スピリチュアル 動画 日記 映画

映画「ソウルフル・ワールド」を観ました。

投稿日:

私が、この映画を観ようと思ったのは、
以前、コスモボーイさんが、
ユーチューブで感想を話されているのを見て、
これは、面白そうだなぁと思ったからです。

コスモボーイさんの話。。。

生まれる前の魂の世界。

そこでは、どんな人生にするのかを決める。

そもそも時間は、存在していない。

私達が過去の時代と思っている時代。
未来の時代と思っている時代。
それは、同じ時に同時に存在している。

生まれ出る前の魂の状態。
魂のレベルのようなモノがあって、
(レベルと言う表現は、
適切でないかもしれません。)

いつの時代に生まれるかを
自由自在に選択できる魂もいれば、
ある程度、決められた制限の中で
決められる魂がいるようです。

だから、今の時代、今の地球を選んで
生まれて来た人は、かなり運が良いらしい。

今の若い人は、魂の意志を明確に
決めて来ている人が多いような気はしますが、
昭和時代や平成初期の時代は、自分が
何をしに来たのか分からなくなっていた人も
多かったような気がします。

昔の時代でも、幼少期から
天才的な才能を発揮して、
世の中にも認められる人は、
そのような役目が明確だったのでしょう。

しかし、世の中の多くは、私を含め、
魂の目的を忘れてしまっている人が多い。

この映画は、それを思い出す、
一つの、きっかけになるかもしれません。

ユーセミナー

ピアノやトランペットの演奏。
ユニークで楽しそうな出だし。

魂の大行列のシーンは、
昔、アニメ・ドラゴンボールで見た、
閻魔大王がいる死後の世界を思い出しました。

死後の世界とは別に、
魂が生まれ出る前の世界もある。

生まれ出る前に魂を癒す場所がある。
そして、次に生まれ出ることを学ぶ。

その場所のことを、この映画では、
ユーセミナーと言われていました。

ここでは、人間が感じる五感の感覚が、無い。

ネタバレになるといけないので、
詳しいことは、書きませんが、
生まれ変わりの話とは、違います。

人間界

生まれ難し人間界。

生まれ出る前は、バンジージャンプのような
飛び込む勇気がいると言うか、あの世で、
大体のことを決めて分かって生まれるかもしれませんが、
肉体に入る前に観る世界と実体験の世界は、違う。

やっぱり、人間界に飛び込む前は、
冒険心も、いっぱいかもしれませんが、
恐怖心も、かなり大きいのかもしれませんね。

そして、やっとの思いで生まれても、
私自身が生まれて間もなくして感じた、
こんなはずではなかったと感じたことや、
何故、こんな所に生まれて来たのか?
と言うことも、多くの人が思ったことかもしれません。

何故なら肉体的な感覚が無い魂の状態で見るのと、
肉体に入って感情などをモロに体験するのは、
衝撃が違いすぎる。映画や漫画、ドラマやゲーム。
それを画面の外から見るのとキャラクターの中に入り込む違い。

なんだかんだで人間界は、大変ですね。

大変だけど、それを体験したくて生まれて来た。

そして、大変とさえ思わなくなることもある。

生きる意味

映画の中で「生きる意味など必要ない」
と言う台詞がありました。

私達は、意味を考えたりしますが、
もしかしたら、すべてのことに、
意味など存在しないのかもしれない。

生きる意味があるとしても、
それは、何か大きなことを
成し遂げることではないかもしれない。

日常の何気ない、ささいなことの中に、
あるのかもしれない。日常の何気ない中に、
いくつも、存在するのかもしれない。

コスモボーイさんが言うには、
この映画のような世界は、
実際に存在するようですが、
これは、違うなぁと思う部分もあったようなので、
冒頭で紹介したコスモボーイさんの動画と合わせて、
ご覧になるといいかもしれません。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 動画, 日記, 映画

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.