スピリチュアル ユーチューバー 占い 日記

ユーチューブで大人気。タロット占い師。SARAさん。

更新日:

可愛い顔と可愛い声で人気のSARAさん。

勿論、占いも、よく当たるから人気なのでしょう。

SARAさんは、前世の記憶を
思い出したことがあるそうですが、
前世でも占い師だったことがあるようです。

だから、タロットカードを、
はじめて触った時に、
勉強もしていないのに、
そのカードの意味が分かったと言います。

サラの癒しタロット

占いだけでなく、スピリチュアル的な話もされているようです。
↓サブチャンネルの動画になるようですが、
私は、サブチャンの方が面白い話をされていると思いました。

二極化とは、一言で言えば、自分軸で生きる人と、
他人軸で生きる人に分かれると言うことのようです。

自分軸とは、まず、
自分の現実で起きることは、
100%自己責任。

これが大前提のようです。

自分が引き起こした現実。

コロナ騒動も深刻に捉える人もいれば、
だるまさんがコロナと気楽に捉える人もいる。

コロナは、二極化の為に起きているとも言えますね。

2021年は、色んなモノが崩壊する。
すべてが、リセットされる。
すべてが、一旦、白紙に戻る。

だからこそのコロナ騒動かもしれません。

しかし、すべてが崩壊して、
まっさらになったら、
そこからが新たな、はじまりです。

だけど、崩壊には、痛みや苦しみも伴う。
今しばらくは、このような事もあるでしょう。

今、世の中は、個人レベルの事も含めて、
タロットカードで言えば、
「塔」のような状態かもしれません。

SARAさんの覚醒体験

SARAさんは、小学4年生の時に、
覚醒体験と思えるような体験をされた。

その体験と言うのは、この世は、仮想現実で、
自分が観たいと思った映画の中に入り込んでいると
気付かされたと言うことだったようです。

いわゆる、この世の仕組みと言うか、
カラクリに気付かされた。

家族なども映画の中の登場人物で、
周りにある物も、映画の中のセットであった。

すべてが、映画の中の設定であった。

そのことにハッ!と気付いたそうです。

小学4年生で、
そのようなことに気付かれるとは、

羨ましいと言うか、凄いと言うか、
導かれるべくして、今の道へ辿り着かれたのですね。

でも、SARAさん曰く、
気付いたというよりは、
思い出したような感覚であったそうです。

一人一人が、とてもリアルな、
自分の人生という映画を観ている。

いや~。小学4年生にして、
既に悟り人だったようです。

私がスピリチュアルな学びを続けて、
ようやく解かったと言うか、
解かりかけたことを、
SARAさんは、小学4年生にして、
確信して解かっていた。

私は、それを羨ましいと思うのですが、
そのような早い時期に気付かれると、
周りと歩調が合わずに、
生き辛さを感じられたことも、
多々あったのではないか?とも思います。

未来の自分との会話

SARAさんは、中学2年生の時、
生きる気力を失い、死にたくなるような
時期があったそうです。その時、
後、3日だけ生きろ!と言う声が聴こえたそうですが、

後から、それは、未来の自分の声
だったと気付かれた。

そのような声が聴こえた事は、
私も過去に一度だけ経験があります。

23歳か24歳ぐらいの時に、
絶望体験をしたのですが、
その時、とても、静かな口調で、
しかし強く囁くような声で、
そのような声が聴こえました。

身も心もボロボロだったのですが、
何だか、とても懐かしい感覚でした。

これは、未来の自分の声だったのかは、
定かではないのですが、この話を聞いて、
そうだったかもしれないなと思いました。

大体、死にかけたり、かなり窮地に陥ると、
何だか不思議な事が起きたりしますね。

人生のシナリオとパラレルワールド

これは、私もスピリチュアルな学びを続ける中で、
思い悩んだ時がありましたが、パラレルワールドの話と、
人生のシナリオの話。どちらが、正しいのか?

どちらも正しいのか?

パラレルワールドは、選択できると言います。
一方で、人生のシナリオでは、
その選択さえ決まっていると言います。

SARAさんの見解では、生まれる前のシナリオ通り。

これは、私の意見とも一致していて、
この人は、本物の情報を伝えている方だと思いました。

今、スピリチュアルな
情報を伝えている方が増えていますが、
私が本物だと思う方は、
大体、この意見を伝えられています。

どのパラレルワールドを選ぶかもシナリオ通り。

遊びの部分として自由意志がある。

自由意志で決めたことがシナリオ通り。

そんなことを、かなり前に伝えていた、
小林正観さんは、やっぱり凄い人です。

小林正観さんの三大話

すべてが決まっていると言うことは、
悩みに悩んで決めたことも、
パッと選んで決めたことも、
結果は、同じと言えるかもしれません。

正観さんは、あの時、ああしておけば良かった
と言うことは、一切ないと言いましたが、
上映されている映画の中身は、決まっているので、
結局、そうなるようにしか、なっていなかったのですね。

だからこその、そう思う心があっただけ。

だけど、自由意志で決めたことが、
シナリオ通りと言うことは、

自由意志として、
運命は、自分の力で、
いくらでも変えて行ける。
開いて行ける。

現実は、その都度、
自分で創っているし、
創り替えられる。

パラレルワールドに移動できる。
シナリオの書き換えが出来る。変更できる。

こちらの意見も正しい訳ですよね?

だから、それを違うと言ったり、
否定する必要もないのですね。

自由意志としては、それも正しい。

そもそも世の中の大多数の人は、
すべてが決まっていると言うことは、
受け入れられないと思うし、
知らなくてもいいことなのかもしれない。

すべてがシナリオ通り。
100%決まっていると言う話は、
事実だとしても、多くの人達の夢や希望を
潰している可能性もあるのですね。

だから、時には、
意見を合わせることも、
大事だと思います。

まぁ、シナリオとしては、
辛い事や大変な事。苦しい事。悲惨な事。
魂が、その道を通る事を選んだのは、
愛が、より大きくなるからだそうです。

一人一人の人生が、
100%決まっていると言うことは、
一人一人の現実の、どのワンシーンを
切り抜いたとしても、それは、
その人の魂が体験してみたかったこと。
どのワンシーンも、有り難いこと。

平凡で、つまらない人生に思えても、
悲惨な人生に思えても、
波乱万丈で大変な人生に思えても、
魂的には、その映画を誰よりも観たいと望んだ。
その映画の中に入って体験したくて仕方なかった。
だから、魂的には、すべてのすべてが有り難い。
ありがとうと言う言葉は、
それを受け入れると言うことだと思います。

余談ですが、確かにSARAさんは、
凄腕の占い師さんかもしれません。

しかし、世の中に、100発100中で、
当たる占い師は、存在していないと思います。

そのような謳い文句で、
紹介されている人は、いますが、

どれほど、当たると言われている
占い師さんや霊能者さんの言うことであっても、
自分が、それを信じるか、信じないか。

凄腕占い師や霊能者の予言でも、
外れる時は、外れるし、
当たらない時は、当たらない。
時期がズレと言うことも、よくあるようです。

とにく悪い予言。気分が落ち込むような人の意見は、
どれほど、名がある人が伝えていたとしても、
それを信じる必要は、ないと思います。

意外と、悪いことを言って不安や恐れを抱かせて、
リピーターにすると言うような占い師さんも、
世の中には、それなりに、いるようです。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, ユーチューバー, 占い, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.