どうでもいいこと 日記

道路の側溝にある網々。グレーチングを外すアイテム。「もちあげ君」。

投稿日:

側溝の上にある金網の蓋。
普段、特に気にしてないですが、
歩道に在る銀色の網々のアレですね。

あれには、グレーチングと言う名前があるそうです。

町内の溝掃除などの際には、
簡単に取れる所と中々、
取れない所があったりします。

取れない所は、開かずの扉のようにビクともしません。

ここも、定期的に掃除しないと、
色々とゴミが溜まっていたりします。

取れる所は、素手で外せるからいいのですが、
取れない所をどうするか?

主にバールを使って外そうとする人が多いみたいですが、
それでも、外れない所もあります。

長い間、放置していると用水路の中に草木が生えていたりで、
バールを使用しても一筋縄では、外せません。

グレーチングを外す為の専用器具もあるようです。

今は、専用の色んな器具が出ているようです。

それを悪用して盗難などの事も一部では、
起きているらしいでので、(主に転売目的らしいです。)
グレーチングに盗難対策している事も増えているようです。

しかし、盗難などの目的ではなく、
普通に使いたい人もいます。だから、
それらの器具で助かっている人も多い。

私も使い勝手を試してみたくて、
アマゾンで「もちあげ君」を買ってみました。

千円ぐらいの商品だったので、
それほどには、期待していませんでしたが、

使ってみて、これは、素晴らしいと思いました。

バールなどで1時間以上かけても開かないグレーチングが、
わずか一分ぐらいで簡単に開けることが出来ました。

でも、長いこと、開けていないグレーチングは、
四隅の土が固まっていたりで開けずらい所もあります。

その時でも、もちあげ君を引っ掛ける場所を
幾つか変えると開けやすいポイントがあって、
今の所、開けれなかったグレーチングは、ないです。

(盗難対策がされていないグレーチングの話です。)

今、街中で見かけるグレーチングは、
盗難対策してある場合が多いですよね。
あれは、もちあげ君だけでは、外せません。

そして、もちあげ君で外せるグレーチングも、
もちあげ君と言う名の通り、グレーチングを
持ち上げる力は、必要です。

グレーチング自体、軽いモノではないので、
非力な女性や非力な男性も、危ないので、
ある程度、力がある人に任せておいた方が無難だと思います。

だけども、バールなどで、こじ開ける事を思えば、
もちあげ君は、手を挟んだりと言う危険も軽減されるので、
私は、非常に重宝しております。一つコツを言うと閉める時に、
わざと少しズラして閉めて、もちあげ君で調整すると、
スッポリと嵌ることが多いです。

グレーチングの網目も太いモノもあれば、
細かい網目のモノもあります。

細かい網目のモノだと網の中に、
石が挟まっている事も、
結構あるのですが、それも、もちあげ君で、
取ることが出来ます。だから、これは、
結構、役に立つ道具だと思います。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.