スピリチュアルな危険 人間観察 占い 日記 霊障

サイキックヒーラーや霊能者や占い師を頼る時の注意点。

更新日:

霊能者。ヒーラー。占い師。チャネラー。

それらの人を頼る時に、
多くの人が勘違いしているのは、
よく当たるから凄い。
よく見えるから凄い。
超能力などが凄い。

凄い=すばらしい。

確かに、凄いかもしれませんが、
イコールで、すばらしい人ではないと言うこと。

その人が持っている能力と人間性は、別物。

さらに、不思議な能力などは、
魔界の存在の力を借りていたり、
それらの存在が、その人に、
憑いていることもあるのですよね。

能力だけに依存したり、
凄いと思ってしまうのは、
大きな間違いであります。

勿論、人間性も素晴らしくて、
能力も素晴らしい人もいるでしょう。

だけど、当たるから視えるから、
それだけで、凄いと思うのは、大間違い。

メチャクチャに
よく当たると評判の占い師や霊能者。

そのような人達が、
キツネ憑きやタヌキ憑きのことも、
よくあるそうです。見る人が見たら、
その人の後には、尻尾が生えていたりするようです。
(私には、視えないし分かりません。)

霊能者は、エゴが強くなりやすいので、
その隙間に、それらのモノが入りやすいそうです。

人間性と言うのも結構、曲者で、
あからさまに分かりやすい人もいれば、
いい人に見えるような演技をしている人もいる。

本当に凄い人と言うのは、普段から普通の人。

普通の人でありながら、よく視えたり、
能力が凄かったりする人だと思う。

ミカエルなどの天使。
バシャールなどの宇宙人。
聖者や神様と繋がってのチャネリング。

チャネリングの危険性としては、
悪霊の類が、それらの振りをして、
チャネリングしている事もある。

そのチャネリングを商売としてやっているなら、
本人とお客様と言う二重の被害になるのですが、
どちらも、本物の天使や神の声だと思っている。
(実は、このような事は、メチャクチャ多いらしい。)

だから、全然、気づかれぬまま、
その商売が続けられてしまう。

高次元や天使や神様と言う
言葉に惑わされないでください。

↑のエミールさんの動画を拝見すると
高次の存在は、指示を出さないと言われています。

能力者を頼る際にも、その人が、
そのような裏を見抜く力がある人かどうか?
と言った所を、まず判断してください。

仮に悪いモノと繋がっていなくても、
チャネリングと言うのは、チャネルする人の
主観が入りやすいモノだとも聞きます。

悪の宇宙人から吹き込まれた事を
ユーチューブなどで発信して
人気を集めている人もいるそうです。

そのような事を見破った人からは、
闇の勢力のスピーカーと呼ばれていたりします。

まさか・・・嘘?本当?宇宙人は・・・

昔ほどではないにしても、
見えない世界には、
見えない存在の危険が付き物です。

悪霊祓いをする人が
悪霊に取り憑かれていると言う
笑えるのか笑えないのか
分からないようなこともあるようです。

意外とバシャールや
アシュタールとチャネリングしている
有名な人も危険だと言っている人も多いですね。
(これも、私には、事実かどうか分かりません。)

本当の高次の存在は、必要以上には、
干渉し過ぎないと言うことがあるようです。

ペラペラと宇宙の情報を伝えているのは、
もしかしたら、違うのかもしれませんね。

この世でも、毒親と呼ばれる人ほど過干渉。
人格者の親ほど、必要以上には、
子供の人生に介入しない。

神様と呼ばれる存在も同じで、
ああせい、こうせいと強制したり、
命令したりと言う類のモノは、
まず、低い存在のモノと
思って間違いないでしょう。

分かりやすいモノだけではなく、
非常に分かりずらい形で、
接触していることもあるようです。

占い師や霊能者を頼る際に、
そのようなことに気をつけるのと同時に、
そのような事に、注意を払っている人を
頼るのが良いでしょうね。

だけど、あまり気にし過ぎても、
占いやチャネリングなどを
楽しめないと思うので、このようなことは、
頭の片隅において置くぐらいでいいかもしれません。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな危険, 人間観察, 占い, 日記, 霊障

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.