Mamicaさんの「人生を思い通りにするための攻略本」を読んでみました。

手元に届いた時の印象としては、
意外と薄め本でした。
(中身のことではないですよ。)
見た目の印象です。

波動の法則。
同質のモノを引き寄せる。

あの世では、思ったことが、
そのまま反映される。

この世では、タイムラグがある。
そこを邪魔するモノもあるので、
そうは思えなかったりもする。

自分軸とは、いつもいつでも、
今ここにいること。中今。

【中古】今を抱きしめて/NOA、白鳥瞳、YOSHIKI、カラオケ

posted with カエレバ

過去や未来に意識が向かず、
今だけに意識が向いている時は、
波動が高い状態。

ハートの中には、小さな自分がいる。

私が創造主。

内側、外側と言うのも、
肉体の中が内側なのではなく、
内側とは、意識のこと。

意識とは、物質を越えた世界。

機嫌が良い時は、内側の世界。

すべては、自分が創り出し映し出している。

だから、すべては、自己責任。幻想世界。

自分を大事にしていなければ、
相手も、あなたを大事にしてくれない。

現実は、自作自演。
現実は、100%自分で創っている。

すべては、自分の波動。

波動が先で、現実が後。

言い換えれば、意識が先で現実が後。

周波数が先で、現実が後。

シナリオやカルマとして、
体験していることもあるので、
何が起きたとしても、
自己否定をする必要は、ない。

だけど、肝心なのは、
誰かのせいや、外側のせいは、
1%もない。100%自己責任。

自己否定も、そうですが、
他者否定、他者批判も、
とても波動を下げるそうです。

だから、人のせいをやめないと、
波動は、下がったままです。

自分が投げかけた波動は、
必ず自分に返って来る。

感情も波動です。

宇宙は、投げた波動を忠実に返してくれる。

家族とは、潜在意識で繋がっている。
だから、自分の波動が上がると、
家族にも変化が起きる。

問題のある家族をどうこうしようと
しなくても自分の波動に集中して、
自分の波動が上がると家族の波動も変わる。

誰かを助けたいと思う場合も同じで、
それは、相手ではなく、自分を助けたい。

自分が助けて欲しいと言う思いを、
相手に投影している。

この世界は、映画、映像の世界。
自分がハッピーなら周りもハッピー。

現実は、自分で創っているのですが、
人生のシナリオも一人一人にちゃんとある。

嫌な相手こそ一番、感謝すべき相手。

あなたは、まだ、この波動(周波数)を
持っているんですよと教えてくれる相手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
モバイルバージョンを終了