スピリチュアル 日記

2020年冬至~2021年の冬至までにやった方が良いこと。

更新日:

スピリチュアルの世界で、
時代が大きく変わる、
一つの境目と言われている、
2020年の冬至が間もなくやって来ます。

ここから翌年の2021年の冬至に向かって、
まずやった方がいいことは、
ネガティブ抜きであるそうです。

色んなことは、周波数が合うから起きている。

低いエネルギーは、低いエネルギーと同調する。
人間だろうが宇宙人だろうが、低いモノは、
低いモノと同調し、高いモノは、高いモノと同調する。

だから、統合だったり、吐き出しだったり、
その他の方法だったりで、
自分の中にあるネガティブな感情は、
抜けるだけ抜いておいた方がいいらしい。

お経も一つの方法であるようです。

劇的に運が良くなるお経 般若心経・延命十句観音経篇を読んでみました。

ネガティブを極端に嫌うのも、
どうかとは思うのですが、
基本的に恨みや執着の波動は、
低いモノだと思うので、
外せるだけ外しておいた方がいいとは、思います。

怒りに関しては、必ずしも
悪いモノではないと私は、思っています。

しょっちゅう怒っているようでは、
問題があると思いますが、
忘れた頃に怒るぐらいの感情は、
自己防衛などの為に、持ち合わせていても、
いいのではないか?とも思います。

そうは言っても、
ネガティブな感情を
抜けば抜くほど軽くなる。

怒りの感情と怒りの感情がぶつかれば、
争い事なども起きたりする。

今年は、コロナで緊急事態宣言が出たりしましたが、
私達のエネルギー状態にも、
緊急事態が出ているような状態で、
色んな揺さぶりが起きて、
感情の渦に飲み込まれやすい時でもあるようです。

気をつけることは、
ネガティブと思える現実が現れた時に、
目の前の現実に飲み込まれないこと。

ネガティブ感情の渦に飲み込まれてしまうと、
そこから抜け出す事が難しくなる。

だから、飲まれるな。これは、
自分の周波数で映し出した映像だと思うこと。

飲まれそうになったら、飲まれるな。飲まれるな。
と祈るように自分に言い聞かせてみてください。

自分の内面で起きていることが、
自分の外側で起きているように見える。

そして、出来る範囲で構わないから、

ネガティブな人と関わらない。
ネガティブな情報に触れない。

この事も今しばらくは意識した方が、
いい時期であるらしい。

今しばらくは、ネガティブな情報や人に、
触れない。見ない。聞かない。関わらない。

コロナで外出をあまりしなくなった事も、
一人一人が自分と向き合う為の
良いチャンスとも言われています。

単純にネガティブは、重くて下がる。
ポジティブは、軽くて上がる。

今は、上がって行くことに、
意識を向けた方が良い時期。

最近、よく言われている断捨離も、
家の中のエネルギーを軽くする。

地の時代から風の時代へ

今までは、物質主義と言いますか、
目に見える物に重きを置いていた時代でした。

例えば、社会的地位や名誉。
どれほど稼いでいるか?
いい車。いい女。いい家。人から、
どれほど評価されているか?など。

目に見える事を重視していたような所がありました。

これから、風の時代に入って行くと、
今度は、目に見えないモノを
重視する時代になるようです。

例えば、人間性だったり、情報だったり、
価値観だったり、個性だったり、内面世界だったり。
そのようなモノが重視されて行くようになるようです。

地の時代に変わって行くにつれ、
崩壊すべきモノは、自然に崩壊する流れになり、
変えて行くべきモノは、変わって行く流れになる。

そこで無理して地の時代のやり方やあり方に
いつまでも、しがみついていると、
強制終了のような事が起きたりもするようです。

心地良い風も嵐のように
思える事もあるかもしれないし、
いい感じに追い風が
吹いてくれることもあるでしょう。

まずは、単純に形あるモノ重視の世界から、
形のないモノ重視の世界への移行と、
覚えておくといいかもしれません。

そして、仕事や情報なども、
まったくの個人で突っ走るよりは、
同じ価値観の人とシェアした方が
風に乗りやすいそうです。

風の時代と言うと、
良いことばかり言う人もいますが、
風と言うのは、強風もあれば、嵐もある。
大変なことが起きても、
それに影響され過ぎないことも大事。

現実に捉われ過ぎないと言うことですね。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.