スピリチュアル 人間観察 家庭内問題 感情 日記 映画

親不孝者と子供不幸者・・・

更新日:

親不孝者とは、よく聞く言葉ではありますが、
子供不幸者とは、あまり聞かないかもしれません。

しかし、因果応報と言ってもいいですが、
散々、子供を苦しませた親は、
後に子供によって苦しむ事になるようです。

子供不幸者の結果としての親不孝者なら
親不孝者など存在しないのかもしれません。

親にとって問題があると思える子供は、
親が忘れているような幼少期や子供時代に
溯る記憶がそうさせている事もあるようです。

親が気づきさえすれば、問題が解決する事でも、
気づかないから、問題がどんどん大きくなって行きます。

子供が非行に走ったり家庭内が滅茶苦茶になったりで、
気づきの合図が大きくなっていたりします。

しかし、子供に問題があると捉えてばかりいれば、
その問題は、収まらないし親は苦しむばかりです。

その苦しみの原因は、親にあります。

子供が幼少期の頃に親が子供に対して
していた影響は、想像以上に大きかったりします。
人格の歪みとなる事もあるようです。

人格形成の土台は、6歳ぐらいまでの間に
形作られるとも言います。6歳までの育て方は、
かなり重要だとも言えます。多くの親は、
6歳までに、どう育てていたか?
家庭内が、どのような環境にあったかさえ
覚えていない人も多いと思います。

これから子育てをする方は、
6歳以降より6歳までの育て方の方が
重要であると覚えておかれるといいかもしれません。

トラウマセラピーのプロフェッショナル。リズ山崎さん・・・

大概、そのような親は、鈍感なので、
そんな事には全然、気づかずに忘れていたり、
自分に都合の良い子育ての思い出だけを覚えていたりで、
子供をどれだけ苦しめていたのかが分かっていません。

だから子供の問題が行くところまで行かないと
気づかないケースが多いです。

子供は、親のオモチャではないですし、
自分の思い通りに育てようとすれば無理が生じます。
力ずくでねじ伏せようとすれば力関係が逆転した頃に
手に負えないようになっていたりします。

子供は、良くも悪くも親の背中を見て育ちます。
それを反面教師にして、上手く機能する事もあれば、
親に反発するような形で表れる事もあります。

絶対ではないですが、子供を大切に育てなかった結果として、
子供から大切にされないと言う結果が表れます。

多くの親の子育ては、下手だと思います。
何故なら自分自身も子育ての下手な親に
育てられたケースが多いからです。

そして、子供を持つ前に子育てについて
学んでいない事も多いです。手探りで、
その時にやっている状態です。

それでも、まだ子育てについて学んでいる親なら
まともな方だと思います。自分の主観だけで育てると
良くも悪くも、その答えが、早ければ小学生時代、
遅くとも20歳前には、何らかの形で
目に見えるようになるでしょう。

そこで、問題が表れたとして、
自分にも何らかの問題があったと感じるのか、
相変わらず子供のせいにし続けるのか。

問題のある親ほど後者の選択をします。
なので、さらに悪化して行く傾向にあります。

第三者的な目線で見れば簡単に分かるような事でも
当事者は、全然、その事が見えていなかったりします。

だから、子供のこと、家族のこと、自分のこと、
それらを客観視できる視点を持つ事も大事だと思います。

家庭内環境に問題があって
精神疾患などの病気になるケースも多いようです。

過干渉だったり、子供のやることなすことに
口や手を出しすぎるのは、毒親のやることです。

子供の問題は、親への気づきのメッセージ。

何故、毒親の元に生まれて来たのか?その本当の理由とは???

親を捨てて幸せになる人。親を捨てて不幸になる人。

無の精神療法(薬によらない統合失調症の治し方)

毒親ほど、自分が毒親だとも思っていないので、
世の中全体の子育ての見直しと言う部分もあると思います。

そして、すべての体験、経験は、
魂に刻まれているそうです。
だから、どれほどの悪人も毒親も生きている間か
死後になるかは分かりませんが、
深く反省する時が来るようです。

さらにスピリチュアルな話では、
外側には、何も無いと言います。

自分が出した波動、
自分が出した周波数が
自分に返って来るだけの自業自得の世界。

だから、誰のせいも、これのせいもない。

すべては、私の意識、私の魂、
私の感情、私の心の反映です。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 人間観察, 家庭内問題, 感情, 日記, 映画

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.