どうでもいいこと スピリチュアル 日記

人間の先祖は、巨人族だった???

更新日:

身長2メートル~10メートルぐらいの人間が、
(それ以上だった言う説もある。)
世界各地に存在していたと言う話があります。

それらの巨人の骨が発掘されたと言う話や、
巨人族がいた証拠と思われるような遺跡や文献などが、
世界のあちこちにあるようです。

旧約聖書にも巨人族ネフィリムなどの事が書かれてあるそうです。

ネフィリムは、手足が6本あったと伝えられているそうです。

並木良和さんの話だと人類の先祖は、恐竜だったと言います。

エジプトの巨大像なども、その当時の人の等身大だそうです。

スフィンクスは、穴口惠子さんの話だと、
オリオン星から来た天使であったそうです。
天使なので元々は、羽が生えていた存在だったそうです。

と言う事は、人類は、恐竜から始まって、
だんだんコンパクトになって来たのですね。

今の時代、高身長が良いみたいな風潮もありますが、
昔は、誰もが高身長だったとも言えます。

釈迦や三蔵法師も高身長だったと伝えられています。

仏像やら大仏なども最初は、この世にいた人の
等身大として創られたのかもしれないですね。

日本にもダイダラボッチと言う巨人がいたとされる
伝説は、あちこちに残されているそうです。
恐らく、一時、浜乙女のCMで有名になった
「でえたらぼっち」も、ここから取ったモノでしょう。

逆に今、低身長なのは、最新の進化なのかもしれません。。。

電子機器なども小型化していますが、人間の小型化が進めば、
アリのようなサイズになる事もあるかもしれません。

それは、それで、不便なような気もしますが・・・。
使えるスペースは、広くなりますね。

中丸薫さんの話では、
ウルトラマンのような大きな宇宙人と会った事もあると、
何かの本の中で言われていましたが、
古代文明では、色んな宇宙人が地球に来ていた話もあるので、
巨人族は、宇宙人であった可能性もあるのではないか?と思います。

では、巨人族は、何故、滅びたのでしょうか。
私の憶測では、一つは、遺伝子操作の影響。
もう一つは、洪水やら隕石などの影響で滅んだ。
あるいは、戦いによって滅びた。

今の時代でも巨人族の末裔が現れたら、
ゴジラでも現れたように大騒ぎになるかもしれません。

当時も、巨人族と対立する何らかの勢力があったかもしれません。
その勢力は、まともに戦ったら勝てないでしょうから、
今で言う核兵器などの武器を使ったであろうと思います。

その前の話に戻れば、人間の先祖が恐竜であるならば、
いきなり恐竜が絶滅でもしていない限り、恐竜と共存するか、
あるいは、戦うような歴史もあったのかもしれない。

そうなると漫画やらSF世界の話に近い感じになると思いますが、
可能性としては、それもあったのではないでしょうか?

いつだかの岩手県の地震で、
偶然にも巨人の骨が生放送で映っていた事があったそうです。
だけど、その事の情報は、テレビは、隠している傾向があるようです。
しかし、隠していたって生放送で巨大な骨が映ってしまったので、
ネット上では、ちょっとした騒ぎになったようです。

捏造だったとも言われていますが、
真実を隠すために、捏造だったように仕組むと言うのも、
政府やメディアがやりそうな事でもあります。

でも、どっちが真実かは、分かりません。

ネットの画像は、フェイクが多いのも事実であるらしいです。

だけども、巨人族は、隠された真実で、
隠蔽しておきたい人達もいるようです。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.