スピリチュアル 読書

「それは在る―ある御方と探求者の対話」を読んでみました。

更新日:

スピリチュアル業界では、話題になった本。

スピリチュアル業界の有名人の何人かも、
大絶賛されていたようですね。

私は、今更ながら読んでみました。

思考も感情もoffのスイッチがないラジオのようなモノ。
offのスイッチがないのだから止めようとすることは無駄。

全自動で流れ続ける思考や感情。

それを掴むから思考や感情に振り回される。

思考も感情も掴まなければ、ただ、流れ行く。

多くの人は、思考や感情の操り人形となっている。

それを掴んで離さないから、

その思考に、その感情に、振り回される。

本の内容は、禅問答のように進められて行きます。

読みながら何らかの気づきが得られる人も多いと思います。

簡潔な内容

自分で掴んでいるのですよ。

静寂とは、それらと別の所に在る。

すべては、自分の中に在る。

必要なモノは、すべて持って生まれて来た。

ただ在る。これがすべての答え。

悟る人さえ存在しない。

すべては一つであり、繋がっている。

世界は、完璧に脚本が書かれた舞台。

すべては、完璧に書かれてある。

悟りを知る運命にある者は、知ろうとする。

しかし、真実の世界には、教える必要も学ぶ必要もない。

人生に意味は、ない。正しい答えも存在しない。

正しい答えも存在しなければ、
誤った答えも存在しない。

すべては、完璧であり、完全である。

あなたの世界には、あなたしか存在していない。

あなたの世界に現れる人は、すべて脇役である。

脇役でもあり、師でもある。

世界は、私を映し出す鏡。

鏡がなければ、私を知ることが出来ない。

私の観念。私であるモノの、すべてを
映し出しているのが、この世界。

あなたのすべてを映し出している世界。

一瞥は、ある瞬間、まったく自然にやって来る。

目覚めとは、自分自身が何かを知る。それだけである。

本来の自己に還って行く時、至福は、自然と訪れる。

至福がやってきても、それに捉われないこと。

目覚めが起きる前と、起きた後。
外側の現象は、何も変わらない。

目覚めた人は、表面的には、
普通の人に見えるかもしれない。

マハラジは、悟った後も煙草を吸い続けた。
身体に起きる事は、悟る前も悟った後も、それは起きる。

幻想世界は、幻想故に、いずれは、消え去るモノ。

悟る為の方法は、ない。
悟る為にやるべきことも、ない。
悟る必要も、ない。

これが、悟る為の近道であり答えである。

ただ、沈黙して在る。

思考は、自分のモノでは、ない。
思考に巻き込まれ、捉われないこと。

沸き上がって来る思考を
自分のモノだと勘違いしないこと。

思考は、本当の私では、ない。

思考を自分が考えたと思い込む罠。

思考は、真実の自己とは、無関係。

本当の、あなたは、そのままで完璧。

思考は、自動的に起きている。

自動的に起きた思考によって、
自動的に行動をしている。

それを、あたかも、自分で考えて、
自分で行動しているように思い込んでいる。

真我は、思考しない。

真我とは、ただ、在る。

この世は、幻想世界。

私がいて、私以外が、
存在しているように見えている。

思考は、雲のように流れ行くもの。
それに捉われても捕まえてもいけない。

思考を止めようとすれば強化される。
止めようとしないこと。止める必要もない。

思考は、邪魔なのでは、ない。
流れる雲を見るように、
ただ、観ていると気付けることがある。

思考が過去なら、会話も過去。
すべての会話は、過去のモノ。

今と口に出した地点で過去のモノ。
記憶と思考も直結している。

しかし、この世のコミュニケーションは、
会話なので、それは、必要。

世界は、あなたの観念、
考え方を映し出している鏡。

その観念を持っているから、
それを経験する。

あなたの考えそのままに、
あなたの世界で経験する。

世界は、あなたが、
色付けした通りになる。

自分を映し出す鏡は、
常に目の前にある。

世界とは、自分の中にあるモノが、
投影されるスクリーン。

世界は、あなたの観念通り。

体も思考も、あなたではない。
幻想世界で私と思っているモノは、私ではない。

起きることは、自動的に起きている。

すべてのシナリオは、既に書かれてある。
そして、今ここにおいては、書かれていない。

すべては、決まっていると同時に、
すべては、決まっていない。

過去が記憶。
この世界が幻想世界なら、
過去の記憶も変えられる。

過去の記憶を変えられると言うことは、
過去そのモノも変えられる。

しかし、過去が変更されたら、
変更される前の記憶を
思い出すことは、出来ない。

すべては、完全に書かれてあり、
変更されることもあるのですが、
それを変更するのも自分では、ない。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 読書

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.