アングラ 日記 読書

「餃子の王将社長射殺事件」

投稿日:

「餃子の王将社長射殺事件」を読んでみました。

まず、この本を読んだ率直な感想として、
途中までは、長ったらしい言い回しで、
推理小説でも読んでいるような感じでした。

だから誰もに、お薦め出来る本ではないです。

私は、王将は、わりとよく行ってる方だと思いますが、
この本を読むまで、この事件があった事は、
すっかり忘れていました。

犯人が捕まらず迷宮入りしたのですよね。

この事件があった当時、会社内でも話題になっていました。
プロのヒットマンの仕業だろうと言う人が多かったですね。

素人がそう思うのだから、
やっぱりそうなのかなぁと思いました。

しかし、、本の冒頭には、プロのヒットマンが、
犯行現場でタバコの吸殻を残すようなミスをするだろうか?
と書かれてあって、言われてみれば、
それが犯人のモノであるならば、
プロでは、なかったのかなぁとも思いましたが、

読み進めると、それは、
犯人のモノではなかったと言う可能性もあって、
捜査が撹乱したそうです。
わざと撹乱させた要素もあったのかもしれないようです。

そもそも、何故、撃たれたのか?

この本によると、当時の社長が闇社会との決別を宣言した。
その一ヶ月後に、本社前で撃たれたとなっています。

と言う事は、それ以前は、
闇社会との繋がりがあったと言う事になりますよね。

しかし、今、それらの存在と繋がっていないのであれば、
自らの命と引き換えに、それを終わらせたとも言える。

享年72歳と言う事なので、
いつ死んでもいいと言うような思いも、
あったのかもしれません。

撃たれた社長は、真面目な人だったようですが、
王将の創業者の人は、戦時中に、
旧満州に憲兵隊員として派遣されていた人で、
それなりに悪い事もされていた人だと言う話もあります。

次々に店舗を出す中では、裏社会との接触が、
まったくなかったとは、言えない部分もあるかもしれません。

だから、流れとして、裏社会とも、
大なり小なり繋がっていた、
流れはあったのでしょう。

今の時代なら批判される事ですが、昔の時代を思えば、
それも仕方がない部分もあったと思います。

それをしなかったら、しなかったで、
しなかった故のトラブルもあったりしましたから。

未だ犯人が分からないのですが、捜査が難航した理由として、
王将の会社側の人間が捜査に協力的ではないと言いますか、
「トラブルなど何もない」の一点張りだったと言う事もあったそうです。

初動捜査における警察のミスがあった可能性もあるらしい。

プロの殺し屋であれば、一発で仕留めるケースが多いらしいのですが、
殺傷能力の低い二十五口径の拳銃を使って、それを四発も撃っている。

二十五口径は、相手に致命傷を与えずらい銃のようです。

結果として王将社長は、亡くなりましたが、
とどめを刺していないと言う所でも、苦しませる事が目的で、
殺すつもりはなかったのではないかと言う見方もある。

撃った実行犯が女性だったなら、
二十五口径を使うのも頷けるとの意見もある。

実際に関西国際空港の履歴に事件前日に入国し、
事件当日に出国した1人の中国人女性の存在があったようです。

少し話がズレますが、最近、工藤會のトップの判決が、
ニュースでも話題になりましたが、末端の自分が顔も
見た事もないような者が起こした事件でさえも、
トップが使用者責任に問われる可能性がある。

この件に関しては、トップが指示を
出したであろうと言う事になっていますが、
その真相は、分かりません。

しかし、罪に問われている事件の一つが
漁業組合長が銃弾四発を撃ち込まれ死亡したと言う事件。

その事件があったのが、
王将社長が撃たれた日の翌日だったそうです。

だからと言って関連性があるとは言えないのですが
翌日に似たような手口で撃たれたと言うのは気になる所です。

依頼者が同じであるならば、このような推理もある。

警察の捜査を錯乱させる為に一日違いで、
違う場所で似たような事件を起こさせた。

女性ヒットマンは、既に出国しているから、
同じ派遣元からヒットマンを二人雇った。

王将の事件は、暴力団は、
関係がないかもしれないと言う意見もありますが、
関係していた要素の方が濃いでしょう。

恨みなどとは別で、
利権を狙うと言う事も、
あるのですよね。

可能性としては、誰かに雇われた中国人のヒットマン。
それも、グループ的犯行であった可能性は高いようです。

撃たれた王将社長は、四代目ですが、
先代や初代の時代には、裏社会の人に、
頼るしかなかった事情もあったようです。

四代目社長は、その闇社会の人との決別を
表明したから撃たれたのではないか?
と言うのが一つの仮説となるようです。

その他の存在から狙われる理由と言うのも、色々あるようで、
これが捜査が難航した理由の一つでもあると思う。

王将が中国の大連に進出した際には、
現地のマフィアとの間で、
トラブルも、あったようです。

マフィア側の要求を断わった為に
ヒットマンを送り込んで来た。
その可能性もある。

色んな可能性はあるのですが、
この事件は、迷宮入りしてしまいそうな感じがあります。
しかし、随分と経ってから犯人が捕まる事もある。
まだ分かりません。

スポンサーリンク



-アングラ, 日記, 読書

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.