スピリチュアルな危険 日記

スピリチュアル大好きな人の方が遅れていること・・・

更新日:

今回は、私自身にも当てはまるし、
言い聞かせたいことでもあります。

スピリチュアル大好きな人の方が、
覚醒などが遅れている部分があると言う話があります。
と言うのは、スピリチュアルに没頭し過ぎていて、
現実的なことを疎かにしていたりで、
地に足が付いてないと言うことが言われています。

誰かの稼ぎを当てにしていたり、
自分で稼ぐ力が身に付いていなかったりで、
自立できない生き方をしている人も多い。

日常のささいなことでイライラしたり不安に感じたり、
スピリチュアルな知識だけを増やして、
それを現実に活かすと言うことが身に付いていない。

現実的な行動をほとんど何もせず瞑想したり、
イメージや妄想ばかりで何とかしようとしていたりする。

スピリチュアルな事ばかりを追いかけているけど
普段の日常生活。私も含めココを疎かにしている人が多い。

スピリチュアルな事を学べば学ぶほどに、
あの人は、いいけど、この人は、ダメとか、
波動が高いとか低いとか。。。
スピリチュアルを学ぶ前よりも、
ジャッジをすることが増えていたりもする。

スピリチュアル偏屈

ジャッジをすると言うのは、
基本的には、自分の波動を下げるそうです。

スピリチュアルな事など何も知らず何もしていない人で、
日々の日常を精一杯に生きている人の方が覚醒が早い人も多いそうです。

宇宙のことを学んだり語ったりするのも良いですが、
その前に私達は、地球と言う星の中に生きています。

地球と言うのは、行動の星です。

私達には、肉体があります。

今、肉体があるから、この地球に生きています。

宇宙、宇宙、宇宙と、
宇宙ばかりに目を向けるその前に、
まずは、地球でのことをやることです。

地球の中で精一杯、生きることの方が、
スピリチュアルを一生懸命学ぶよりも、
目醒めや覚醒が早いこともあるようです。

また、地球でしっかりと自分の足で立ち、
自分の力で生きるからスピリチュアルな学びが
活かせるとも言えるようです。

スピリチュアル大好きな人が陥りがちな罠は、
地球で自分の足で立ち、自分で生きると言う所を
出来ていなかったり疎かにしていると言うことです。

それをせずにスピリチュアルばかりだと
地に足が付かずふわふわしているだけになります。

現実、日常、そこに活かせないスピリチュアルでは、意味がない。

ハイヤーセルフの声を聞くその前に、
今、自分の身の周りにいる人達の声を聞くことです。

宇宙人と繋がるその前に、
人間と触れ合うことです。

スピリチュアルなことを学ぶことも
素晴らしいことだと思います。
思いますが知識だけを増やしているだけで
知恵にしていなければ、無駄知識です。

スピリチュアルは現実逃避ではなく現実に活かすモノ。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな危険, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.