ビジネス ブログで稼ぐ 日記

月収1000万を稼ぐブロガー・ネットニュースラボさん

更新日:

新年明けまして
おめでとうございます。

新年のお知らせ。

この度、このブログの内容を
少し路線変更しようと思います。

今まで通りスピリチュアルな記事を
書きながら、もっと色んなジャンルの
記事を書いて行く予定です。

そのような思いに至ったのは、
とあるブログの存在を知ったからです。

ネットニュースラボさん

私は、最近、知ったのですが、
月収1000万円を稼ぐ
有名なブロガーさんがいます。

その人名前は、web軍師さん。
書かれているブログは、
ネットニュースラボ
と言うブログのようです。

ネットニュースラボ

収入源は、このブログだけでは、ないようですが、
このブログも、かなり参考になります。

今は、ライターさんを
何人か雇って運営されているようです。

カテゴリも多岐に渡る。

ブロガー界隈では、
ゴチャ混ぜの雑記事では、
グーグルからの評価がイマイチで、
アクセスも集らなければ、
稼ぐことも難しいと言われています。

ネットニュースラボさんは、
このような常識を見事に覆した方です。

色んなブロガーさん達からの
評価も高いようです。

ブログを拝見しても、
脱毛や転職と言った
高額アフィリエイト案件を
上手く取り入れている感じです。

一つの記事も、かなり長文です。

長文ですが読みやすい。

だけど、文面が特別に上手いとは、
感じませんでした。むしろ、私と
似ているような文面ではないか?
とさえ思いました。

文面の上手い下手と、
人を集めたり、惹きつける文章は、
また違うのだろうなと勉強になります。

私の、このブログは、
スピリチュアルなことが、
メインになっているのですが、
スピリチュアル分野に特化すると、
よほどのブログじゃないと
稼ぐと言うことを考えた時には、
厳しい側面もあります。

スピリチュアルで稼ぐ人は、
ブログ単体ではなく、
セッションなどに
誘導して稼がれる人も多いですね。

別にブログで、
稼げなくてもいいじゃないか?
とも思うのですが、ブログで、
どれほど稼げるか?と言う所に、
チャレンジしてみるのも、
面白そうだと思いました。

なので、このブログは、
もう少し幅広いジャンルで
書いて行くようになるかもしれません。

ブログ記事の外注化を
されている人も結構いるようですが、
私は、基本的には、一人で
書きたいと思っていたので、
今まで、外注化をしたのは、
このブログの中の、ほんのごく一部です。
外注化と言うカテゴリにしてあります。

私の人生で恥ずかしかった経験

しかし、私一人で書ける
ジャンルと言うのは、
どうしても限られてくるので、
外注化も、いいなぁと思いました。

私も、調べれば、
スピリチュアル以外の分野でも、
それなりには、自分で書けると思いますが、

興味のない分野の記事を書いても、
読む人がイマイチにしか感じられないと思います。

だから、その分野が得意な人に
書いてもらう外注化は、
いいのかもしれませんね。

例えば、熱帯魚の記事を書くとして、
メチャクチャ、熱帯魚好きな人が書く
記事の方が面白いと思いますよね。

体験記などでも、
自分一人で体験できることなど、
たかが知れています。

色んな人の体験談を取り入れるには、
外注化の方がいいですね。

だけど、ネットニュースラボさんも、
最初から、外注化をしていたわけではない。

ネットニュースラボさんは、
稼げるようになるまでの、
失敗体験も成功体験も、
包み隠さず書かれているようです。

ネットニュースラボさんの
記事を拝見して、私は、
ブログで稼ぐ初期段階でやることを
何も、やっていなかったと思い知らされました。

今後は、外注化を考慮しながら、
まずは、色んな分野の記事を
私自身が興味が持てる範囲で、
自分で書いてみようと思います。

そして、稼ぐと言うことを度外視しても、
幅広いジャンルで記事を書くということは、
自分の視野、視界を広げることにもなる。

例えば、私は、野球、ゲーム、芸能関係、
ほとんど、知りません。世の中の多くの人が
興味を持っていることに興味関心がなかった。

それは、言い換えれば、非常に視野が
狭くなっていたと言えるかもしれません。

それでも、まったく
興味を持てない分野は、
相変わらず、そのままでしょうけど、
少しでも興味がある分野に関しては、
書きながら学べるという
メリットもあると思います。

と言うことで、今までとは、
記事の内容が変わってくるかもしれませんが、
今後とも、どうぞ、よろしくです。

スポンサーリンク



-ビジネス, ブログで稼ぐ, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.