スピリチュアル 日記

サイキック能力と家庭環境

更新日:

必ずではないですが、
サイキック能力の高さと、
生まれた時の家庭環境は、
わりと比例していることが、
多いのではないか?と思っています。

私も、家庭環境は、悪かった方ですが、
今、スピリチュアルな世界で能力者として、
活躍されている方は、私以上に過酷な家庭環境で、
育った人も多くいるようです。

親や家庭環境は、
自分で選んで生まれて来ると言いますが、
それが、カルマのこともあるでしょうけれど、
それは、後に開くサイキック能力の為に、
選んで来る人もいると思います。

勿論、何も知らない間は、
その環境を恨んだり嘆いたり、
と言うことは、あるかもしれませんが、
後に大きく開くサイキック能力の為には、
そのような親や家庭環境が必要だった。

そのような境遇だからこそ、
開花された部分もあるでしょう。

家庭環境に限らずかもしれませんが、
隠し持っている能力が凄い人ほど、
わりと悲惨と思えるような運命を
辿ってくる人も多いような気がします。

勿論、恨んだり呪ったり嘆いたりしている間は、
その能力は、一向に開くことは、ないでしょう。

だけど、ある段階まで来た人は、
悲惨だと思えるような運命も、
最悪だと思えるような環境も、
自分のサイキック能力を開く為の、
感謝の対象になると思います。

スピリチュアルヒーラーの
momoyoさんが言っていましたが、
幼少期に体験した心の傷を癒す。
これは、ハートの扉を開くことでもあるようです。
心の傷を癒さないとハートが開かない。

それまでは、どれほど、
親や環境や運命を嘆いてもいい。
溜め込んだ感情を出し尽くすことで、
気付けることもある。

いつ気付くか?いつ分かるか?
それもシナリオ通りです。

いついつ気付く?

魂は、知っている。

魂の世界に、たまたまは、ない。
魂は、すべてを見通している。

釈迦が何故、2500年後の
現代のことが分かったのでしょうか?

魂的な視点で見えていたからだと思います。

私達の魂も次の展開を知っている。

心や肉体が、どれほど傷つくような事でも、
魂には、傷一つ付かない。シナリオ通りです。

人生は、シナリオ通り

映画やドラマは、既に完成している。

その通りに行動している私達。

そう思う心があっただけ。

あの時、ああ出来たような気がする。
あの時、ああすれば良かった。
ああすることも出来たのではないか?

いやいや、そうなるようになっていました。

シナリオは、完璧に完成されている。

この話を受け入れたくない人もいるでしょう。

変更できる。人生は、創り変えられる。
映画のフィルムは、途中で替えられる。

それも、間違っては、いない。
人生は、自由自在なのと、
人生は、シナリオ通りなのは、表裏一体。

創る人生も、
創られた人生も表裏一体。

すべてが自由でありながら、
すべてが決まっている。

一人一人が魂の役者。人生劇場。
神芝居であり演劇である。

私は、一人一人の人生は、
機関車トーマスのようなモノだと思っています。

いつ何処で誰と出会い、
誰と関わるかも決まっている。

でも、シナリオの話は、
一旦、受け入れた上で、
忘れるぐらいが丁度良いとも思っています。

さとりのホ・オポノポノを読んでみました。

自由意志の話も面白いですからね。
シナリオの話は、世の中の多くの人は、
恐らく受け入れられないでしょうから、
知らなくても良いと言うか、
知らない方が良いことかもしれません。

悪人の方が魂レベルが上だと言う話がありますが、
お役目として悪役を演じたとして、その後に因果応報が
あるのであれば、魂的には、それも分かった上で、
その役目を引き受けた。だから、やっぱり上級な魂だと思う。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.