スピリチュアルな危険 日記

スピリチュアル貧乏

更新日:

私も、このようなブログを書いてる手前、
人のことを言えたあれではないですが、
スピリチュアルにのめり込んで、
お金を注ぎ込んでしまったり借金をしたり
と言う人も世の中には、多いようです。

現実問題として、結構なお金を使った結果、
何も残らないと言うことも、よくあるようです。

スピリチュアルのセミナーやセッションの値段も
ピンキリで高いが良くて安いが悪いわけでもないですが、
全体的には、低俗スピが蔓延していると思います。

安物買いの銭失いではないですが、
安いモノでも、あっちこっちと
やっていたらお金がなくなります。

今、流行のオンラインサロンなども
色々ありますが、確かに、私も、
いいなぁと思うモノは、ありますが、
あっちのサロンに入って、
こっちのサロンにも入ってとやっていたら、
時間も、お金もかかります。

入るにしても一つ、二つぐらいに、
絞った方がいいような気がします。

本当の真理と思えるモノと
出会っているならいいですが
偽物のようなモノに、これこそが真実だと思って、
のめり込んでいる人もいるでしょう。

何が偽物で何が本物かと言うのも、
スピリチュアル業界の
分かりずらい事ではあるので、
スピリチュアルは、
動画を見たり、本を読む程度に留まって、
セッションやセミナーなどは、
本当に、これはと思ったモノに
顔を出すぐらいでいいのではないか?と思います。
(これこそが危険な罠であることもありますが。。)

今、スピリチュアル業界で話題の
統合ワークも、私は、詳しくは知りませんし、
あれが悪いと言うつもりもないですが、
それに依存したり執着している間は、
恐らくですが何も変わらない気がします。

勿論、統合ワークで目覚めた起きた人も
いるようなので、ちゃんと使いこなせれば、
いいモノなのでしょう。内山エナさんとかは、
お会いした事もワークに参加したこともないですが、
私は、結構、好きです。顔もタイプです。

だけど、統合ワークは、
本当に腑に使いこなせる人と
使いこなせない人がいるような気がします。

何も変わらないのに、いつまでも続ける。
これは、どうなのでしょうね?
金銭的に余裕がある人ならいいのですが、
そうでなければ、これも、
スピリチュアル貧乏になってしまいます。

宇宙人や天使や龍の話も、
そのような存在は、いるのでしょうけど、
そちらばかりに捉われるのも危険な要素だと思います。

私は、本物のスピリチュアルリストは、
どちらかと言うと現実的な話をされている人だと思います。

パワースポットや神社。神様。
それらの場所へ足を運ぶのもいいですが、
神は、自分の中にいる。自分の中の神を
ないがしろにして、外の神ばかりを意識しても、
外側の存在に依存心が強まる。

宗教なども悪いとは、言いませんが、
家の中の問題が多くて、
そちらの道に行く人が多いのですが、
宗教活動ばかりに熱心になって、
現実的にやるべきことをやっていなかったり、
家の中の問題に目を向けず宗教活動に、
熱を入れれば解決すると思っていたりします。

私の母親も熱心な宗教者でした。
しかし、肝心な事をしないし分からない人でした。

確かに怒鳴り声と暴力が、
蔓延している家庭内でしたから、
宗教にすがりたくなる気持ちも分かりますが、
相談機関、専門家を頼ると言う事は、
しない人でしたね。その辺の事には無知でした。
その結果、家庭内問題は、さらに大きくなって、
気付いた頃には、手遅れのような状態になっていました。
詳しい事は他の記事で書いていますが、
私の家系では、今すぐ精神病院に、
措置入院させなければならない状態の人が、
何人もいましたが、誰一人として、
精神科に行った事さえなかったです。
その結果、問題は、エスカレート。
あれでは、何の為に熱心な
活動をしていたか分かりません。

スピリチュアルを何も知らない人の方が、
問題を外側のせいにしない人も多いので、
結構、真理を分かっていたりします。

勿論、すべての人がとは言いませんが、
スピリチュアル大好きな人の方が、
低俗な所で留まっていることも多い。

見えない世界は、魑魅魍魎。
お花畑のような罠もある。
神や天使や宇宙人やハイヤーセルフ。
それらに化けた次元の低い存在が、
もっともらしい事を囁いている事もある。

スピリチュアルは、
中途半端な学びでは、
危険が伴う事があります。

学ぶなら徹底的に色んな角度から学ぶ。
奥の奥の真髄に辿り着くまで求める。

そうでなければ、スピリチュアルな世界に
足を踏み入れない方が安全だと思います。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな危険, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.