日記 美容

朝倉未来さんが視力を回復させた手術。LASEK(ラゼック)とは???

投稿日:

朝倉未来さんが
動画の中で言われていましたが
その昔、視力回復手術を受けて、
どちらかの目の視力が、
0.02から1.6になり、結果的に、
両目共に1.6になったそうです。

視力が悪い時は、周りから、
目つきが悪いと言われていたそうです。

このラゼックは、レーシックとは、違うそうです。

まず、決定的な違いは、ラゼックは、手術後も打撃を
受けても大丈夫なようで、格闘家は、レーシックよりも、
ラゼックの方が、後の都合がいいようです。

だから、格闘技選手は、ラゼックを選ぶ人が多いらしい。
だけど、ラゼックの方がレーシックより値段が高いらしい。

値段が高くて痛みも伴う、
ラゼックのメリットは、
果たして、どこにあるのでしょうか?

レーシック

角膜を削って視力回復。

ラゼック

角膜に直接、レーザーを照射する。

ラゼックとレーシックの大きな違いは、
手術の際や手術後に痛みが伴うか、伴わないか。

ラゼックは、かなり痛みが伴う手術だと言われています。

この痛みの激痛は、半端でないそうです。

やった人は、目の拷問だと言います。

格闘家の人の場合だと、
顔面をボコボコに殴られた時と
同じ感覚なのでしょうか?

手術後も一ヶ月ぐらいは、痛みが伴うらしい。
日常生活にも支障が出るレベルのようです。

だけど、レーシックよりも、
角膜上皮の細胞を多く残すことができるので、
眼球の強度がレーシックほどには低下しない。

元々の目の機能を残したままになっているので、
こちらの方が自然体に近いのでしょうね。

やったことがない私が言うのもあれですが、
先々のことを考えたら痛みを伴ってでも、
元々の目の機能を残したままのラゼックの方が
良さそうな気がします。

でも、レーシックも稀に失敗する事があると聞きますし、
ラゼックは、手術後も痛いモノだと思って過ごしていたら、
失敗していた時に気づきずらい可能性もあるような気がしました。

そして、検証データとしては、まだ、レーシックにしても、
ラゼックにしても、手術後、1年後、2年後であれば、
まだ大丈夫だと思いますが、20年後や30年後の
データと言うのは、まだまだ少ないと思います。

そのような時が経ってから、どのように変化するのか?
副作用のようなモノは、ないのか?視力低下しないのか?

その辺の問題もあると思うので、手術を受けた後も、
どれぐらいの期間かは分かりませんが、
定期的な検査は、必要なのでしょうね。

データと言うのも、あくまで統計。
大まかな共通項は、あるのでしょうけれど、

微妙な所も含めれば、100人いれば、
100通りの結果が出るモノだと思います。

しかし、目に過度な衝撃を受ける可能性がある人は、
ラゼックの方がいいと言いますが、一般の人でも、
いつ、何処で、何が起きるか分からない。

例えば、事故などで強い衝撃を
目に受けることもあるかもしれないし、
先々のことを考えたらラゼックの方が
良さそうな気もします。

だから、今後は、もしかしたら、
レーシックよりラゼックを選ぶ人が
増えて行くかもしれませんね。

今は、痛みが伴うのが当たり前のようですが、
そのうち技術面の向上などでラゼックで、
痛みが伴わないようになれば、恐らくは、
多くの人達は、ラゼックを選ぶようになると思います。

スマイル

ReLEx SMILE(リレックススマイル)

スマイルと言う視力回復手術もあるようです。

レーシックとスマイルの違いは、
目にフラップと言うモノを作成するか、しないか
と言う違いのようです。(レーシックは、作成する)

フラップとは、目を20~30mm切開することのようです。

スマイルでも、2mm~3mmぐらいは、切開するようですが、
レーシックと比べたら、かなり幅が狭いですよね。

スマイルでは、膜を作ると言うことが行われるそうです。

手術後の痛みも殆どないと言われているので、
ラゼックと甲乙付け難いかもしれません。

と言うより、ラゼックとスマイルでは、
どうなのか?と言う問題もあると思います。

リレックス スマイル 研究会

スマイルは、ラゼックと同様、
その後も、格闘技や激しいスポーツをしても
大丈夫なようです。(手術後一ヶ月は、安静)

手術も10分ぐらいで終わるそうですが、
その後の定期的な通院の必要はあるようです。

でも、これは、逆に言えば、手術後の
メンテナンスをちゃんとしてくれる
と言うことでもあると思うので、
これは、良いことだと思います。

細かい情報を集めたわけではないので、
何とも言えませんが、今の所、
このスマイルの手術が視力回復手術の中で、
一番、高額になるようです。

スマイルのデメリットとしては、
視力回復手術の中では、一番、
新しいモノなので、まだ、手術後の
検証データが、一番、少ないということでしょうね。

そして、いずれにしても40万円未満の
ケースが多いようなので、どの手術を選ぶか?
どのクリニックを選ぶか?と言う所ですよね。

スポンサーリンク



-日記, 美容

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.