動画 占い 日記

コロナが起きることを予言していた。インドの最年少占星術者。アビギャ・アナンドさん。

更新日:

コロナ騒動を予言していたとして、
インドの占星術者の方が、
今、話題になっています。

彼の名は、アビギャ・アナンドさん。
まだ、14歳か15歳ぐらいであるそうです。

彼の顔写真を拝見したら、
おでこが広くて松果体が、
大きそうな気がしました。

しかし、占星術者なので、
霊視で視た訳ではないようです。

大学院を卒業され既に、
教授をされているとの話もあります。

ここでは、アナンドさんと呼びます。

アナンドさんは、コロナの予防には、
野菜をよく食べると良いと言うことを
言われているそうです。

今後のアナンドさんの予言としては、

2021年は、まだ、これから大変なことが起きる。

コロナ騒動は、今年の6月をめどに一旦治まるが、
9月~10月ぐらいにかけて、もう一騒動、起きる。

その間に、ロックダウンする地域も出てくる。

11月ぐらいから少しずつ良くなってくる。

2022年の4月頃に金融リセットが起きる。

コロナ騒動は、2022年の
5月頃から、やっと良くなるが、
まだ終わりではない。

コロナ騒動が終わったか終わらないかの頃に、
金融リセット騒動が世界中で起きるかもしれない。

だけど、それによって経済の回復が兆しを見せる。

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

アナンドさんは、だいぶ前に、どんな薬や、
ワクチンも効かないスーパーバグがあると言われていたそうです。

この予言は、2020年の12月より前にされたそうですが、
今、ワクチン騒動で騒いでいます。アナンドさんの予言が正しければ、
今のワクチンは、それほどには、効果は、ないのかもしれないですね。

だけど、それで安心できる人もいるので、それはそれでいいと思うのです。

アナンドさんは、ワクチンなどの人工的治療に頼らず、
自然療法で治した方が良いと言うようなことも言っているそうです。

インド人には、アーユルヴェーダと言う伝統医学がある。

中国にも中国医学がある。自然療法の方が免疫力が高くなる。

日光浴も大切。母なる大地に触れる。ハーブなどの
アーユルヴェーダで使う植物を家の中で育てるのも良い。

人と会わなくても日光浴をしたり、
自然と触れる為に、
積極的に外には、出た方がいい。

ワクチンは、化学療法。自然療法に頼れば、
今ほど、コロナ騒動は、拡大しなかった可能性もあったようです。

ワクチンは、多くの化学物質を含んでいる。

殆どのワクチンは、変異型には、効果がない。

ワクチンは、世界をネガティブな方向に導く可能性がある。

2022年5月頃からコロナウィルスは、改善してくるそうですが、
コロナウィルスは、自然療法ではない治療方法に頼ってしまっているので、
そちらの方の問題もあり、コロナ事態がなくなるには、まだ時間は、かかる。

コロナウィルスは、本来の自然の姿に戻る役目もあると思う。
そのようなことも、アナンドさんは、言われているようです。

占星術は、惑星や星や天体の動きを見る。
それは、私達が惑星や星や天体の
影響を受けていることでもある。

自然に反することをすれば、悪化するのは当然。

自然療法ではないワクチンには、
あまり期待しない方がいい。

メディアは、公表しないかもしれませんが、
既にワクチンを受けた国で問題が起きている可能性がある。

だから、2021年11月21日までは、注意が必要。

2022年4月は、火星と土星が接近するので、
この時期にも注意が必要なようです。
それは、コロナではないかもしれない。

今、一部において、
コロナのお陰で業績が伸びた業種もあるかもしれませんが、
それも、2022年4月までに弾ける可能性がある。

そしてようやく、2023年4月ぐらいから
コロナウィルスの改善が見られるそうです。

これからの20年間は、
人類にとって、新しい時代になる。

スポンサーリンク



-動画, 占い, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.