映画

今回は、「秒速5センチメートル」を観ました。

投稿日:

私、映画が嫌いなわけではないのですが、
映画と言うと長時間になるので、
その間に他の事が出来そうな気がして、
それを観る時間が勿体無いような気がして、
あまり映画を観る習慣がありません。

そうは言っても何もしていない時間があるのですから、
映画を観る時間を創り出した方が、よりよい現実を創り出す
何らかのきっかけを得られるのかもしれません。

話題になった映画を随分、
時が経ってから観る事が多いです。

今回は、新海誠監督が手掛けた作品
「秒速5センチメートル」を観ました。
放送されたのは、2007年の頃のようです。

桜の花びらが落ちるスピードが秒速5センチメートル。

冒頭から神秘的で懐かしい感じがする映像です。

しかし、映像には魅了されるものの、どう言う内容か
最初の方は、イマイチよく掴めませんでした。
私的には、あっちに飛び、こっちに飛びのような感じで
分かりずらくあったように思います。

明里(あかり)と言う女の子が栃木の学校に転校。
貴樹(たかき)と言う男の子と文通のやり取りや電話。
そして、貴樹君も鹿児島へ引っ越すことに。。。

その前に明里に会う為に貴樹は、栃木に向かう。
しかし、大雪の影響で電車は、大幅に遅れる。

私は、観ながら、この展開は、会えずに
虚しさが残るパターンかなぁと思っていましたが、
改札を抜けるとストーブに当たりながら
狭い待合室で待っている少女の姿。

この辺りからは、結構、引き込まれましたね。

台詞の中にも魂と言う言葉が出てきましたが、
観る人の魂にも何らかの刺激があると思いました。

第三話まで分かれているようで、一話は、ココで終わりでした。

第二話

主人公は、一話同様、貴樹と言う男の子。
貴樹君は、鹿児島の高校生になっていました。

貴樹君に片思いした花苗(かなえ)ちゃんとの話。

いつも誰かにメールをしている貴樹君。

しかし、それは、出す宛てのないメールを打っていた。

花苗ちゃんは、貴樹君の事を好きで
告白しようとするのですが、
その思いは、伝えられず胸の中。
それは、勇気がなかったからでは、ない。
貴樹君には、そんな気持ちがない事を悟った。

花苗ちゃんから見た貴樹君は、ずっと遠くを見ていた。

何とも切ない花苗ちゃんの
気持ちだけを残して2話は、終了になりました。

第三話

踏み切りで、すれ違った人。
「君の名は」のようなシーン。
しかし、振り返らずに進んだ。

第一話で登場した明里(あかり)ちゃんは、
大人の女性になり、貴樹君も大人の男になっていた。
第二話の花苗ちゃんも大人の女性に。

それぞれの今と過去の記憶や感情が
タイムスリップしたりで、
もう少し続きがあるのかなぁとも思いましたが、
最後もまた少し不思議な感じでお終わりました。

この映画は、恋愛モノかもしれませんが、
恋愛関係なく、自分の中の懐かしく古い記憶を
呼び覚ますような作品であったと思います。

スポンサーリンク



-映画

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.