世の中の事など 動画 日記

コロナワクチン打つべきか、打たざるべきか。。。

更新日:

答えは、どちらでも良い。

ワクチンは、危険だと言う話もあります。

それが気になるのであれば、打たなければいい。

しかし、会社や学校などで半強制的に、
打たないとならないケースもあると思います。

打ちたくないのに、どうしても、
打たなければならないのであれば、

出来る限り、安心できる情報を見たり聞いたりして、
その不安を和らげることが大事になるでしょう。

どうしてもでない人は、
今しばらく様子を見た方がいいと私は、思います。

打つのも打たないのも、
個人の選択の自由なのですが、

個人的には、幼児や高齢者は、
ワクチンによって、副作用を受ける
影響が大きい可能性もあるので、

今、ワクチンを打つ事は、
あまり、お薦めできないですね。

もう少し時期が経つと今のワクチンよりも、
緩和されたと言うか、今のワクチンよりは、
安全なワクチンが普及するようなので、
焦って、今、打たなくてもいいと思います。

もう一方では、今が、コロナワクチンの第一段階。
今後、第二段階。第三段階のワクチンが出る話もありますが、
皆が安心した頃が一番、危険だと言う話もあります。

スピリチュアルや陰謀論が好きな人の間では、
ワクチンが危険と言う話は、有名なので、
打たない人が多いと思いますが、

危険だ危険だと騒ぎ立てるのも、
ワクチンを打つ人や、打った人への
不安を煽っている要素もある。

絶対に打っては、いけないと言うほど、
危険ではないと私は思っていますが、

絶対に打ってはいけないと
必死で訴えている人達もいます。

気になる方は、以下のリンクを参照してください。

コロナが起きることを予言していた。インドの最年少占星術者。アビギャ・アナンドさん。

気にし過ぎるほど、
危険ではないと言う話に戻りますが、
むしろ、ワクチンに対する恐怖心が、
コロナウィルスと同じ影響力に
なってしまう部分もあるような気がします。

確かにワクチンには、色々、
よくないモノが混ざっていると言う話は聞きますが、

今までインフルエンザなどのワクチンを
何の疑問もなく普通に接種されていた人達の方が、
世の中には、多いと思います。

私もインフルエンザのワクチンを
当たり前のように接種していた時期もあります。

コロナワクチンは、
その非でないぐらい危険だ
と言う話もでているようですが、
危険だ危険だと騒ぐのは、
そのお役目の人達にまかせて、

私達は、個人の自由意志を
尊重していればいいと思います。

家族や友人などで、
ワクチンを打ちたいと言っている人達を
無理に止めなくてもいい。

その人達は、打つ事で不安が解消される。

そもそも、コロナ騒動が治まる為には、
ある程度の人がワクチンを打つ必要も
あるような気もします。

ワクチンの副作用に関しても、
打つ人が症状を訴えるから分かるわけで、
誰も打たなかったら分からないままです。

一説では、コロナ騒動が治まるまでには、
後、2~3年かかると言われていますが、
その第一歩が、このワクチンなのですよね。

2~3年経って、コロナがなくなるわけではなく、
インフルエンザのように、コロナ事態は、存在する。

だけど、その頃には、風邪やインフルエンザと
同じような扱いになっているかもしれません。

ちなみに私は、今の所、
ワクチンを打つつもりは、ないです。

コロナ騒動で騒ぎ、
今度は、ワクチン騒動。

ツイッターの方だと、
「コロナワクチン 不正出血」で検索されると分かりますが
この話題でプチ炎上騒ぎになっているようです。

私の個人的な見解だと、
人間、死ぬ時は、死ぬし、
病気になる時は、なる。

だから、打つのも打たないのも、
個人の自由ですが、ジタバタしないこと。

強制ではないので、自分は、
どうしたいか?問われています。

みんながやっているから。
家族が打つから。会社の人が。
友達が。周りでなくて、
自分は、どうしたいか?

しかし、実際問題、学校にしても、
会社にしても、人が集る場では、
周囲への影響も考えないとならない。

会社としても強制ではないですが打って欲しいと言う
会社側の意向があるようです。

私も周りの事を考えたら、
打っとくべきかなぁと思いはじめています。

だけど、それぞれの人が自分で決めていいので、
周りも、その人の自由意志を尊重すること。

打つ事を避けられないのであれば、
免疫力を上げたり、恐怖心を取り除いたり、
解毒をしたりが大事になると思います。

今の所、打った証明書を出せ等は言われないようなので、
打ちたくない人は、打った事にしておく
と言うのも一つの手ではあると思います。

打つか打たないかは、自分自身で、
とにかく情報を調べるしかないと思います。

誰かが、ああ言っていた。こう言っていた。
それらを参考にしながら最終的には自分で決める。
誰かや何かのせいにしていれば、自己責任ではなくなります。

スポンサーリンク



-世の中の事など, 動画, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.