スピリチュアル 仏教 動画 日記 非二元

二極化。闇を捨てなくてもいい???

更新日:

二極化と言えば、光一元。愛一元。

そちらの世界に行くと思っていましたが、

光か闇かのどちらかと言うのは、
どうやら違うようです。

光りの世界へ行くのですが、
闇を優しく包み込む光りの世界。

統合と言うのは、闇も光も持っている。

闇を持っているのだけど、その闇を使わない。

闇を包み込んでいるのが統合。

この話を聞いた時に、私は、
統合ワークと言うモノが、
イマイチ好きになれなかったのですが、
そう言うことだったのかなぁと思いました。

統合ワークが悪いわけではないと思いますし、
私は、統合ワークのことは、あまり知りません。

統合ワークは、ネガティブを手放して、
闇を光に変換すると聞きますが、

その時に、闇を毛嫌いしているのは、
違うのかもしれません。

闇を毛嫌いしなくてもいい。

闇を捨てなくてもいい。

闇を批判しなくてもいい。

闇を否定しなくてもいい。

そもそも、肉体を持つと、
必ずエゴが入るようになっていると聞きます。

エゴがないと地球で生活するのにおいて、
分からない事が多くなり過ぎるそうです。
身の危険なども感じ取れなくなってしまう。
肉体を持つと言うことは、イコールでエゴも持つ。

闇も、きっと同じようなことだと思います。

闇と光も、人間は、闇を内在しているモノで、
それを包み込んで上がって行く。

確かに言われてみれば、
闇を、ああだこうだと言っていれば、

光以外のモノを毛嫌いして、
否定、批判、糾弾をしている。

白があるから黒が分かる。

白だけあっても黒は、分からない。

善人だけいても、善人の良さが分からない。

完璧な人もいない。人間である以上、どこか不完全。

ワンネス。一つで全体。

罪を憎んで人を憎まず。

いつ何処で、誰が、
どんな事をしていたとしても、

その時、その人は、その場所にいて、
そうする事も決まっていたし、
その人の魂は、そこしか選択の道がなかった。

だから、誰も裁く事は、出来ない。
唯一、裁けるのは、本人のみ。

深く傷つけあったとか、
深く憎しみあったとか、
深い因縁があったと言うのは、
そのまんま深いご縁なのですよね。

憎しみあっても、
傷つけあっても、
魂同士では仲良し。

だからこそ嫌な役をやってくれる。

いい人の役や善人の役。
これは、魂的には、無難な道ですよね。

奈落の底。海の底。底の底に光があった。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 仏教, 動画, 日記, 非二元

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.