人だ。

と言うことで、本を読む前に、
この源さんと言う女性に、
結構、興味を持ちました。

源と言う名前は、
宇宙の源から、メッセージを
もらっているからだそうです。

インスタライブで過去の動画も
残っているようなので、
幾つか視聴してから電子書籍の方を読ませて頂きました。

本は、出だしから何か深い話で面白そうだと感じました。

スピリチュアルを分かったつもりで、
分かっていない私には、必要な情報が満載。

物語形式で、この物語の中に、
スーッと吸い込まれるような内容でした。

人生は、自分で創った台本通り。
厳密に言えば、魂の台本通り。

魂は、酷い出来事ほど、
楽しむことが出来るそうで、
ここが人間とのギャップなのでしょうね。

不幸、悲劇は、魂的には、
ヤッター。来たな~って感じ
なのかもしれません。

ワンネス星では、比較対象が何も無い。
幸せだけしかなければ、不幸が分からない。

大きいも小さいも、
太っているも痩せているも、
明るいも暗いも分からない。

至福が当たり前だと、
それ以外が分からない。

地球は、比較対象を体験できる星。
色んな思いや感情を体験出来る星。

遊園地のようなテーマパークで、
絶叫マシーンのようなアトラクションが、
いわゆる負の体験になるようです。

そう言えば絶叫マシーン好きな人は、
恐怖やスリルを楽しんでいますよね。

自分の心の中を
自分以外の人に、
映し出す鏡の世界。

喜怒哀楽も地球だから
体験出来る感情。

至福の感情だけしか
持ってなかったら、
悲しいも、怒りも、
恐怖も分からない。

ネガティブな体験も、
至福の感情だけで、
体験していたらワンネス星と、
何も変わらない。

まだまだ色々と書きたい所ですが、
ネタバレになるので、この辺で辞めておきます。

読むのに、それほど時間がかからない本なので、
繰り返し読むことで、その度に気付きが訪れる本。
そのような気がしました。

あと、インスタ動画で見た先祖の話では、

どう言う計算なのかは、
分かりませんが、自分の先祖を
40代遡ると一兆人になるそうです。

血の繋がりがある一兆人。

それを味方に付けるか、
敵にまわすか?
味方に付けた方が、
得では、ありますよね。

これについても、
一人の人生の中で、
批判と賞賛は、総量が同じ、
と言うことも言われています。

とても、そんなふうに思えなくても、
とても、そんなふうに見えなくても、

一人の一生の中で陰陽の
バランスが取れている。

一生の中で批判と賞賛は、
同じ量でバランスが取れている。

そう言えば、
小林正観さんも、
そのようなことを、
言っていたような気がします。

批判された量と賞賛された量。
これを天秤に載せたら同じ量。

だから、自分の人生の中に、
登場する批判役、悪役も大事。

源さんは、プラスが多くなると、
マイナスの役の人が現れるか、
マイナスの事を自分が起こす。

逆もまた然りで、プラスマイナスゼロ。
そのようになると言われています。

否定、批判や、
罵詈雑言を浴びせる
役目の人がいるから、
上手くバランスが、
取れているのですね。

そして、私なりの解釈ですが、
一人の人生の中で、
プラスマイナスの総量が同じでも、
個人差は、あるような気がしています。

個人差と言うのは、
大きなマイナスがある人には、
大きなプラスもあるし、
小さなマイナスの人には、
小さなプラスが来る。

だから、マイナスが大きいほど、
プラスも大きくなりやすいと思う。

カルマ抜き。カルマの精算。

スピリチュアルな話では、 
カルマなどないとか、
ネガティブを体験したくて、
その周波数を背負って、
生まれて来たと言う話もあります。

それも、一理はあると思いますが、
私は、どちらかと言うと、
カルマの話の方が正しいのではないか?
と思っています。

しかし、ネガティブな周波数を
背負って生まれて来た。
それも間違いでは、ないと思います。

例えば、100キロの重さを
背負って来た。その重さをカルマと
捉えるなら似てるかもしれません。

カルマの話と違うのは、
ネガティブが分からないから、
ネガティブを体験したくてと言う話。

カルマは、因果応報。
善因善果。悪因悪果。

生まれ変わり死に変わりの中で、
たくさんの業を積んで来ている。

例えば、戦時中や戦国時代の
過去生なら争いや戦いが日常。

今の時代でも、オレオレ詐欺やら、
その他の詐欺やらボッタクリやら、
闇金やら人を苦しめる職業がある。

生まれた時から親が、
ヤクザだった人もいる。

自分も覚えてないだけで、
過去世においては、
それに近い仕事を
やっていた事もあるかもしれない。

人の振り見て我が振り、
直せと言いますが、
我がカルマに気づけ、
でもあると思います。

人には、それぞれのシナリオ、
ストーリがーある。

悪人も、その道を通らないと、
体験出来なかった事や学べなかった事などもある訳で、
今は、その人にとって必要だから、
その道を歩んでいるとも言える。

普通に生きている人には、分からない、
気づきや学びや出会いもあると思う。

何故か昔から、貧困とか毒親とか、
障がい者とか、悪人の世界の人の方が、
理解が深い人がいたりもするものです。

話を戻しますが私自身も生まれて間もなくして、
地獄絵図のような環境。今思えば、
家を見ただけで結構なカルマを
背負って来たと分かる家だった気がします。

毒爺も毒親も私のカルマ抜き。
幼少期から壮絶でした。

許せない気持ちもありましたが、
私のカルマ抜きの為の悪役なら、
私が分かっていなかった。

カルマとは、人に与えた、
苦しみや悲しみの総量だと思う。

過去世において私が精神異常者で、
迷惑をかけていた事もあるかもしれない。

今世でも、
知らず知らずの間に、
カルマを積んでいるかもしれず、
だからこそ、人知れずにやる、
陰徳なども大事。

例えるなら、
目に見えないトラックに、
徳も業も積んでいる。

メチャクチャに運が良い人は、
恐らくは、徳が多い。
前世から持って来た徳分の
こともあるのでしょう。

人を苦しめたり悲しませた精算は、
それなりに大変な苦痛を伴うと思う。

そうでもしないとカルマが抜けない。

今、スピリチュアル業界で、
一部の人がやっている統合ワークで、
外れると言うのは、どうかな?とは、
思っていますが、私は、統合ワークを
やったことがないので、あくまでも、
私の先入観です。でも、すべて自分。

自分が映し出しているかどうかは、
別として、何かあった時に、
あの人が、この人がと、
相手のせいにしない。

そこは、共感します。

また、カルマの精算だったかは、
分かりませんが、不幸のあとの、
幸福と言うのも事実だと思います。
不幸の総量と幸福の総量が同じ。

南風さんの、この動画も参考になりました。
ネガティブ現象は、ジャンプアップ。

何でも噛んでもカルマと言う訳ではなく、
エネルギーや波動の結果としての事もあるでしょう。

闇の存在は、スピリチュアルリーダーを狙う?

