日記

人生は、カルマによって結構、決まっている???

更新日:

これは、私が色んな情報を得た中で、
このような傾向があるかな?と思ったことです。

生まれる場所。生まれた環境。両親。家系。

いつ何処で誰と出会い何を体験するか?

いつ病気になるか?いつ死ぬか?

これらのことも、
生まれ出る前に自分で、
決めてきたことかもしれませんが、
一人一人の人生は、皆バラバラであります。

このバラバラの人生の元が、
カルマではないか?と思います。

非二元などでは、カルマさえも、
存在しないと言う話になると思いますが、
ストーリーの中の人生では、カルマが存在する。

このストーリーを決めているのもカルマ。

縁は、カルマによって起きるし、
出来事も、カルマによって起きる。

人生もカルマによって、
大方、決まっていると思う。

あの時、ああしておけばよかった

と思うようなことも、カルマによって、
そうするしか出来なかったと思う。

その時、その道を選んだ。
その時、その選択をした。
それが、カルマの為せる業。

あの時、ああ出来なかった。
それが、カルマの結果。

カルマによって、
その時の、その思考、その感情、
それを選択するようになっていた。
そのカルマがあるから、それを選んだ。

恐らくは、思考や感情も後付されたモノ。
カルマによって、その選択をし、
そのように行動をするようになっていた。

カルマがあるから罪の上に罪を重ねる。
カルマの上にカルマを重ねる。
この流れが中々、断ち切れない。

例え、この世に善悪がないとしても、
深い部分で罪悪感のようなモノを
自分の潜在意識に刻んでしまう。

人生の中で金持ちになるのも、
貧乏になるのもカルマ次第。

貧しくても心が豊かなら幸せかもしれませんが、
心が豊かになるか貧しくなるかもカルマ。

だけど、意図的にカルマの解消を
することは、可能である気がします。

そうするのも、カルマと言えば、
それまでなのですが、カルマの中で、
カルマを軽くしようと思えるカルマ。

故・船井幸雄さんは、
この世は、カルマを刈り取る為の
刈る間と言う場所だと言いました。

天才発明家と呼ばれた、
故・政木和三さんは、

前世で残虐な行為をしたり、
悪徳をはたらいた人は、
現世でその償いをしなければならない。

そうしないと必ず前世の
報いを受けることになる。

と言う言葉を残されています。

故・知花敏彦さんは、こう言いました。

カルマがあるから肉体を持って
この世に生まれて来る。

カルマによって、
この世に舞い戻ってくる。

だから、この世は、罪人の集団。

毎日が、カルマ解消の場。

カルマは、日常生活の中にある。

良い種を撒く。悪い種を撒く。
その収穫結果がカルマ。

真我に目醒めると、
自分の中にある善も悪も消える。
その時に、カルマも消滅できる。

(真我ビジネスの中には、
悪質なモノもあるようなので、
気をつけてください。)

最近だと統合ワークで、
カルマの手放しをする人もいるようですが、
私は、どうも統合ワークを
好きになれないと言うか、
合わないと言いますか、

カルマの解消は、昔から、
いい伝えられている善行を行う。徳を積む。

こちらの方が遠回りのようでいて、
近道のような気がしています。

善因善果。悪因悪果。

真理は、単純なことの中にあると言います。

古き時代から今日に至るまで、
このようなことが言い伝えられているのは、
やはり、それなりの意味があることだと思う。

まさか???本当???世の中のほとんどの人は、地獄に墜ちる???

死後、ほとんどの人が
地獄に墜ちると言う話もありますが
たとえ、そうであったとしても、
死後に、この世のカルマを洗い清めるのであれば、
それは、それで良いことかもしれません。

だけど、なるべくなら、
この世で浄化しておきたいですね。

スポンサーリンク



-日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.