スピリチュアル 思考の治療 日記

思考に振り回されないこと・・・

更新日:

私達の頭は、一日に3万~7万回ぐらい
色んな思考を繰り返していると言います。

その思考に振り回されているような事も多々あるようです。

バカと天才は、紙一重と言う言葉がありますが、
天才とは、頭がいい人の事ではない。
頭を使わなくなった時にインスピレーションで
ポンと閃きが入ってきたり思考に影響されなくなった時に
潜在意識とか、そっちの領域に繋がった人の事だと思います。

ミスチル桜井さんのインスピレーション

勿論、その分野の予備知識は、必要でしょう。
詰めようがない所まで知識を詰めるから、
もう入りきらないと思考が停止するのかもしれません。

思考は、ゴチャゴチャとあれやこれやと考えますが、
人間の頭で考える事は、たかが知れています。
天才とは、無意識的にでも、
その事に気づいている人のような気がします。

思考には、限界がある。
その限界を超えて思考を止めたから
天才になるのかもしれません。

バカで頑固者とバカで素直な者。
後者の場合は、良いと思った事が、
すーっと入り実践したりするので、
これもまた、その領域へ繋がるのだと思います。

一方で頑固者は、その頑固さ故に
中々、その領域に繋がらない。

そして、バカ者とは、
自分が自分で決めたり、
周りが勝手にそう思っている事で、
宇宙的には、バカな人と言うのも
存在しないのかもしれません。

意識と思考は、
違うのか???

よく意識的にと言う言葉が使われたりしますが、
そもそも意識と思考は、違うのでしょうか?

分かりやすい例えとして、
意識は、心と密接な関係があって、
思考は、頭と密接な関係がある言われています。

恐らく、私達の多くは、思考を使いこなせてはいません。
むしろ、振り回されている事の方が多いと思います。

思考があるから感情がある。

その思考、その感情に振り回されて
過去や未来の事を考え、イライラしたりパニックに
陥ったりする事もあると思います。

だから、スピリチュアルな話では、
頭を使わずハートで感じることと言います。
ゴチャゴチャ考える思考は、放っておく。
しかし、明確な意図、意識は、必要。

頭で考えたって分からない事の方が圧倒的に多い。
思考は、三次元的な事しか分からないと言います。

冷静とか霊性と言う言葉がありますが、
気が狂った冷静などないわけで、
思考が激しく動いている間は、
この状態の事は、分からないと思いますし、
大概、そのような状態の時は、
ネガティブな感情もセットでしょう。

思考は、自動運転のようなモノで、
思考のおしゃべりは、止まらないし止められない。
むしろ、止めようとしない時の方が止まりやすい。

止まらなくてもいい。
だから放っておく。思考を放っておいて、
意識的に考える。この状態の時は、
冷静に物事を考えている時。

私達には、心があります。魂があります。
しかし、一説では、心と言うモノは、
この世を体験して色んな事を感じる為のモノであって、
魂とは、別物であるらしい。魂は、もっと広大なモノ。

心でも分からないモノが、魂には、分かっている。
魂は、心よりも、ずっとずっと奥に眠っている。

心は、傷ついたりしますが、魂が傷つくことはないらしい。
心があるから喜怒哀楽などの感情を体験できている。

魂は、心の領域を超えているし、
すべてのすべてを受け入れているようです。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 思考の治療, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.