闇の存在は、スピリチュアルリーダーを
狙うと言う話がありますが、
スピリチュアルリーダーの人は、多くの、
そのような闇から狙われやすいと言うこともあるようです。

闇の存在は、多くの人に影響を与えている
スピリチュアルリーダーを一番、狙っているそうです。

影響力があるスピリチュアルリーダーほど狙われやすい。

何故なら、偽の高次元の存在などに化けて
スピリチュアルリーダーにメッセージを伝え、
スピリチュアルリーダーの元へ集まっている
多くの人達の意識を操ることができるから。

多くの人に影響を与える人ほど
多くの闇の存在に狙われやすい。

闇の存在は、非常に巧みで、ほとんどが
真実の情報の中に偽の情報を入れて操ろうとする。

5次元などの高次元と呼ばれるモノも、
似非の高次元もある。
偽のマスターや天使からの情報を伝える。
伝えているリーダーも、
リーダーの話を聞いている人も、
それが真実の情報だと思い込む。

最近、スピリチュアル界隈で話題になった話ですが、
保江邦夫さんが、ある時、人を介して
アシュタールからの情報を受けたことがあったそうですが、
それは、ある人物を無視しろと言う通達だったそうです。
(無視とは、情報をスルーすると言う意味でのこと。)

その無視しろと言われた相手の名が、
なんと並木良和さんだった。

浅川嘉富・保江邦夫 令和弍年天 命会談 金龍様最後の御神託と宇宙艦隊司令官アシュターの緊急 /明窓出版/浅川嘉富

posted with カエレバ

これには、私もショックでしたし、
多くの並木さんファンの方もショックだったでしょうし、
並木さんの周りにいる方達もショックだっただろうと思います。

勿論、そんな話は、
信じないと言う方も、たくさんいるでしょう。
私も出来る事なら信じたくないと思っていますが、
そうかもしれないなぁ・・・とも思います。

ただ、保江邦夫さんは、
並木良和さんとの面識はなくても、
先入観的に、あまり好きにはなれなかったと
本の中でも言われていますので、個人的な
好き嫌いの感情も多少なりとも
混ざっているかもしれませんが。。。

三人の会の吉野太さんのアメブロも拝見しましたが、
吉野さんが受けたショックは
計り知れないものがあったと思います。

しかし、吉野さんも心筋梗塞になられた後、
並木さんに対して、あれ?
と感じている部分もあったようです。

何処かで悪魔は99%までは正しい情報を伝える
と言うような話を聞いた事がありますが、
スピリチュアルな世界には、このような危険があります。
宗教団体のトップにいるような人も、
途中から、おかしな方向へ行ってしまうことがあると思います。
(最初から、おかしいのは問題外です。)

でも、途中から、おかしな情報が入る人の方が、
その人を信じている大勢の人がいるのですから、
性質が悪いと言えるのかもしれません。

悪魔もトップの人の隙を狙っているそうです。

そしてトップの人の間違いを
指摘できるような人が周りにいなかったりします。

この人の言う事だから間違いない。絶対大丈夫、安心、
と思っているのは、少々、危険な部分があるような気がします。
少々どころか、かなり危険なことかもしれません。

どれほど凄いと思える人でも、
魔にやられている時は、ズレる。ブレる。

保江邦夫さんが受けた情報が確かなモノであるならば、
並木良和さんの伝えている情報の中で、
あれ?と感じたモノに対しては、
スルーしておいた方がいいかもしれません。

並木良和さんも、あれだけの
多くの方に影響を与えている人ですから、
それだけ多くのダークサイドからの、
あれやこれがあると思います。
しかし、そこから抜け出ることが
出来る人だとも思います。

並木さんだけではなく、
今、多くのスピリチュアルリーダーを
闇の存在が狙っていて、
その影響を受けている人も多いと言われています。

仮にスピリチュアルリーダーが受けている闇の影響が、
1%だとしても多くの方に与える影響は、
1%どころではないはずです。

だから、どれほど凄いと思える人の
情報でも自分自身で見極めることが大事なのでしょうね。

依存してたら、「覚醒・目覚め・明け渡し。」は無いよ| ⭐️ハイヤーセルフの目覚め⭐️くるまだ まさのぶ⭐️ #note https://t.co/bH3xykw0Hz— 思考の治療院 (@3b48For6hcCrT4J) April 18, 2021

「選ばれし者たちよ。」の本当の意味(スピリチュアル)| ⭐️ハイヤーセルフの目覚め⭐️くるまだ まさのぶ⭐️ #note https://t.co/cViQyDFgeS— 思考の治療院 (@3b48For6hcCrT4J) April 18, 2021

神と悪魔も、紙一重だよ(スピリチュアル)|⭐️ハイヤー セルフの目覚め⭐️くるまだ まさのぶ⭐️ #note https://t.co/s7BGI6yg8j— 思考の 治療院 (@3b48For6hcCrT4J) April 19, 2021

並木さんと保江さんが
交わる事は、この先もないかもしれませんが
私達は、お二人のいいと思える所だけを
取り入れる事が出来る立ち位置にいます。

実は、多くのヒーリングは、危険性も秘めている?

今は、あちこちで、
ヒーリングをされている方を見かけます。

私も結構、安易に色んな人から
遠隔ヒーリングを受けた事があるのですが、
遠隔のせいか、その効果を実感した事は、
残念ながら私には、ないです。

宇宙語の伝授もしてもらった事がありますし、
その時にも確かヒーリングをしてもらいました。
(その方は、問題がなかったと信じたいですけどね。)

しかし、ヒーリングと言うのは、
ヒーラー自身のエネルギーが入る事も多いらしい。

ヒーラー自身もネガティブな感情になる事だってある。

ヒーリングを受け取る側も、自分以外のエネルギーを
自分の中に入れる事になって、例えネガティブなモノではなくても、
それほど、いい事ではないらしい。

自分のエネルギーは、自分で満たす。
他の誰かのエネルギーを入れなくてもいい。

高次や宇宙や愛や龍などのエネルギーと称して、
エゴだらけのエネルギーを送る人もいます。
そして受ける人もエゴ丸出しの状態だったりもします。

高次元と言いながら低次元のネガティブエネルギーを
発信したり受信したりしている事がよくあるようです。

ヒーリングの危険は、それを気づかずに
お互いがやっている事でもあります。
やっている人達は、本当に高次のエネルギーを
扱っているつもりでいたりします。

しかし、私は、ヒーリングが、
絶対にダメだと言うつもりはないです。

自分自身が、この人なら
信頼出来ると思った人のヒーリングなら
自己責任で受けられるのもいいと思います。

レイキをやっている人は、多いみたいですが、
レイキの質と言うモノも一人一人違うようです。
シータヒーリングなどもそうです。

それぞれのレベルなどもあるようですが、
レベルどうの関係なく悪いモノを流している人もいる。

そもそも、お金を払って受講したら、
多少の時間は必要かもしれませんが、
誰でもヒーラーになれる制度のようです。

極端な話、滅茶苦茶にネガティブ思考で、
四六時中、人様の悪口を言っているような人が、
詐欺師みたいな形で、ネット上で遠隔ヒーラーをやっていたら、
詐欺の被害に遭うように気づかぬ間に、あっと言う間に、
悪のエネルギーを垂れ流し、やっている人も
受けている人も気づかぬ間に、
悪のエネルギーがヒーリングと言う名目で循環する。
これこそが、ヒーリングの危険な罠だと思います。

これは、極端な話として分かりやすくしましたが、
ヒーラーの多くは、悪いエネルギーを
流していると言う自覚などないです。
むしろ、良いエネルギーを
送っているつもりでいます。
受け手にしても同じです。

そもそも職業として、
人様を相手に本当のヒーリングが出来る人は、
それほど多くは、存在していないらしい。
だから、多くのヒーラーは、何かを間違えている。
あるいは、まだ、その段階ではない。

チャネリングなども本物の高次の存在と
繋がっている人と高次の振りをした、
わけのわからないモノと繋がっている人もいる。

だから、ある程度は、本当に
信用できる人か情報かを自分で見抜く力も必要です。
(現状、見抜く力がなくても自分の
直観力と言いますか勘などを信じてください。)

仮に騙されたり偽者と思える人と繋がったとしても、
その時は、それが自分に必要だったと言う事でしょう。

本当にヒーラーになりたい人は、
ヒーラーにはならずに、癒しの力を
発揮した方が良いとも言います。

釈迦のような存在の人は、
その人に近づくだけで周りの人達は、癒されたと言います。
本物のヒーラーとは、このような感じの人だと思います。

ハイヤーセルフとの統合シリーズ ✨I am the ONE(You are the ONE!)✨ Vol.2 なぜ外側から受ける”スピリチュアル… https://t.co/etWbsfLJnG @YouTubeより— 思考の治療院 (@3b48For6hcCrT4J) March 2, 2021

