スピリチュアル 感情 日記

思考と感情の観察と呼吸。

更新日:

思考も感情も、
勝手に湧いて来る。

それを黙って観察する静観。

大体、同じようなパターンの
思考が次々に湧いて来ます。

それに付随した感情も湧く。

世の中の多くの人は、
この思考や感情に
振り回されています。

それがポジティブなモノならいいですが、
ネガティブな思考や感情に振り回されると、

自分も周りも、ろくな事にならない。

そうは言っても、自分の内面が、
外界である周囲の人や、
状況だとも思うので、
自分の内面が平和で満ち足りていれば、
周囲も必然的に、
そうなっているような気もします。

あと、呼吸。

この手の話では、
よく、ゆっくり吸って、
ゆっくり吐くと言われていますが、

中々、長続きしなかったりもします。

だから、慣れるまでは、
吐くことだけに意識を向けるのも、
お薦めです。まずは、
ゆっくり吐くパターンを定着させる。

吐けば、自動的に吸うので、
吸う方は、特に意識しなくても、
いいと思います。

吸うを意識的にやるのは、
吐く呼吸に、
慣れてからでいいでしょう。

呼吸が浅い時は、何かあると、
すぐに感情と一体化して、
バタバタしたり、
イライラしたりしますが、

呼吸が深い時は、冷静に、
思考や感情が観察できると思います。

思考や感情を目の前を
通り過ぎて行く車と例えるなら、
目の前をバンバンと車が、
通り過ぎて行く。

それを掴むから捕らわれる。
それに振り回される。

バンバン通り過ぎて行くのだから、
捕まえず、捕らわれず、
そのまま見送っていればイイ。

長く吐く呼吸を意識的にやって、
無意識的に出来ようになったら、
ようやく定着していると思います。

四六時中は、中々、難しいので、
歩いている間は、これをやるとか、
何らかの行動と連携して、
やるようにするといいかもですね。

ネガティブな思考や感情は、
浮いて来るゴミのようなモノ。

そう考えると、
スピ界隈で流行りの
統合ワークも悪くは、
ないかもしれませんね。

それを、やるやらないは、
別として、思考や感情も、
同じようなパターンなのが、
湧いて来ます。

それに捕われていれば、
同じような現実の繰り返し。

ヨガでも合気道でも瞑想でも、
呼吸の大切さを伝えられています。

呼吸と言うのは、それほど、
重要なモノなのでしょう。

脳波も呼吸と、
関係しているらしいですね。

天才発明家!政木和三(まさき かずみ)

政木和三さんは、
呼吸でシータ波になり、
数々の発明品を
生み出したそうです。

政木和三さんの呼吸法は、
息を吐く時に、口から、
ゆっくり吐くモノだったらしい。

多くの人にとっても、
この方が、やりやすいと思います。

最初の最初は、
繰り返しの深呼吸でも、
いいと思います。

思考や感情を流さず、しっかり掴む。

↑上記リンクの、この話も、衝撃的でしたが、
この方が、いいかもと思いました。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 感情, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.