スピリチュアル スピリチュアルな危険 読書

宇宙人コンタクティ。高野慎介さんの本を読んでみました。

投稿日:

今回は、高野慎介さんの
「人類誕生以来の超巨大シークレット
地球人の脳は宇宙人に乗っ取られている」
と言う本を読んでみました。

まず、この本の内容は、恐ろしいです。
恐ろしいですが、スピリチュアルな危険としては、
知っておいた方がいい事だとも思います。

宇宙人コンタクティとは、
宇宙人とチャネリングなどを通じて、
テレパシーで通信できる人のことを言うそうです。

スピリチュアル好きの人の間では、
チャネラーと呼ばれている人のことと、
恐らくは、同じ意味だと思います。

宇宙船には、ワープ技術があるので、
私達がイメージしているような
宇宙船に乗って移動すると言う必要は、ない。

時間と空間を操作できるので、
瞬間移動のような技術で移動する。

重力操作も出来る。

そして、わざわざ移動する必要がない事も多い。

その場にいながら、地球や銀河の
色んな事が把握できている。

宇宙人の技術を使えば、
意図的に地震を起こす事も出来る。

考えてみれば、現代は、
これだけAIなどの技術が
発達しているのに、

事前に、それを予知して、
避難するような事が、
未だに出来ないと言うのは、
そう言う事なのかもしれない。

宇宙人は、何千億人といるので、
地球と言うのは、宇宙の中の
水族館や水槽のような場所。

宇宙には、星々を管理、
監視している存在もいる。

相対性理論が成り立つのは、
地球内や、その周りの、
ごく一部でのこと。

相対性理論が、
まったく当てはまらない
星や銀河も多い。

宇宙人は、人間の脳に憑依して操る事も出来る。

地球人の脳や思考や精神を遠隔操作する事が出来る。

地球内でも幽霊の憑依と言う事がありますが、
宇宙内でも宇宙人の憑依と言う事がある。

悪の宇宙人が影響力の強い人間に憑依して、
その人の意識を意のままに操ると言う事がある。

または、無名な人が宇宙人に憑依された後、
力を得て有名になると言う事もある。

スピリチュアルな情報発信者の方は、
結構、それらの存在に狙われやすい。

素晴らしいことを伝えていても、
おかしな宇宙人と繋がっている事がある。

政治家などを操る特定の宇宙人種族もいるようです。

悪の宇宙人は、ゲームのように、
地球人を利用して楽しんでいる存在もいる。

以前、誰かが言っていましたが、
宇宙人のテクノロジーを駆使すれば、
一瞬で地球を消滅する事も出来るそうです。

(本当の良い宇宙人が、
それを阻止していると言う話もあります。)

悪の宇宙人は、
地球人の意識を乗っ取り、
人間をアバターのように利用し、
操作すると言う事をやって楽しんでいる。

マインドコントロール出来る、
地球人が増える事を目論んでいる。

例えば、テロリストには、
それを手助けするような
宇宙的存在がいたりする。
(本人が自覚しているかどうかは、謎。)

この世で大事件を起こす人なども、
宇宙人に操作された操り人形だった
と言う事も、実は、よくあるそうです。

この世で、大悪人と呼ばれた人も、
実は、都合のいいように操られていた
被害者だったと言う事がある。

悪の宇宙人が関与している
テクノロジー犯罪などもある。

テクノロジー犯罪についての動画

地球に隕石が落ちるなどの事も、
宇宙存在が、重力操作で、
意図的にやっている事がある。

私達が認識している宇宙の
外側にも別の宇宙がある。

昔は、宇宙人が、地球を使って、
恐竜作成ゲームのような事をしていて、
地球上に恐竜が、たくさんいた時代もある。

宇宙人が作った恐竜。
その恐竜達が遊ぶ場所。

それが地球と言う名の
ジュラシックパークだった。

恐竜の脳を操作、
コントロールして、
地球で遊んでいた。

今度は、哺乳類を育てる為に、
恐竜を絶滅させた。

悪の宇宙人にとって、
地球や地球人は、
遊ぶ為のオモチャ。

私達、人間の子供が、
オモチャで遊んでいるのと
同じような感覚になるのでしょうか?

悪の宇宙人がやっている事は、
想像以上に性質の悪い事。

だけど、恐竜をコントロールしていた
宇宙人は、本来、人間の前に、
恐竜人を作る予定だったらしいですが、

別の宇宙人が意図的に隕石を落下させて、
その計画は、失敗に終わったそうです。

そもそも地球の人類は、
宇宙人の監視下の中にあるので、

恐竜のように操られていた時代があった。

今でも、人間の意識を乗っ取り、
ロボットのように操ろうとしている。

既に操られている人達も、
それなりにいる事でしょう。

宇宙人の技術、テクノロジーは、
発達していますが、思考や精神が幼稚な存在も多い。

この世で言う精神病のような存在の宇宙人もいる。

そして、この世の精神病の人も宇宙人の遠隔操作で、
そのような症状になっている人も多いらしい。

しかし、この本は、
2017年に出された本のようで、
今の宇宙の情報は、変わってきている部分もあるようです。

音楽芸術セラピスト。佐藤玲奈さんの危ない話???

でも、今でも、宇宙人に遠隔操作されている人は、
それなりに、いるのではないか?とも思う。

遠隔操作されると行動、言動、思考を操作されるので、
それによってSNSや動画で発信したりもする。

それは、その本人の考えではなくて、
宇宙人の考えを言ったり書いたりしている。
文字通り宇宙人のアバターになっている状態。

スピリチュアル系のユーチューバーの方も、
そのような存在に操作されると、悪の宇宙人が、
そのまんま喋っている事になる。

スピリチュアルな世界以外でも、
有名な人ほど宇宙人の代理人のように
なっている事があるようです。

だけど、私達、人間も、テレビゲームなどでは、
普通にキャラを動かして戦っていたりします。

画面上で、そのキャラを自分の思い通りに
コントロールしています。

悪の宇宙人がやっている事は、
感覚的には、それと同じかもしれない。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, スピリチュアルな危険, 読書

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.