そして、ヒーリングとは、
本来、誰かにして貰わなくても、
自分自身で出来ることのようです。

今のスピリチュアル業界は、泥沼亀之助。

私が、こんな事を
言える立場ではないですが、
今のスピリチュアル業界は、
黒いモノや魑魅魍魎がいっぱい。

何が本物で何が偽物か分かりずらくなっている。
グチャグチャの泥々の泥沼亀之助状態。

ちなみに、泥沼亀之助とは、
ナニワの金融道に出てくる
不幸を絵に描いたような登場人物です。

ナニワ金融道 ( 全19巻セット)/青木雄二

posted with カエレバ

ネットオフ まとめてお得 店

今は、スピリチュアル迷子と言いますか、
スピリチュアルな世界で、泥沼亀之助に
なっている人が、たくさんいると思います。

私も、その中の一人かもしれません。。。

だからこそ、スピリチュアルな世界は、
凄いとか、素晴らしいと思った人に対しても、
何処かで疑いの気持ちを持っておく事も必要だと思います。

安易にセッションやヒーリングも受けない方が良い。
あくまで、安易にです。セッションやヒーリングを
受けて、本当に良かったと思えることもあるでしょう。

だけど、魑魅魍魎が巣食う世界なので、
ある程度の疑いの気持ちは、必要です。

オレオレ詐欺などの事件と同じで、
無防備だと、騙されてしまいます。

スピリチュアルな世界では、
騙すつもりなど全然なくても、
ダークサイドの存在やエネルギーと
繋がっている人も多い。

そのような人達がセッションやヒーリング。
あるいは、宇宙語の伝授や
チャネリング講座などをされている。

だから、何でもかんでも信じない。
ある程度の疑いの気持ちも必要。

その疑いの気持ちが、何かあった時や、
ここではなかったと気づいた時に、
そこから抜け出す役に立つと思う。

アメブロなどで、
スピリチュアルな商売をしている方は、
すべてではないですが、結構な人が、
変なモノと繋がっている事も多いみたいです。

有名な人だからと言って安全な保障は、ないです。
むしろ、有名な人ほど、おかしなモノに狙われるので、
途中から、おかしくなるような人もいる。

本物の方が圧倒的に少ないのが、
スピリチュアルな世界です。

だけど、偽物だろうが、
役に立つこともある。

また、嘘だか本当だか知りませんが、
霊能者や占い師の多くが死後、
地獄に墜ちるとも言われています。

地獄に墜ちるわよ。

占い師や霊能者関係なく、世の中の、
ほとんどの人は、地獄から来て地獄へと戻って行く。

だから、別に地獄に墜ちると言うのは、それほどには、
恐ろしいことでも、ないのかもしれません。

だけど、地獄で苦しむ事には、変わらない。

血の池地獄と言う名の温泉に浸かって、
この世で付けた垢や汚れを
落とすのかもしれないですね。

スピリチュアルな話では、
死後、光の世界へ還るだけだ
と言うことも、よく言われていますが、
死後、清算するか。来世、
また人間として生まれて清算するのか。

私達は、自分自身で、
そのような究極の選択をしているのかもしれません。

死後、光りの世界へと還るだけなら
次に生まれ変わる時に持ち越しの ことも、
色々、あるのかなぁと思います。

今世で身に覚えのない大変な事が多いのは、
もしかして、もしかして、清算 の為には、
幸せなことなのかもしれない。。。— 思考の治療院 (@3b48For6hcCrT4J) February 17, 2021

あの人が本物で、
あの人が偽物で。。

私も、このように捉えてしまうことは、
多いのですが、一人一人が自分の中に答えを持っている。
自分の奥深く。ずっと深く。そこで感じたことが、
正しければ、それは、正しいのかもしれない。

あの人が、この人がと言うのは、
結局、外向きの意識。

スピリチュアル詐欺?人生転落? 悲劇にも喜劇にもなり得るスピリチュアル。

スピリチュアルに興味を持つ人が、
増えているのは、良いことだと思いますが、

商売商売で入り込んで来る人もいる。

それが悪いとは、言いませんが、

スピリチュアルで大金を注ぎ込んで、
スピリチュアルの為に借金までする人もいる。

スピリチュアルな学校や
スピリチュアル商売のMLMなど。

詐欺ではなかったとしても、
数十万や数百万かかるモノも、
あちこちに存在しているようです。

自分の経済力に見合わないモノは、
なるべくなら手を出さない方が無難です。

路頭に迷う人もいる。
それを利用する人もいる。

高額なモノも多いですから、
気を付けないといけない部分もあります。

あからさまな悪徳商法なら
訴える事が出来ますが、

スピリチュアル商売って、
見えないモノを扱っているので、
中々、難しい所でもありますよね。

本人は、善意のつもりでやっていて、
結果として詐欺に近いような事もあるようです。

もっとも、善良なスピリチュアルの
基準も難しい所では、あるかもしれません。

占いにしてもヒーリングにしても、
占いが当たらなかった。
ヒーリング効果がなかった。

それだけでは、詐欺にもならなければ、
悪徳商法とも、認められないでしょう。

こう言う所を悪用する輩もいるようです。

反社会的勢力がスピリチュアルに入り始めている。要注意である。共通の 知 人がおり名指しで批判できないのが苦しい。反社会的勢力は怪談の世界にも入っており、多くの人が騙されている。しかし、常識のある 人 ならば見た目でそういう連中は判断できます。ヤバそうな連中には近づかないこと— 山口敏太郎 (@bintarou) April 18, 2020

『北村先生。ユーチューブされてたのですね。』
https://t.co/xcftR8NhdF #アメブロ @ameba_officialより— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) May 16, 2022

昔と比べてヒーラーや占い師、
霊能者と言った人達が増えています。

スピリチュアル商売をやる人が、
増えた故の問題もあるでしょう。

そもそも、偽物、本物と言い方をするなら、
スピリチュアルなど、ほとんどすべてが、
偽物だと言う話だってあります。

だから、ある人にってとっては、
とても良いモノであっても、

ある人にとっては、騙された、
となる事だってあると思います。

だけども、見えないからと言って、
存在しないモノでも、ない。

そう言うことに気付く人が増えて来たから、
スピリチュアルに興味を持つ人が増えたのでしょう。

「波動」「想念」「気」

これらのモノは、目には見えませんが、
これらのモノがあると思っている人は多い。

スピリチュアルに興味がない人でも、
これらの存在を認めている人もいる。

まぁ、一部の科学者が証明したとか、
そう言う要素もあるでしょうけどね。

「心」や「魂」だって目には、
見えませんが、皆、当たり前のように、
あると思っていますよね?

見えないから信じないと言う時代は、
もう時代遅れになりつつあります。

しかし、見えないからこそ、
気をつけないといけないこともある。

何でもかんでも信じては、いけない。
疑う事も大事。検証する事も大事。

例えば、あなたの前世は、
○○で、こうこうこう言う理由で、
今そうなっています。

あなたの守護霊は何とかかんとかで、
こう伝えています。

家系の因縁でこうなっています。

龍が味方をしているから、
こうするといいですよ。

それを伝えている人が嘘を
言っていようが本当の事を言っていようが、
それをそのまんま信じる危険と言うのも存在する。

勿論、役立つ部分もあるのですが、
誰かの言いなりになっては、いけない。

自分の本心では、どう思っているのか?

