どうでもいいこと スピリチュアル 感情 日記

二極化。もしも、ネガティブな地球へ行ったら、どうなるのか?

更新日:

皆様、こんばんは。
今日は、大晦日なので、
家の大掃除と同時に、心の大掃除。
情報の大掃除もいいかもしれませんね。

二極化

数年ぐらい前から二極化
と言うことが言われています。

スピリチュアルで言われている
二極化は、バシャール情報の
影響が大きいと思いますが、

ネガティブな地球と
ポジティブな地球に
それぞれ分かれて行く。 

今は、それぞれの方向へ行く
追い風も吹いている。  
追い風によって加速する。 

そして、お互いの存在を感じられず、
お互いの姿が見ないほどに離れて行く。

だから、今は、人との別れを
体験する人も多い時期のようです。

では、ネガティブな地球は、
どんな所でしょうか?

コロナ騒動で、必要以上に、
恐怖を感じている人達は、
今ここがネガティブな地球だと
思っているかもしれません。

ネガティブな地球では、
これまで通り、
三次元密度が濃い。

恐怖や不安。心配事など。
そらのことがベースになり、
現実に投影する。

恐れや不安と言う
バイブレーションは、
非常に重いエネルギー。

ポジティブな地球に行きたい人は、
それらを、まったくなくす必要は、
ないと思うのですが、それらを
薄くして行く必要はあると思います。

ネガティブもポジティブも、
自分が、どの周波数を持って
体験して行くのかということです。

この周波数の分離。
この周波数の開きが、

大きくなったので、

ネガティブとポジティブに
分かれると言われています。

これを眠りの世界と目醒めの世界の
分離と言われている人達もいます。

周波数を測る地球人的装置が感情。

意識と感情で現実を創り出している。

水と氷の関係のように、
意識を向けると固まる。

居心地の良くない感情、感覚は、
三次元地球の周波数。重い周波数。

自分の中に持っていない
周波数の出来事を体験することは、ない。

ネガティブな地球。眠りの世界。
それを選んだ人達は、これまで以上に、
重い周波数を使って体験する機会が増える。

だけど、ネガティブが悪くて、
ポジティブが優れているわけでは、ない。

ネガティブな人、ネガティブな地球が、
劣っているわけでも、ない。選択の違い。

それを体験したくて体験するので、
善悪の概念も薄くなって行く。

運動会で赤組と白組に分かれるようなこと。
しかし、赤組と白組の距離が離れすぎて見えない。

今、コロナで苦しまれている方達も
いると思うので、このような言い方をすると
誤解を招くかもしれませんが、

コロナの影響で、これまで以上に、
恐怖の世界を創り出す人と、
楽しい世界を創り出す人に、
別れて行くかもしれません。

コロナの影響で必要以上に
恐怖を感じたり、心配したりすると、
そのバイブレーションで次の現実、
次の世界を構築してしまう。
(メディア戦略として、
それが狙いの存在達もいるようです。)

二極化とは、これまでの三次元地球に残る人。
そこを卒業して、次元上昇した地球に行く人。

だから、三次元地球の考え方、
三次元地球の重い周波数を持っていれば、
三次元地球に残ることになる。

私が思うネガティブ地球の様子。

恐れがいっぱい。争いがいっぱい。
不安いっぱい。心配事いっぱい。
不平不満いっぱい。愚痴いっぱい。
悪口陰口いっぱい。悲しみいっぱい。
恨み。憎しみ。憎悪。それらが溢れている。

すぐにイライラして、止まらない。
怒りが収まらず、怒り狂う。

すぐにトラブルや喧嘩になる事が多くなる。

それらの事柄が無限連鎖するようになる。

ネガティブな地球と言われるだけに、
ネガティブ溢れる地球になると思います。

もし、上記のようなことに
なっていないのなら、
ポジティブな地球にいるか、
向かっている状態だと思います。

世間一般的には、ポジティブな方へ
行きたいと思う人の方が多数だと思いますが、
ネガティブ地球面白い。是非、行って体験したい。
と思う人も、それなりには、いるかもしれないですね。

いわゆる自業自得で、
墜ちる所まで墜ちる人もいると思いますが、
敢えて最下層を体験してみたいと言う
勇敢な魂で、そのような所まで行く人もいると思います。

しかし、そこから抜け出たいと思った時に、
これまでの地球より、抜け出ることは、
難しくなっているかもしれません。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, スピリチュアル, 感情, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.