スピリチュアル 人間観察 思考の治療 感情 日記

外側には、なにもないって、どういうこと???

更新日:

スピリチュアルな話で外側には、何も無いと言いますが、
これを言葉だけで知っているだけでは、知らないのと、
変わらないですよね。まず、簡単に、思考も感情も、
自分ですよね。それによって自分の世界が創られている。

勿論、魂が持ち込んできた、
シナリオやらカルマやらは、あります。

それは、一旦受け入れた上で、
脇に置いておきましょう。

忘れていても、シンクロとして、
体感として分かることもあります。

自分が創造主として、
この世を楽しんでいるのが私達です。

私達の意識は、外に向かいやすい。

誰かのせいや何かのせいと言うのもそうですよね。

あの人がいたから、あの出来事があったから、
ああなった。こうなった。あんな奴さえいなければ。。。

これらは、外向き意識ですよね?

たまには、いいんですけどね。

その時に、外向きになってたなと気付くことが大切です。

意識を向けたエネルギーは強まる。

今、以前に比べて世界中で、
瞑想をする人が増えているのは、
イコールで自分の内面を見つめる時間を
取るようになった人が、
増えたと言うことでもあるでしょう。

幸せの青い鳥は、家の中にいた。

私達も、散々、外側に意識を向けてきて、
すべての答えは、内側にあったと、
ようやく気付く所に来たのだと思います。

あくまで、私の個人的な意見ですが、
自分の中に地球や宇宙があって、
そっくりそのまま外側に映し出している。

外側が幻想と言われるのも、
そう言うことだと思うのですよね。

スピ業界の多くの人が言われている
虹色のシャワーで自分の中に溜まっている
ネガティブな感情を洗い流すイメージも、
それなりには、効果があると思います。

ホ・オポノポノも内面のクリーニングですよね。

さとりのホ・オポノポノを読んでみました。

人間だから、どうしても許せない人の一人や二人。
大嫌いな人の一人や二人。いるかもしれません。

大嫌いで、ごめんなさい。許してください。
クリーニングは、これでいいと思うんです。

内側の投影が外側。光と影のような関係。

現実の方をいじくろうとするのは、
道端に映った人影をいじくってるようなこと。

だから、どんどん外側の方に嵌り込んでしまう。

夢と現実の差がないと言うようなことも言われますが、
内側の反映として、現実と言う夢を見ている。

外側の人を何とかしようとすればするほど、どうにもならない。

それは、あなた自身の問題だからです。

自分の中の問題を外側に映し出して、
問題だ。問題だ。と騒いでいる。

自分のこととしては、分かりずらくても、
人を見ると分かりやすいと思います。

人間観察として、四六時中、
イライラしている人を見てください。

何でもかんでも、外側のせい。
人のせいにしてバタバタしています。

自分の内側がバタバタしているから外側もバタバタします。

ろくな思考でなければ、ろくな感情でなければ、
ろくなもんじゃねーと言うような現実になるでしょう。

だけど、相手の問題は、自分の問題。

自分の中の問題を相手に映し出している。

とは言っても、現実的に、
やるべきことは、やってもいい。

いいのですが、
外側に何も無いと言うことは、
自分を変えることは、あっても、
人を変えようとしたり、
コントロールしようとすることでは、ない。

外側は、幻想。外側は、幻。
実際に在るように感じていますが何も無い。

本当は、外さえも無い。

自分の意識の中で、すべてが起きている。

だけど、分かりやすいように外側と表現している。

私達には、広大な無意識領域があるので、
このカラクリが分かりずらくなっているようです。

外側は、内側の結果。と言うことは、
外側より、内側の方が重要と言うのは、
ある意味、当然のことであります。

外側の世界は、答え合わせのようなモノです。

外側に、ヒントは、あるかもしれませんが、
内側に、本当の答えがあると思います。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 人間観察, 思考の治療, 感情, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.