目に見える世界でも何でもかんでも、
信じていたら騙される事もある。

目に見えない世界なら、
尚更、気をつけないといけない事もある。

有名な人に言われたからと言って、
そのまんま鵜呑みにするのは、
ちょっと待ったが必要な時もあるでしょう。

でも、こう言うと語弊があるかもしれませんが、
詐欺か詐欺でないか分からないようなモノなら、
まだいい方で、本当に悪質なスピリチュアルも、
今、世の中に、たくさんあるようです。

スピリチュアル詐欺の5つの手口と胡散臭い商法に騙された被害事例 https://t.co/op1bhlHIWY— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) May 16, 2022

スピリチュアル詐欺と手口、胡散臭いのはこんな人! ? 天空の庭先 ス ピ リチュアルブログ https://t.co/KPUPqNoXso— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) May 16, 2022

詐欺ではなくても、
スピリチュアル能力が高い人に、
依存してしまう事も、
私は、危険だと思っています。

今、スピリチュアル界隈に多いのは、
騙すつもりがなくて、騙している。
この類が一番、多いような気がします。

騙している方も、騙されている方も気付かない。

どちらも、気付いていないのだから、
問題ないのかな?とも思いますが、
時には、疑う事も必要かもしれませんね。

スピリチュアルな世界は、
この辺の見極めが難しい所でもあります。

天使や菩薩の顔をした悪魔もいる。

並木良和さんは、 インチキか否か?

私は、今は、あまり並木さんに、
興味がないのですが、
やっぱり、良くも悪くも、
今のスピリチュアル業界では、
メチャクチャ影響力のある人です。

並木さん好きな人も、
並木さん嫌いな人も、
どちらでもない人も、

ユーチューブやブログで、
並木さんネタを扱うと、
アクセスが集まる、
と言うこともあります。

私の、このブログでも、
熱を入れて書いた幾つモノ記事よりも、
並木さんの記事の方が断然、
アクセスが集まっています。

私が並木さんに、
あまり興味がなくなった理由の一つは、
shandraniさんのブログを
知った影響が大きいと思います。

だけど、shandraniさんの情報が、
絶対に正しいと言う保障もないので、
それぞれの方の判断になります。

並木さんの話に戻りますが、
統合ワークを続けているのに、

まったく現実が変わらない。
そのような声も結構、聞きます。

セミナーなども結構、高額ですよね?

別に、高いが悪くて、
安いが良い訳ではないですが、

ミュージシャンのライブなら、
あのやり方で納得ですが、

スピリチュアルとなると、
どうなのだろう???
と言う所は、ありますよね。

詐欺にはならないでしょうけど、
詐欺だと感じた人も、
結構いるのかもしれませんね。

しかし、並木さんサイドに、
騙す意図もなければ、
強制的に勧誘するような事も
ないと思います。

これを詐欺と言うには、難しい。

並木さん自身が今は、本当に、
芸能人のような立ち位置にいられるので、
それに近い構図が出来上がっていますよね。

ジャニーズの追っかけのように追いかける人や、
大金を使い果たしてしまった人もいるのでしょう。
稼ぐ額が凄いので妬む人もいるでしょう。

それも、ご自身で判断されたことだから、
自業自得と言えば、そうですし、
原因のない所に結果は、ない。
すべては、自己責任。だけども、

やっぱり、カリスマ性が、
ある人なのですよね。

だから、並木さんが大好きな人は、
嵌まりすぎる危険がありますので、
もう少し遠くからユーチューブを見るだけ。
本を読むだけに留めておいた方が良い人も、
結構、いるような気がします。

【アセンションゲートビジネス】荒稼ぎの額がえげつない件 https://t.co/yxnFvLfSKq— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) May 16, 2022

並木さんも今は、ラジオなどで、
芸能人との絡みも多いようなので、
並木さん自身、芸能人に憧れていた所も、
あったのでは、ないでしょうか?

並木さんに限らずですが、
スピリチュアル情報は、
一人の人や、一つの情報を
信じ切ってしまう故の
危険もあるような気がします。

日月神示について思う事。

岡本天明さんと言う画家の方が、
自動書記によって書かれたと言われている、
日月神示ですが、なにもかも3分の1になると言う
恐ろしい発言もされていたりします。

色んな人が訳しているようですが、
正確に訳しているかどうかと言えば、
それも、分かりません。

日月神示は、高級神霊よる神示と言われていますが、
高級神霊の方が、そんな人を脅すような事を言うかな?
と言う疑問は、残ります。

でも、それは、悪が一掃されると言う事だと思う。
現実的に、闇の存在と呼ばれている人達が、排除され、
心の中が悪でいっぱいの人達が、大掃除される。
だから、自分の心や魂を、
綺麗にしておきなさないよと言う警告でもあると思います。

そして、今は、陰謀論など、世の中の裏側的な事が、
明るみに出だしてきていますし、本当に、
時代の建て替えが行われていると思う。

三千世界の大掃除とは、 心と魂の大掃除。

私の思考の中も大掃除。

綺麗に洗われた者は、救われると思う。
それが生きている間に救われるか、
死後に、救われるかは、分かりませんが、
しっかり、洗われた者は、必ず救われると思います。

また、三千世界とは、人間界だけでなく、 幽界などにいる魑魅魍魎も、一掃されるのだと思う。

家の中でも、掃除をすれば、ゴミが出る。
三千世界の大掃除にもゴミが出る。
そのゴミが、私達には、
悪い出来事のように思えたりもする。
だけど、大掃除をしていれば、
ゴミが出るのは、当たり前。

だから、悪い事さえも、
実は、良い事であったりすると思う。

闇がどんどん、排除され、 地球が、どんどん浄化されている。

だけど、心や魂や思考が、
穢れていれば、穢れているほど、
苦しめられる出来事が、
いっぱい出てくるかもしれない。

だから、本当に自分自身で、
掃除をしなければならない時期だと思う。

そして、本当に、世の中が、綺麗にならなければ、
降りて来られない神もいるのだと思う。

私達は、犯罪を犯していなくても、
やっぱり、罪は、抱えていると思う。

知らず知らずのうちに、色んな罪を 背負ってきていると思う。 誰にも迷惑をかけずにと言う事は、 生きている限り、あり得ない事だとも思う。

誰かの悪口を言ったり、思ったり、
人様に、お世話になっておきながら、
恩を感じていなかったり、忘れていたり。

それらのモノが神には、見えるのでしょう。

だから、その事に気づき、自己反省をする事も、
掃除の一つであると思います。
誰かに何とかしてもらうと言う、
他力本願だけの考え方では、
掃除は、出来ないと思う。自分自身で洗う。

人に対する感謝が足りない人ほど、
人の悪口が止まらず、
言動や行動がおかしかったりする。

例えば、引きこもりでも、ニートでも、
それなりに、その環境に感謝していればいい。

だけど、働きもせず、文句ばかり垂れている。
家族に暴力を振るう。暴言が止まらない。

誰のお蔭で、雨風凌げて、ご飯を食べられているか、
その事に、まったく感謝をしていない人達がいる。
それらの人は、本当に、一掃されるでしょう。
引きこもりやニートの人に限らず、
感謝の心を、まったく持っていない人は、
本当に、洗い流されると思います。

日月神示は、魂を含めた地上の、大掃除。
穢れたままでは、洗い流されてしまう。

洗い流されてしまう、その前に、自分自身で洗っておく。
そうしたら、大掃除された後の素晴らしい世界を、
眺める事が、出来ると思います。

私も、その景色を眺める前に、
洗い流されないように気を付けたいと思います。

三千世界の大掃除は、悪い事ではない。 世の中を綺麗に洗濯する為に必要な事だと思う。

何が洗われるかと言えば、自分の心でしょうね。
心についている泥が洗い流される。
その泥を見て、幻滅する事もあるかもしれませんが、
それは、今日までに、自分自身がつけてきた泥である。

