スピリチュアル 読書

奥山輝実(おくやま てるみ)さんの菩薩医学を読んでみました。

更新日:

三次元の地球は、ネガティブ寄り。
ネガティブを体験したくて来た側面もあれば、
地獄的な役割を担っていた部分もあると思います。

今は、五次元に向かっているとは言え、
三次元の要素も残っています。

だから、崩壊も結構、起きています。

風の時代と言われていますが、
五次元に合わせられないと、
精神的に台風のように吹き飛ばされる
こともあると思います。爆風による崩壊。

実際にコロナ騒動で色んなお店が
閉店に追い込まれています。

それが良いことか悪いことかは別として、
何らかの形で変化が起きています。
今までとは、大きく変わることもあるでしょう。

コロナ騒動を逆手に取って、
大きく飛躍した人も結構いるようです。
上手く風に乗ったのでしょうね。

そして、どん底も五次元世界の入口に立つ為の
浄化であることもあるそうなので、
今、どん底の人も安心して笑っていればいいようです。
まぁ、三次元にいると、それは、中々出来ないのですが。。。

菩薩医学

著者の方は、この本以外にも本を
出されているようですが、私は、
この方の本を読むのは、はじめてです。

医者であるそうですね。

従来の時代だと医者の人が、
このような本を出すと結構なバッシングを
受けたりすることも多かったと思いますが、
最近、スピリチュアル的な医者の方も、
少数かもしれませんが増えていますよね。

勿論、今の時代でもバッシング等は、
なくなった訳ではないので、
スピリチュアル的な医者であっても、、
このような情報を表には、
出さない医者もいるでしょう。

その事情も分かります。患者さんの中には、
スピリチュアル嫌いな人もいるでしょうし、
ご近所様や世間からの目がありますからね。

先駆者として勇気のある
お医者さん達が、このような情報を
表に出して来ています。

奥山医院

奥山医院のHPを拝見したら
完全に五次元医院ですよね。

私は、診察を受けたことがないので、
何とも言えませんがHPの印象としては、
怪しさ満載の内容です。これを面白いと
思う人もいるでしょう。

保険治療がないそうなので、
料金的には、美容整形の
システムに似ているかもしれません。

HPは、怪しかったですが、
本の内容は、素晴らしかったです。

2023年から三次元宇宙と、
五次元宇宙は、本格的に、分離しはじめ、
2032年には、完全に分離するようです。

二極化の話や今年の冬至の話もあるので、
まぁ、そうかもしれないなぁとは思います。

地球は、既に五次元波動。

だけど、三次元地球も存在する。

2021年以降は、三次元地球から、
五次元地球が、だんだん見えなくなる。

既に五次元にいる人は、
三次元の人からは、
見えなくなっているそうです。

まだ重なり合っている部分もあるので
分かりずらくなっているようですが。。。

五次元地球には、
肉体を纏っていない宇宙存在もいる。

むしろ、肉体を持っている
宇宙存在の方が珍しいぐらい。

私達は、肉体を持って、
五次元世界に移行しているので、
珍しい存在となるようです。

そして、宇宙と言うのは、人の数だけある。
五次元宇宙も、人の数だけある。

五次元宇宙は、直感と、
テレパシーが普通になるそうです。

今も既に、そう言う人が増えていますよね。

さらに五次元人は、重力を操れる。

弘法大師空海が山の中を
猿より早いスピードで歩いていたとか、
キリストが水の上を歩いていたとか、
ピラミッドの石を軽々と動かして積み上げたなどの逸話は、
それらの人達が五次元人か、
それ以上の次元の人だったからかもしれませんね。

三次元地球の神社は、我欲成熟の祈願ばかり。

クレクレ君やシテシテちゃんは、感謝を知らない。

これは、確かにそうなのですが、
クレクレ君やシテシテちゃんと言う、
表現力が面白いなぁと思いました。

認知症は、死の恐怖や不安に負けるとなるらしい。
若年認知などもありますが、
不安要素が大きいからなのでしょうね。

2018年以降は、強い死への恐怖を持たなければ、
輪廻転生の呪縛から解放される。新たに生まれ変わった時も、
生まれながらに因縁に縛られた人生ではなく、
まっさらな人生をスタートできるそうです。

釈迦も死ぬ間際、弟子に私の肉体に、
依存してはならないと言うことを言われたそうですが、
一人一人に自分が死ぬ時は、自分の肉体に依存するな。
執着するなと言う意味も、あったのかもしれませんね。

読み終えて。五次元世界が、どんな所なのか?
分かりやすい内容だったと思います。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 読書

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.