医療 家庭内問題 感情 日記 霊障

低級霊に憑依されると、どうなるのか???

更新日:

低級霊や邪霊の憑依と言う話を聞く事があります。

私は、霊能者ではないので、分かりませんが、
低級霊に憑かれている人は、あちこちにいるそうです。
しかしと言うか、しかもと言うか、霊能者の方にも、
憑依されているような人が結構いるらしい。。。

ああしろ、こうしろと言う命令系の声が聞こえる。
それを神や高級霊の声だと勘違いして捉える人もいる。

私の亡くなったお爺さんも一生を通じて
低級霊に憑依されていたと思えるような人だったので、
低級霊の憑依と言うのも人事ではない事であります。

自己愛性人格障害の迷惑爺ちゃん

もしかしたら、お爺さんが生きている間も、
お爺さんの死後も、父も弟も私も
憑依されていたかもしれません。
婆さんも超が付くほどの怠け者だったので、
爺さんのように危害を加えていないだけで
憑依はされていた可能性はあります。

本人が憑依されてなくても周りに
憑依されたような者がいるのが当たり前の状態でした。

とにかく、おかしな事がいっぱい起きる家の中でした。
ホラー映画にでも出来るような事が、色々ありました。

あれで事件にならなかったのが
不思議なぐらいだったと思います。
本当に事件が起きるか起きないかの
紙一重の事は、何度もありました。
しかし、そうならなかったのは、
神一重で守られていたのかもしれません。

精一杯の守りがあったから紙一重の所で
何度も何度も助けられ導かれた気がします。

今回は、低級霊に憑かれているかもしれない状態は、
どのような状態なのかを調べてみました。

私が一番最初に憑依と言う現象がどんなモノかを、
ある程度、まともに理解したのは、
高橋信次さんの「悪霊」と言う本を読んだ時だったような気がします。

世の中には、低級霊の操り人形になっている人が、いる。

人間の潜在意識を低級霊が支配して動かしている事がある。

大きなショックを受けた時や、
病気などで心身が弱っている時も、
憑依が起きたりする事は、あるそうです。

だけど、一番は、心の持ちよう。
低級霊に寄って来られるような考え方や
心の状態に同調して憑依される。

低級霊と波長が合わなければ憑依されない。

また、憑依現象には、本人の
カルマが関係しているケースもあるそうです。
憑依の苦しみによって過去の罪を償うようなケースもある。
だとしら、私の家系は、これに当てはまるのかなぁと思いました。

私や私の母は、父や
お爺さんの存在によって、
かなり振り回され苦しめられて来ました。
お爺さんの死後は、弟に憑依現象と思える事が起きていました。

弟は、まだ小学生でしたが憑依されているとしか思えない
精神状態になっていました。その時は、家族揃って、
精神病や憑依などの事に、あまりにも無知だったので、
そのまま放置され、後に手に負えない状態になりました。
(今は、憑依が取れたと思うので問題なく過ごしています。)

無知は時として罪になると言いますが、
父と母は、弟が小学生の頃に既に
異常者と化している事に全然、気づかない。
それ故の罪が父にも母にも降って来ました。
それは、弟が20歳過ぎてからの事でした。
小学生の頃に気づいていたら
未然に防げた事もあったと思います。

憑依された者と一緒にいる家族は、疲れ果ててしまう。
いや、家族でなくても、身近に関わっている人が
そのような状態であれば、そうなってしまう事もあると思います。

酷い憑依状態の時は、憑依された本人も、
その周囲の人も、まともな思考が出来なくなったりします。

このようなパターンで事件に
なっている事も多いのではないか?と思います。

憑依症状

どれだけ家の中が散らかっていても気にならない。

自分は何もぜず、楽してお金を儲ける事ばかり考えている。

他人をやたらコントロールしようとする。

感情の起伏が激しく、やたら攻撃的になる。
引き篭もりの人の中にも結構いるようです。

押川剛さんの「なんで隠すの?」を読んでみました。

アル中なども憑依でそうなっている事がある。

とにかく怠惰である。

憑依によって、太り過ぎ、痩せ過ぎと言う事もあるらしい。

人の悪口、陰口ばかりを言う。

盗み癖なども低級霊の憑依である事は、多い。

憑依を取る方法

軽い憑依であれば入浴や掃除をマメにしたりで、
自分自身の心次第で取る事も出来るようですが、
魂に食い込んでいるような憑依だと
本人と取り憑いている霊が一体化しているので、
普通の人には、まず、取れないようです。

霊能者であっても、本当に浄霊できる人は、
そんなには、多くはないと言う話も聞きます。

だから本当に憑依を浄霊できる霊能者に会えるのは、
それなりに自分が
徳を積んでいたりしないと
難しい事かもしれません。

憑依された者もそうかもしれませんが、
憑依された者が近くにいると言う状態である
自分自身が反省すると言う事も大切かもしれません。

しかし、ケースバイケースだと思うので、
憑依された者から逃げる。精神病院に預けると言う事も
取り敢えずの措置としては、ありだと思います。

憑依されている者は、
理性が働かないので、常識なども通じません。
人間として接すれば、トラブルが起きたりします。

ホ・オポノポノは、アセンションの為の最終ツール???

自分の現実に起きる事。自分の周りで起きる事。
それは、自分自身に原因があると言います。
自分自身が心からの反省をすること。
そのような心であれば、良い導きがあると思います。

スポンサーリンク



-医療, 家庭内問題, 感情, 日記, 霊障

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.