自分の中にある未浄化の闇の掃除も、
三千世界の大掃除に含まれていると思います。

日月神示の話と、地球の二極化の話を考慮して、
これからは、まだまだ、天地異変が起きる。
そして、天国と地獄の二極化が露骨になる。

【世にも恐ろしい三千世界の大掃除】

日月神示で言う所の三千世界の大掃除。
私は、神が、そんな恐ろしい事を言うか?と
疑問に感じていた事でもありますが、
それは、因果応報的な事でもあると思います。

例えば、愚痴、泣き言、悪口、文句、陰口、
これらを言い続けて来た人は、その見返りが、
波のようにドッと押し寄せて来る事でしょう。
その大波に飲み込まれてしまう事もあるかもしれません。

過去の諸々の悪行も今、跳ね返る時期かもしれません。

今まで騙し騙しでバレる事なく悪さをし続けた人は、
いよいよ、それがバレるようになったと思います。
その証拠の一部がニュースなどでも流れています。

頭隠して尻隠さずという、ことわざがありますが、
今までの時代は、心隠して、頭隠さずの時代であったと思う。
今からの時代は、心の中身も隠せず、
頭の中身も隠せない時代に突入したと思います。
だから、上辺だけの事は、もう通用しない時代です。

心が醜い者は、その醜い現実を目の当たりにする事でしょう。

過去の諸々の事は、今、ようやく受け取る時代です。
それは、今世だけではなく、前世レベルの事もあるかもしれない。
今までの総決算を受け取るのが三千世界の大掃除。

今世だけでも、言った事、やった事、思った事、
それらの事が総決算されれば、それなりの事が起きると思います。
個人レベルの事でもそうですし、
地球レベルであれば、尚更、そうでしょう。

また、従来の地球では、現実化するまでに、タイムラグがありました。
今は、そのタイムラグが、どんどん短くなっているそうです。

この世のすべては、数字で出来ていると言う話を聞いたことがありますが、
見える世界、見えない世界、そのすべてを難しい計算式にすれば、
素粒子やら素因数やらで、色々な計算式が成り立つのだと思います。

私は、難しい計算式など分からないし、計算式が分かったところで、
計算も出来ないので、簡単な計算式にしてみました。
これでも、計算は、出来ないですが、おおよそ、こんな感じで、
私達の現実は、成り立っているものだと思います。

思った事×感じた事+過去の記憶+行動した事÷今の波動状態=現実

ざっくりと言えば、こんな感じになっているのではないか?と思います。
過去の記憶には感情も、含まれていますし、
顕在意識だけでなく、潜在意識レベルの事も含みます。
だから、自分自身で、とても納得がいかないような事が現実には、
時に、現れたりする事もあります。

心や魂に付着した泥のような穢れもあるかもしれません。
カルマがあるとか、ないとか言う話もありますが、
泥のような汚れの事をカルマと言う認識で捉えているのかもしれません。

白だけの世界では、黒が分からない。
黒だけの世界でも、白が分からない。

魂が体験したくて、決めて来た、自我レベルでは、
とても納得がいかない事、許せない事、憎みたい事なども、
体験していくのが人生であるかもしれません。

だけど、そのような事は、大概は、一時的な事だと思います。
だけど、自分自身が、いつまでも引きずったりしていて、
中々、手放せていなかったりする事も多いような気がします。

それを許した方がいいとか、怒りを吐き出して、
浄化した方がいいと言う話もありますが、
許すも許さぬも、怒るも怒らぬも、
その事に捉われている証拠であります。

一番いいのは、その捉われ心を無くす事だと思います。
これを無の境地やら「空」の状態だと呼んでいると思います。

ドアや窓を開けたり閉めたりしますが、
私達の心も自分自身で知ってか知らずかの間に、
開けたり閉めたりしていると思います。
自我の内側には、真我があると言います。
顕在意識より潜在意識の方が大きいと言います。

だから、私達は、普段、自我やら顕在意識やらで、
狭い範囲でしか物事を捉えられていないのかもしれない。

古代の人は、現代人より、松果体が大きかったと言います。
だから、宇宙の叡智と当たり前のように繋がっていたと言う説があります。

それが事実かどうかは、知りませんが、古代文明や古代の遺跡で、
これは、すごいなぁと思えるモノが世界のあちこちに残っています。
だから、やっぱり、宇宙の叡智と繋がっていたような気がします。
現代人は、その宇宙と繋がる叡智が衰えているらしい。
それも、否めない事実であると思います。

だけど、私達は、本当に必要な事は、深い部分で、
元々、備わっているし知っている。

バシャールの話だったと思いますが、
地球の分離や二極化などの話がありました。
ネガティブ行の地球とポジティブ行の地球。
それが、今、どんどん加速して分離している状態であるそうです。

三千世界の大掃除によって、パカっと地球が二つに割れるのかもしれない。
割れると言いましても、丸い地球のまま二つに割れる(別れる状態)
だから、リアルに人との別れも経験する事が多いと思います。

それぞれが、別々の地球に行く。
ネガティブ要素が濃い人は、
どんどん、ネガティブ地球に落とされる。
天国と地獄のような関係かもしれません。
日月神示でも、魂の振るい分けと言う事を言われていたと思います。

これが、大掃除。地球の洗濯であります。
だけど、洗濯とは、選択でもあると思います。
ポジティブな地球に行きたければ、ネガティブを捨てて、
ポジティブになれば、行けると言う理屈の上では、簡単な事です。

だけど、過去の諸々のネガティブな要素を捨てる為に、
一時的に、非常に辛い経験をされる方も多いかもしれません。
そこで、ネガティブな感情ばかりに引っ張られないように気を付けてください。

今は、正念場かもしれませんが、三千世界の大掃除が終わったら、
ポジティブな地球に行っていれば、ネガティブな地球とは、もう決別。
今までのように、ごちゃ混ぜの地球ではないので、
今までに見た事もないような素晴らしい人達に囲まれたり、
素晴らしい現実を体験する事になると思います。
そして、そこには、ごちゃ混ぜ地球のように、
ネガティブ要素の濃い存在の人達は、もう、いません。
三千世界の大掃除は、恐ろしくもありますが、
素晴らしい世界の前兆でもあると思います。

日月神示は、魂レベルの因果応報であると思います。
だから、魂に纏わり付いている、
今世、過去世のすべての埃の消滅。
それによって、魂は、本来の輝きを取り戻すと思います。


ゴキブリを退治するのに、
バルサンというモノを炊いたりしますが、
人間世界、霊界世界、共に、
バルサンのようなモノを炊くのが、
三千世界の大掃除なのかもしれません。

一時は、苦しいかもしれませんが、
心の汚れ、魂の汚れ、
それらが取れて楽になる。

大掃除が終わった後は、完全に浄化され、
調和された地球になっている事だと思います。

【閲覧注意】少し恐ろしい話。日月神示の預言は、やっぱり当たっている?

私は、もう、日月神示にあったような、
恐ろしい事は、起こらないだろうと思っていましたが、
先日、お会いした不思議な能力の持ち主の方は、
これから人類は、半分になると言う事を言われていました。
(この話を信じるも信じないも自由です。)

日月神示では、三分の一と伝えられていたと思いますから、
それよりは多いですが、そのような局面を迎えているようです。

その理由は、地球が五次元になるのに、
アセンションして行くのに、それに見合わない人達は、
この地球には、もういられない。強制リセットがかかり、
三次元の他の惑星に転生する。そこで人間なのか、
人間に似たような生命体になるのか獣になるかは分からないが、
いずれにしても、五次元に上がる人と振るい落とされる人に分かれる。
その落とされる人が、人口の半分もいるらしい。

日本にいるからと言って安泰では、ない。
日本に生まれた人は、霊性や精神性が高い人が人が多いのですが、
それを活かす事もなく生きていれば当然の事ながら落とされる。

今、地球の次元上昇が加速するのと同時に、
エナジーバンパイアや憑依されている人も増加しているらしい。

今、幽界が消滅したとか、
消滅しつつあると言う話を
聞いた事がある人も多いと思いますが、
幽界が消滅したからと言って幽霊も消滅するわけではない。

これまで、幽界にいた霊は、
霊界に行くのが本来の在り方のようですが、
霊界に上がれず、幽界にいた行き場をなくした
霊達が人間に憑依する事は、今まで以上に起こり得る。

憑依される者は、元々そうでしたが、
自分の心の隙故に入り込まれる。その隙を狙っている存在が、
今までよりもドっと増えたと言う事のようです。

私の個人的な例えだと刑務所にいる囚人を、
一斉に娑婆に出したような事かもしれません。

今、ニュースなどでも
世にも恐ろしい事件が多いと思いませんか?

