スピリチュアルな有名人  動画 日記

丹田道?TANDEN-DOの小出遥子(こいでようこ)さん

更新日:

最近、このブログにコメントをくださった方が、
この方の動画が良いと言う事を言われていたので、
幾つかの動画を拝見させて頂きました。

私は、まだ、読んでませんが、
本も出されている方のようですね。

許すこと。これは、人間として生きている間は、
殆どの人にとって、永遠のテーマだと思います。
大変な人生を歩んで来た人ほど、
許し難い人との出会いもあったことでしょう。

この動画で言われている事の難易度は、
結構、高いとも思えるので、
そろそろ、許せそうな気がすると言う時に、
やるような事かもしれません。

小出遥子さんも、自分の中で準備が
整った時にやる事を薦められています。

どうしても許せない人がいるなら、
その人の事は、ひとまず置いておいて、
今、許せる人に向けて、
「あの人は、もう、大丈夫」と思うこと。

そして、どうしても許せない人に、
これが出来たら、もう、
許せない人が何処にもいなくなる。

一人一人に許せない人が、
何処にもいなくなれば、
世の中に争い事がなくなる。

世界平和とかも、
この事が結構、
重要だと思います。

相手を責めるは、イコールで、自分を責めること。
相手を許すのは、イコールで、自分を許すこと。

この許しが本当に出来ると幻想世界の幻術。
自分にかけていた呪いが解けるようです。

聖書にも許す者は許され、
裁く者は裁かれると言う一文が
あるそうですが、これは結構、
真理でもあるらしい。

許せない人

まだまだ許せない。
許せない人がいる。

許したくても、許せない。
どうしても許せない。
絶対に許せない。
何があっても許せない。

それは、それでいい。

斉藤一人さんも言っていたと思いますが、
許せない人がいる自分を許せばいい。

人間のマインドとか心でいる間は、
許せない人がいて当たり前。

だけど、相手を許せなくても、
その許せない自分を許せばいい。

大いなるすべての中では、
すべての人。すべてのこと。
すべてのすべてがゆるされた中にいる。

ゆるんだ人から目覚めていく

ホ・オポノポノ

小出遥子さんも、ホ・オポノポノを実践されているそうです。
(ただ、自分に合った方法が一番良いとも言われています。)

現実に起きる問題と言うのは、
自分の潜在意識が目の前に映し出している。
その潜在意識をクリーニングするのがホ・オポノポノ。

潜在意識には、たくさんの記憶がある。

過去は、記憶の中にあるだけで、
今ここには、存在していない。

だけど、その記憶や記録が、
今の現実に反映したりしている。

ホ・オポノポノは、アセンションの為の最終ツール???

小出遥子さんも10年ぐらい
ホ・オポノポノを取り組んで来て、
本当に解って来たのは、最近だと言っていたので、
やり出して、すぐに効果が出るモノでもないと思います。

すぐに効果が出ると言ったら、
ありがとうの言霊の方が早いかもしれません。
だけど、私の実体験で言えば、
それは、一時的な奇跡。しかも、
人前で繰り返し唱えていたらヤバイ人です。

ホ・オポノポノは、頭の中で繰り返し唱えるので、
周りに人がいようがいまいが関係ない。
「愛してる」の言葉だけでも良い。

アメブロを書かれている
天寿(寿虎)さんも、ホ・オポノポノで
覚醒したと言うような事を言われていたと思います。

アメブロの寿虎さん

還暦ヒーラーの冨士金弥生さんも、
ホ・オポノポノで次元間のクリーニングが
出来ると言われていたような気がします。

還暦ヒーラー・冨士金弥生(ふじかね やよい)さんの話

小出遥子さんは、潜在意識は、お腹にあると言います。

布袋和尚のでっぷりお腹は、
その事が分かっていて、
伝えられていたのかもしれませんね。

お腹にインナーチャイルドが居ると思って、
その子供に向かってホ・オポノポノを唱える。

自分の本当の顔も骨盤の間に
収まっていると言います。
無色透明の顔は、お腹の中にある。

だから、お腹と言うのは、重要なキーですね。

小出遥子さんが、
ホ・オポノポノを唱えようとすると
自然に念仏が出てくる事もあるそうで、
その時は、南無阿弥陀仏を唱えるそうですが、
ホ・オポノポノと同じ効力があるそうです。

だから、小出遥子さんは、
ホ・オポノポノと南無阿弥陀仏の
コラボレーションで
クリーニングされているとも言えます。

一念帰命の行

そして、潜在意識は、
お腹にありますが、
顕在意識は、頭にある。
だから、頭に血が昇るとか、
頭に来たと言うのは、
顕在意識の方でやっている。

顕在意識の思考は、レプリカ。偽物。

そちらに任せると思考と感情に振り回されます。

本当の頭は、潜在意識。お腹の方にあります。

2020年の7月も間もなく終わりですが、
この7月、8月で、今までの古いパターンが終わりの時。

この時期は、意図するだけで、
色々と手放しやすい時でもあるそうです。

だから、今年は、いつも以上に、
雨が多いのかもしれませんね。

地球にとっての浄化の雨。
この雨と共に洗い清める時かもしれないですね。

ホ・オポノポノは、
感情やら記憶やらのクリーニング。

今、降り注いでいる浄化の雨のような
効力があるのかもしれません。

悪役ほど縁が深い?

自分の現実に出演する登場人物。
敵に見える人や悪役と思える人。
そのような人ほど魂レベルの縁が深いそうです。

悲しく辛い事。恨んだり恨まれたりする事。

そのような場面ほど学びも深い。

大嫌いな人ほど縁が深い。

死んだ後は、必ず成仏できる。

どんな生き方をしていた人も、
どんな死に方をした人も、
必ず成仏できると小出遥子さんは、言います。

では、何故、幽霊や自縛霊や未成仏霊が
いるのか?と疑問に思うかもしれませんが、
それは、こちらの世界から見た、あの世。
あの世から見た、この世は、また違う。

この世には、お化け屋敷と言う
アトラクションがありますが、
あの世から見たら、この世で本物の
幽霊と呼ばれている類もアトラクション。

善悪があると思っているのも、
この世的な考え方。

この世での悪役は、みんな役者。

死後、この世で憎くて仕方がなかった人と会った時には、
お互いが仏の状態で再会しているから慈悲の中で溶け合う。
そこには、一切の憎しみなど存在しない。

縁が深いからこそ嫌な役。
憎まれ役を演じてくれていた。

縁が深くないと嫌われるほどの
嫌な役を私からもお願い出来ない。

地獄極楽・六道輪廻の話

生きている間には、
中々、分からない事でもあります。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 , 動画, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.