スピリチュアルな有名人 

花岡修平さんの真我の目覚めについての話。

更新日:

花岡修平さんは、セミナーや講演会や
本を出したりなどの表立った活動は、
一切しておらず、数年前に、
ブログをされていたそうですが、
そのブログも閉鎖されたそうです。

その理由は、普通の人として、
生きるのが自分のお役目と言うことらしい。

しかし、その時の花岡修平さんの
言葉を伝えたい方が花岡修平さんの
言葉を引用したり記事にされているのを
時折、見かけることがあります。

わたしの終わり

↑のリンク先のブログ。「わたしの終わり」様では、
復元ではないですが、かなり元の形を
残されているようです。

目覚めたい。悟りたい。
そう思う人は、多いと思いますが、

悟りや覚醒は、自然現象。

起こるべくして起こる。

明日、雨になれ。
明日、晴れになれ。

そんな思いとは、関係なく、
晴れになる日もあれば、
雨になる日もある。

人の思いとは、関係なく風も吹く。

しかし、人間に起きる出来事は、
気ままに起きているのではなく、
予定通りのことが、予定通りに起きている。

悪があるから、善が分かる。

だけど、すべての出来事は、
ただ、起きているだけ。
予定通りに起きているだけです。

すべてが予定通りなのだから、
失敗も、成功も、ない。
過ちも、間違いも、ない。

善も、悪も、ない。

被害者も加害者も、いない。

善人も悪人も、いない。
そして、自分も、いない。

勿論、それを体験して、
学ぶことは、あるでしょう。

それも、予定通り。

人間は、人間としての体験を、
やり尽くして人間を卒業する。

終点の駅が決まっている。
そこへ辿り着くまでに、
諸々の体験をしている。

まずは、今を受け入れることから。

私とか、自分と言うのは、思考。

人は、生まれることもなければ、死ぬことも、ない。

無いモノをあるように見て体験している。

真実は、いつも動かず、そこに在る。

ここで私の個人的な意見を挟みますが、
真我の目覚めを体験したと思われる方達は、
共通して、モニタールームから
自分を見ているような感覚だと言われています。

明け渡しとか、全託と言われたりもしますが、
大いなる存在に、委ね切るから真我が目覚める。

エゴを完全放棄するから、
真我の目覚めが起きる。

自分ではない存在に、
まかせ切る。委ね切る。

でも、これは、言葉で言うほど簡単ではなく、

すべてのすべてを、あきらめる。
すべてのすべてを、委ね切る。
すべてのすべてを、明け渡す。

本当にそうなった時に、
自我から真我に切り替わるようです。

絶望体験や失望体験は、
そう言う境地になりやすい。

花岡さんも、そう言う体験があったそうです。

そして、そう言う時ほど、
エゴから真我への明け渡しがしやすくなる。

だけど、それは、花岡さんの体験であって、
体験の仕方は、人それぞれ違う。辛い思いや、
大変な思いをせず、そうなる人もいる。

すべての現実には、実体が無く、
現実のように見えているだけ。

この世は、幻想世界と言われていますが、
何故、その幻想の中を生きているのか?

必要であるから、そうしている。

一人一人に必要な宇宙を
一人一人が自分の
意識の中に創り出している。

UFOや宇宙人や
超常現象の類は、
娯楽に過ぎない。

本当の愛。本当の神。
それが、私達の実態。

現実は、真実では、ない。

しかし、あなたの世界、
あなたの宇宙は、
あなたの為に用意されている。

すべては、起こるべくことが起きているのであり、
すべては、自分にとって必要だから体験している。

人生の苦悩や苦痛も、必要な体験。
平和で楽なことばかりでは、真我に、
意識を向けることさえ、ない。

それらを受け入れる。

神にはじまり、神に還る旅の途中。

どのような道であったとしても、
その人にとって、
必要な道しか歩んで、いない。

あの時、ああしておけば、よかった。
こうして、おけば、よかった。
と思うことがあるかもしれない。

しかし、曲がりくねった道や、
別れ道などはなく、すべてが、
まっすぐな一本の道だったと分かる。
気付く為に、必ず、その道を通っている。

形のある世界は、実態では、ない。

花岡さんは、本当に真我に目覚めた人だと思いますが、
真我と言う言葉だけを使い、ソレとは、違うモノを
伝えている人達もいるような気がしますので、
真我と言う言葉だけを鵜呑みにするのは、
危険な要素もあると思います。
それも、予定通りなのかもしれませんが。。。

花岡さんの話は、
以前、読んだ電子書籍の真実の結晶とも、
共通項が多かったような気がするので、
本当に真我に目覚めている人かどうかは、
その文字から伝わる波動が、
言葉だけで、真我と言っている人とは、
全然、違うような気がします。

北島成浩さんの「真実の結晶」

くるまだまさのぶさんも、真我に、
目覚められている人だと思います。

「それは在る―ある御方と探求者の対話」を読んでみました。

「それは、在る」の著者、
ヘルメスジャンプさんもそうだと思います。

だけど、残念ながら本当に、
真我に目覚められた人は、
花岡さんのように表舞台から、
身を引かれる方も多いようです。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.