幽界の大掃除は、終わった。しかし、
幽霊の大掃除が終わっていないので、
人間に憑依すると言う方法を取る霊も多い。
しかし、憑依される人間も自分に責任がある。

心が隙だらけだと、あっと言う間に、
魔に入り込まれる時代のようです。

今は、上がるか下がるかの正念場。

心に隙がある状態とは、
怠け心。怒り癖。執着。依存。甘え。
これが強力だったり強烈だったり、
すればするほど悪霊の餌食となり憑依される。

妬み、僻み、恨み、嫉妬、イライラ、復讐心、
これらの感情を感じる事が、やたら多ければ、
すでに憑依されているかもしれないし、
すぐに憑依されてしまう状態である。

では、憑依された者に危害を加えられたなどの
被害者は、本当に被害者なのか?と言う事ですが、
難しい問題ですし、受け入れ難い事でもあると思いますが、
深い部分では、これすらも、
本人に責任があると言う事になるようです。

今、流行のスピリチュアルごっこのように、
楽して楽しく不思議だけを
求めているようでは、ダメなようです。

火と水で神。火水の力によって、
魂や心の状態で振るい分けられる。
波動で観たら、すべての人間の事は、お見通し。

助けてくれ。助けて欲しい。これも依存心。
時には、人を頼る事はいいのですが、
いつも、この状態では、低級霊の餌食となる。

霊能者も、あまりお役に立たない。
現状の霊能者が太刀打ち出来ない程の憑依。
そのような事が起きているそうです。

少し耳の痛い話ではありますが、
厳しい道ほど、厳しい人ほど、厳しい言葉ほど、
有り難い。嫌な人ほど気づきを与えてくれているから有り難い。

そっちの水は、甘いぞと行ってたら、あっと言う間に堕ちてしまう。

怠けるな。怠るな。敢えて厳しい道を歩け。

自分を甘やかすな。自分に厳しく人に優しくあれ。

私も最初に、この話を聞いた時は、
恐ろしいとも思いましたが、
崩壊したような三次元の地球に
肉体を持ったまま生き続ける事の方が、
よっぽど恐ろしい事かもしれず、
それぞの魂が納得の上で、
ふわさしい時期に旅立つのかもしれません。

人気漫画・鬼滅の刃を読んでみた。

名前だけは、知っていましたが
この漫画の内容を何も知らない私は、

何故、今、この漫画が
これほどまでに人気なのか?
気になったので読んでみました。

鬼滅の刃 1-21巻セット (ジャンプコミックス) [ 吾峠 呼世晴 ]

posted with カエレバ

まだ、途中までしか読んでないですが
キャラクターの描き方を見た時に、
BLEACHと言う黒崎一護が主人公の
漫画に似ていると思いました。

BLEACHの作者は、
久保帯人(くぼたいと)さん。

鬼滅の刃の作者は、
吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さん。

吾峠呼世晴さんは、色々と
謎に包まれた部分があるようで
もしかしたら、久保帯人さんと同一人物かもしれないと
私は、思ったりもしましたが吾峠呼世晴さんは、
女性である事が判明しているようです。
生年月日なども違います。

この漫画の出だしは、
日本昔話のような感じの印象を受けました。

人喰い鬼。少し恐ろしい内容になります。

だけど、人気漫画って結構、
恐ろしい要素があったりもします。

鬼滅の刃では、人間が
人喰い鬼に食べられてしまう。

さらには、鬼の血を受けると
人間が鬼にさせられてしまう。

捉え方は、人それぞれだと思いますが
その鬼を見た時に、私は、
悪霊などの憑依に似ていると思いました。

鬼になると理性が利かなくなる。

憑依されている人もそうですよね。

暴れまわる人を見て、時に戦ったり
抑えつけたりしなければ、ならない。

憑依されて事件になる事もある。
憑依されて凶暴化する事がある。

身も心も何者かに
乗っ取られたようになっている。

しかし、その暴れまわる人も
元は、普通の人間。

どうしたら元に戻せるのか?
その事で人は、悩み苦しんだりする。

だけど、憑依されている人間は、
この漫画の鬼のような存在になっている。

主人公の竈門炭治郎(かまど たんじろう)が
剣術を教わる時には、呼吸法なども教わっていた。
そして、その呼吸を体得する事が非常に重要。

中々、捉え所が深い漫画だなぁと思いました。

鬼は、人を食べれば食べるほど強くなるそうです。

そう言えば、人間社会でも子供の松果体を・・。
これ以上、ここで言うのは、辞めておきましょう。

しかし、この漫画の中でも、
鬼が人間の体を持ちながら人間として
暮らしているシーンもありました。

人間として暮らしても鬼ですから
その刃は、隠しきれません。

人間にも善良な人の振りをして
数々の悪行を積み重ねている人がいます。
人間の面を被った鬼かもしれませんね。
レプティリアンと呼ばれたりもしています。

たくさんの人を食べた鬼ほど手強い相手になる。

侍の時代は、それぞれに剣への
思い入れもあったのでしょう。

そして、好きでも嫌いでも
戦う事が当たり前の時代だったと思います。
戦いの世界では、身も心も強くなければならない。
戦いの中で学んで行く事も多い。

生と死。色んな人の生き様があり死に様がある。

でも、この漫画の
戦い方とか技の出し方を見ても、
やっぱり、BLEACHに似ているのですよね。
作者の方が同一人物ではないのなら、
あの漫画のファンだったのでしょうか?

それはさておき、読んでいると段々、
その世界の中に引き込まれていきます。

鬼殺隊と言うメンバーで
鬼と戦って行くストーリー。

鬼退治の桃太郎をメチャクチャに
内容を濃くした感じかもしれませんね。

炭治郎を桃太郎としたら
他のメンバーは、
犬猿雉などの仲間。

漫画家の方は、インスピレーションがいいですから
桃太郎の話が本来伝えたかった部分を
受信して発信されているのかもしれません。

しかし、今は、刀を持って戦うような時代でもない。
妖術で戦う時代でもない。何故、今の時代に
この漫画が流行っているのか?

