スピリチュアルな有名人 

ノンデュアリティのジュンコセレンディーさん

投稿日:

ノンデュアリティと言うと
大和田菜穂さんが有名ですが、
ジュンコセレンディーさんも随分前から、
そのような情報の発信をされ、
セッションなども行っているようです。

伝えられている事も恐らくは、
大和田菜穂さんと同じであると思います。

ジュンコさんのユーチューブ

ジュンコセレンディーさんのセッション

私なりのノンディアリティの解釈は、
一言で言えば、私と思っている者が私ではない。
宇宙から私を抜いてしまえば、
私が宇宙なので、すべてと繋がり、
すべてと一体化するような感じの事だと捉えています。

スピリチュアルな話では、
分離とか二極化と言う表現が使われたりもしますが、
それすらも存在しないのが非二元的と呼ばれる
ノンディアリティなのかもしれません。

ジュンコさんも、私と言う者は、無い。
私だと思っている肉体を通じて
体験を起こしている現象があるだけだと言います。

だから、肉体は、アバターと捉えてもいいと思います。

例えばオンラインゲームのアバターには、
好きな服を着させて、好きな髪型にして、
それを画面の中の自分の分身として動かします。

ドラクエでもFFでも、スーパーマリオでも、
私は、画面の外から操作しています。

自分の分身であるマリオが、
火の中、水の中、槍の中を進んでいても、
私は、痛くも痒くもありません。

マリオカートで亀の甲羅をぶつけられても
痛くもないし腹も立ちません。
むしろ、それを楽しんでいます。

人間世界で言えば、私と言う者が、
怒り狂っていようが、泣き叫んでいようが、画面の外から、
それを俯瞰して見ているような感じでしょうか???

愉快に楽しく笑っているような時は、
スターで無敵になったマリオのように
見えているのかもしれません。

私の個人的な体験ですが、一歩間違えば、
死んでいてもおかしくなかったような場面が、
人生の中でありましたが、そんな時ほど、
恐怖心などの感情も何も無い。モノクロ世界と言いますか、
夢の中の世界と言いますか、ただ、ただ出来事が起きているだけ。
そんな感じだったと記憶しています。

ノンディアリティの状態で生きている方は、
いつも、そのような感覚で生きられているのだと思います。

今、アセンションや覚醒や宇宙人などの事で
騒がれている人達もいますが、
ノンデュアリティの人は、それらも設定。
それすらも夢の世界の出来事
と言う事を言われていたと思います。

非二次元

非二次元とは、実在していないモノを
実在していると思い込んでいるのが、
私達がいる、この現実と呼ばれているモノ。

私達は、夢と現実を分けていますが、
それは、分けられるモノではなく、同じこと。

一つの事を二極に見えている事が非二次元。

だけど、二極があるから知る事が出来る。

現実と呼ばれているモノは、
100%自分自身で創り上げているのですが、
顕在意識だけでは、それが把握し切れないから、
実感として、それを分からないでいる。

無意識領域で演算やら色々やった結果として、
私の目の前の現実となっている。

時間

ジュンコさんは、ご自身の動画の中で、
時間とは、時間(4次元)+空間(三次元)=宇宙時空間
と説明されていました。時間とは、私達が認識している錯覚。

現実は、脳が創り出したイリュージョン。

すべてがイリュージョンとしてのストーリー。

過去、現在、未来も繋がっては、いない。

すべてが、バラバラに存在している。

私達には、今しか存在していない。

今、自分が何処にフォーカスしているのか?

その結果として今、目の前の現実がある。

パラレルワールドは、無数にある。

パラパラ漫画のように一枚一枚の絵がある。

それらは、すべて同時に存在しているし、

その一枚一枚の絵の中に私が存在している。

色んな可能性を持った私が、あちこちに存在している。

私は、その移動さえもせず選んでいるだけのようです。

大和田菜穂(おおわだなほ)さんのノンデュアリティ・・・

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.