それは、心と心の戦いがある事は、
昔も今も変わらないからだと思います。

戦いの中で色んな事を思い、感じる。

色んな人が後世に残しておこうとされたけど、
色んな人が忘れ去ってしまった武士道と言うもの。
侍としての精神。魂。心。
それを漫画を通じて伝えようとされている。

だから、多くの人の心に魂に響き、
今、これほどの人気漫画と
なっているような気がしました。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

本日、観て来ました。
ネタバレになるといけないので
簡潔な感想だけにしておきますが、
漫画で読み終わった所の続きからのスタートでした。

夢幻列車の夢幻とは、
そう言う意味だったのかと分かります。

近年、スピリチュアル業界で言われている
眠りと目醒めの話ともリンクします。

今回の映画の主人公は、
煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)さん
だったと思います。圧倒的な強さと
見事な生き様を見せてくれました。

炭治郎を含む仲間達は、
あの大きな背中をこれからも
追い続けて行く事になると思います。

煉獄さんは、カッコ良かったです。

この漫画は、意識と感情に揺さぶりを
かける要素があると思うのですが
映画だとそれがまた拡大されますね。

列車。目覚めと眠り。

意図的なのか、そうでないかは、
分かりませんが、今のスピリチュアル業界で、
流行っていることを取り入れられていますね。

夢の中でサイキックアタックの解除をしてもらいました。

先日、夢の中で、
山の頂上で暮らしている夫婦の元へ行き、
そのご夫人が凄い霊能力者のようで会いに行きました。

何気ない話をずっとしていたのですが、話の途中で
「あなた。すごいサイキックアタックを受けているわね」
と言われ、ご夫人の優しい声の後、物凄い金縛りにあいました。

途中でご主人の方も不思議な力を使いはじめ、
ご夫妻の見事なファインプレーの霊能力を見ました。

そのファインプレーがはじまるまでは、
旦那様は、霊能力とは、まったくの無縁の人だと思っていたので、
その事にも驚きました。全身が熱くなって黒いモヤのようなモノが
私の体からドンドン離れて行くのを感じました。

私に憑いている色々なモノを解除して頂いたそうです。

夢の中だけど夢のような出来事でした。

もしかしたら本当に夢の中で解除して頂いたのかもしれません。

私の家系には、私も含むのかもしれませんが、
低級霊の憑依としか思えない人が何人もいました。
生霊か疫病神か。何かに取り憑かれているとしか思えない者もいました。

その当時は、私を含め、みんなの無知もありましたし、
金銭面などの関係もあって精神病院に連れて行く事もなく、
霊能者を頼る事もしませんでした。
それだけに、家庭内のゴタゴタは収まらず、
エスカレートするばかりでした。

お化け屋敷やホラー映画もビックリのような事が
当たり前のように起きていた家庭内でした。

結果的に、それらの事が収まるまでには、
10年以上の月日が必要になりました。
私の子供時代まで溯れば、もっとですね。

そんな家庭内の問題があったのに、
私は、サイキックアタックは、生霊などの類と言う事ぐらいしか
知らなかったので、今回、サイキックアタックについて調べてみました。

強い思い。嫉妬。僻み。恨み。執念。怨念。憎悪。呪い。

恨まれるような事を何もしていない人でも、
サイキックアタックの影響を受けている事は、ある。

気にし過ぎもよくないと思いますが、
気づいているにしろ、いないにしろ、
サイキックアタックの影響を受けている事は、あるようです。

自己愛性人格障害の人やサイコパスなどの人は、逆恨みをしやすい。
そのような人の念の影響を受けている事もあります。

エンパス体質な人は、サイキックな影響を受けやすいと言われています。

サイキックアタックを一言で言うなら
他人のネガティブな感情、
マイナスエネルギーの影響
と言う事になると思います。

しかし、人を呪えば穴二つと言うように、
サイキックアタックのようなネガティブな想念を
意図的に送っている人は、自分自身が
最終的に物凄く苦しむ事になるようです。

上の動画の方は、自分が信じない事は、起こらないと言います。
だから、やっぱり気にし過ぎは、よくないのですね。

自分の世界に呪いやサイキックアタックがないと思っていれば、
私の世界には、呪いやサイキックアタックは、存在しないものになる。

呪いをかける。この、「かける」は、掛け算のかける。
だから自分自身が信じなければ、0(ゼロ)をかける事になる。
呪い力1000万パワーであっても掛ける0(ゼロ)の結果は、0(ゼロ)

私自身が完璧に信じていなければ、
サイキックアタックをかけられても、
鏡に反射して跳ね返すだけになるのかもしれません。

対策としては、信じない。気にしない。
これが、一番の対策になるのでしょう。

だけども、顕在意識では、
信じていないつもりでいても、
潜在意識では、信じている事もあるので、
エネルギーシールドを張る方法と
エーテルコードカットもお薦めです。

エネルギーシールドも、
エーテルコードカットも、
イメージの世界ですが、

エネルギーシールドは、
自分でゴールドやシルバーの
シャボン玉のようなバリアを張るイメージをする。
(思いついた時に、いつでもやるといいらしい。)

エーテルコードカットは、ミカエルと言う
天使にお願いして、ネガティブなエネルギーを
発している人からのエネルギーのコードを
ハサミで天使がチョキチョキ切ってくれるイメージをする。

既にサイキックアタックの影響を
受けているとしか思えず、
どうにもならない状態である場合は、
頼るべき所を頼る事も必要かもしれません。

人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である…。

人生は、すべて決まっている。

そんなことは、ない。

どっちやねんと思ったりすることもあると思います。

すべて決まっていて、すべて自由である。

この二つは、矛盾しているようでいて連動している。

人間は、時間や空間がある概念の中で生きているので、
このことが、中々、分からなかったりもするようです。

記事のタイトルである、
「人間の運命は完璧に決まっていて、同時に完璧に自由である」

と言う言葉は、甲野善紀さんの言葉と言う話もあれば、

何かの漫画の台詞にあったと言う話もあります。

どちらが先かは、私には、分かりません。
どちらでもいいと私は思っていますが、
気になる方は、調べてみてください。

つまり「人間の運命は完璧に決まっている」のと「完璧に自由」という事が一枚の紙の裏表のような関係になっており、「自分の人生のシナリオはすでに書かれているので何も心配はいらない」という事と「どうにでも書ける」という解放感が一つなのだという事だ。— 甲野善紀 (@shouseikan) February 28, 2020

すべて決まっているか?
そうでは、ないのか?

どうでもいい人には、どうでもいいことだと思いますが、
気になる人には、気になる所だと思います。私は、結構、
気になる方だったので、このブログでも何度か記事にしています。

人生は、100%決まっている。

この話を有名にされたのは、
小林正観さんだったと思いますが、それ以前にも、
そう伝えていた人は、いたようです。

小林正観さんは、自由意志によって選んだ
瞬間に、その選んだ結果は全部、
生まれる前のプログラムどおり
という不思議な構造に
なっていると言われていました。

近年のスピリチュアルな話では、
そうではないと言う話もあります。

すべての人の人生が100%完璧に決まっている。
いや、決まっている人もいれば、
そうではない人もいると言う説もある。

白紙のスクリーンに私の意識で現実を映し出す。創り出す。
それすらも、決まっていたことなのか?私が創造主とは、

今、創り出しているのか?生前に
創り出した人生の中を生きているのか?
あるいは、その両方の要素があるのか?

すべての行動は、先にあるのか?

すべて決まっているシナリオは、一つなのか?
すべて決まっているシナリオが、幾つもあるのか?

あるいは、まったく別の要素もあるのか?

私も人生の中で一時ですが、
目の前の現実が白黒に見える時がありました。

目の前で怒っている人がいようが、
泣いている人がいようが、
白黒の映像がスローモーションで動いている。

私達の現実は、これに色を付けて、
見ているんだなと思いました。

しかし、パラレルワールドの話だと、
決まっている未来を選べる。

と言うことは、完璧に、
決まっている訳でもないのか?
と思ったりもします。

人間的思考で、考えれば、考えるほど、
この迷宮から抜けられなくなります。

言葉で、知識で、と言うのも人間的エゴが入るので、
このエゴを手放すと言いますか、エゴが削ぎ落ちた時に、
本当の意味で解るのかもしれません。私も解ったつもり
になっていましたが、本当には、解っていなかった。

結局、知識や言葉だけで分かったつもりになると、
また、知識や言葉によって悩まされる。
そこでは、ないのですね。

完全と不完全が一致するので、頭で考えても、
とても分からない話になると思います。

だけど、はじめに言葉や知識によって知る。そして捨てる。

この知識や情報と言うのも、それが必要のない人には、
その情報を知ることも、触れることもないのかもしれない。

このような情報に触れて、
どうでもいいとか。そんなバカなと思う人にさえ、
それが必要な要素があるから触れているのかもしれない。

情報に触れた後も、
どうでもいいと流す人と、
受け入れようとする人がいる。

それすらも決まっているのか?それは分からない。
しかし、この世には、私1人しかいない。
すべての人は、私が映し出している投影。

外側には、何もないと言いますが、
厳密には、外側さえもなく、すべては、
内側で起きている。内、内、内、家。

私と言う映画館の中で、
私の人生と言う映画を観ているだけかもしれない。
あるいは、そうでは、ないのかもしれない。

すべてのことに意味はなく、
人間が意味を後付しているだけなのかもしれない。

ただ、一つ言えることは、何かに抵抗するより、
受け入れた方が物事がスムーズに流れることもある。

違う視点の話もあるので、そちらも参照されてください。

Mamica『パラレルワールドの仕組み。大きくシフトしよう!』
https://t.co/gClLHgRLlK #アメブロ @ameba_officialより— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) October 9, 2021

「自由意志」は存在する(ただし、ほんの0.2秒間だけ):研究結果 @wired_jp https://t.co/asUfsMEhOI— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) October 24, 2021

自在に変えられる方の話をすれば、
どの映画を観ますか?選びますか?と、
すべて、今、ここで選択をしている。
私が、観自在菩薩。私によって景色が変わる。

すべては、
完璧に決まっていて、
完璧に自由である。

すべては、決まっている。
すべては、既に書かれてある。

台詞も行動も決まっている。

と同時に、すべては、変えられる。
自分で生み出せるし、創り出せる。

カセットテープのA面とB面。
この二つが絶妙に絡み合っている。

完璧に決まっている方の話をすれば、
地球は、魂の演劇の舞台。台本があって、
あなたは、この役で、これこれこうして、
私は、この役で、この時、この台詞を言う。

ドラマや映画と同じです。一人一人が、
地球の舞台俳優であり女優です。

役に入り込んでいるので、お互いに、
役を演じていることさえ気付かない。

何で、そんな事やっているんだ?
と言えば、生まれる前に、
そう言う打ち合わせをして、
そう言う体験をすると決めてきたから。

人生のシナリオが、
完璧に決まっているとは、
そう言うことですよね。

それを、ただ、観ているだけの私がいる。

私は、人生は、わりと、
すべてが決まっている
ネバーエンディングストーリー
ではないか?と思っています。

【初回限定生産】ネバーエンディング・ストーリー スーパー・バリュー・パック/DVD/1000585114

posted with カエレバ

人生と言う川の流れ。
その流れに身をまかせる。

人生に意味は、ない。
そこに意味と言う色を付けたがるのが
人間の愚かさでもあり、楽しさでもあり、
奥深さでもあるような気がします。

そして、人生が、
決まっていようが、
決まってなかろうが、
起きるべきことが起きている。

私は、どちらかと言うと、
人生は、すべて決まっているのではないか?
と思っているのですが、これとは、別の観点で、

人生は、決まっていない。

そう伝えられているスピリチュアル業界の
有名人の方達もいます。並木良和さんや、
内山エナさん。また少し観点が違うように思いますが、
コスモボーイさんなんかも、そのような話をされていました。

バシャールも、すべて決まっているように見えるけど、
決まっていないと言うことを伝えられていました。

アシュタールも決まっていないと
伝えられているようです。

幾つものタイムラインがある。

タイムラインを列車に置き換えると、
どの列車に乗るかで行き先も違えば中身も違う。
どの列車に乗るか、乗り換えるかは、自分で選んでいる。

一方で、スピリチュアルヒーラーのmomoyoさんや、
びこさんなんかは、すべてが完璧に、
決まっている方の話をされていました。

コラボライブ ft. しみずたいき、ようた https://t.co/vvj5sPTb0C @YouTubeより— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) October 28, 2021

宇宙人系の情報を伝えられている人は、
決まっていない。変えられる。選べる。
そのように伝えている人が多いですね。

どっちが本当なのだろうか?
どっちも本当なのだろうか?

これは、私が分かっていないので、
私の憶測の話になりますが、

個人的に思っていることは、ストーリー上の自分の人生は、
すべて決まっているけど、ストーリーを抜けた世界がある。

意識の段階になるのでしょうか?

決まっている世界からの卒業もあるような気がしました。

いや、最初から何も決まっていないのですか???

どちらかが、まやかしの可能性もあると思うので、
これは、結構、難しい所でもあるような気がします。

しかし、物語として完璧に決まっていることの中に、
私が入り込んだ。これだと、何処も変えようがない。

変えられる。創れる。こちらの方が、まやかしかもしれない。

すべてが決まっていたとしても、
タイムラインの移動は、可能かもしれない。

それすらも物語の中のこと?

例え、物語の中の出来事だとしても、
自分で創れる。自由に選べる。こちらの方が、
楽しそうかもしれませんよね。と言うことは、

すべてが決まっていることが事実だとしても、
そんなことは、知らなくてもいいことかもしれない。

いや、だけど、これを受け入れることで、
その恩恵のようなことが起きたりすることもある。

この世は、仮の世。
魂の演劇のような舞台。

完璧な台本があって、
その通りに行動して、
その通りの台詞を言う。

完璧な役者が私達。

そもそも、本質的に、私達は、
生まれてもいなければ、死ぬこともない。

人生を観ているだけ。実際は、何もしていない。

そんな気がするのですが、違うのかなぁ?

これも、あくまで、一側面の視点?

考えても迷宮に嵌りこむので、
この辺で終りにしたいと思います。

あなたは、どう思いますか?

この記事のタイトル通りの話をするなら、
内枠としては、自由自在。自由に創り出せる。
外枠としては、その中身さえ完璧に決まっている。

スピリチュアルな話では、
よく、この世界は、幻想世界と言いますが、
幻想と言うことは、私さえも幻なのですよね?

思考は、思い通りにならない、
ことの方が多いと思いますが、
魂の思い通りには、なっていると思う。

今、私が思っていることは、
人生は、その都度、100%決まっている。

はじめから、おわりまで、
100%決まっているのとは、
違うような気もしています。

私達には、常に、今しか、
存在していないのですから。

だけど、生まれ出る前に、
これを体験すると決めて来たことに関しては、
いやがおうでも、魂が、そこへ連れて行く。

これが幾つもあるから、
すべて決まっているように見えるのかもしれないし、
そうでは、ないのかもしれない。

すべて決まっているとしても、
すべて決まっていないとしても、
すべての現実を自分で創り出している。

現実は、自作自演。

自分で創って、自分で喜び、
自分で創って、自分で苦しむ。

魂や真我が大いに喜ぶ時に、
エゴは、狂った狂人になっている時もある。

『”次元によって意識、見える世界が変わる。そのお話”』
https://t.co/xBaDkVfhTy #アメブロ @ameba_officialより— 思考の治療院666 (@3b48For6hcCrT4J) November 8, 2021

5次元意識になると、
すべて自分で創り出していることが、
体感として分かるようです。

しかし、思考の思い通りではなく、
魂の思い通りの人生。

だから、降参するとか、
サレンダーするとか、
自我(エゴ)から魂に、
明け渡すと言ったりもします。

「それは在る」と言う本の中では、
「私」を放棄すると表現されていました。

また、表現こそ違いますが、
小林正観さんは、その昔、
人生は、100%決まっていると、
思い定めると100%自由になる不思議な
宇宙構造になっていると伝えていました。

これは、どのような現実であっても、
100%自分で創り出していたと、
認めることでもあるような気がします。

出来事に色は、付いていない。
出来事に最悪と言う色を付けたから、
最悪と思えるのかもしれない。

その色を付けて、そう感じる色即是空の世界。

すべて自分で創り出している。

何を創り出すかさえ決まっている?

例え、そうだとしても、それは、
知らない方が、いいことかもしれない。

error: Content is protected !!
モバイルバージョンを終了