スピリチュアル 日記

現実は、映画館?現実は、私の投影???

投稿日:

令和元年になりましたね。
素晴らしい年の幕開けであります。

今回は、スピリチュアルな話では、よく聞く話だと思いますが、
現実のすべては、私の意識の投影だと言う話をしたいと思います。

映画館でスクリーンに映し出して映画を観るように、
私が、私の意識で投影しているのが現実だと言います。

しかし、知識としては、知っていても、
実感としては、知らない人が多いような気もします。

私の意識の投影であれば、私次第で、いくらでも、
現実の内容を創り変える事が出来るはずですよね?

だけど、そうは、なっていないと感じる事も多くはないでしょうか?

それは、まだまだ、内側ではなく、
外側のあれこれに影響されているからかもしれません。

今ではなく、過去のあれこれに、
影響されているからかもしれません。

今日までに植え付けられた、
色んな価値観が影響している事もあるでしょう。
想像以上に幼少期の体験が影響している事もあるそうです。

だけども、誰彼のせいではなく、
すべては、自分が根源であります。
すべては、自分自身に責任があります。

私の波動、私の周波数を使って、すべてを映し出している。
思考にも周波数があります。その周波数を使って引き寄せています。

おかしな事ばかりが起きたり、
おかしな人ばかりが寄ってくるなら、
私が、そのような周波数でいるからです。

そして、自分の意識が、そこにフォーカスしているからです。
意識を向けたモノが固まって、現実化しています。

私の波動が下がったり、重くなっているから、
それに比例した現実が、現れています。

だけども、邪魔をする意識と言うのも、確かに存在していると思います。
私が波動を上げようとしたり、意識を高めようとした時に、
それを阻止して下げようとする存在が出て来たりします。

場合によっては、代償先払いで、
それらの出来事を乗り越えた後に、
人生が、よりよくなる事もあります。

私も、あり得ないほどの不幸と思えるような体験をした後に、
かさこじぞうのような恩返し的な事を何度か経験した事もあります。

しかし、この世は、自分一人の世界で、自分の意識の投影です。

そのような設定を私自身がしていたのでしょう。
無意識や潜在意識の領域で設定されていたのでしょう。

だけども、設定している、していないは、置いておいて、
目に見える人や、見えない存在なども含めて、
邪魔する奴等も、存在しているとは、思います。

私に、目覚められたり、
意識の向上をさせられたら困る存在達が、
足を引っ張ろうとしていたのですね。

今でも、その力は、働いている事もあると思いますが、
地球の波動が上がる事で、昔と比べたら、邪魔する存在の力も、
力を失いがちになっていると思います。

そして、私自身が、創造主であります。

だから、欲しいモノや望むものの方に意識を向け、
そちらにフォーカスする癖付けが大切であるようです。

引き寄せの話などでは、よく言われている事ですが、
私自身の思考と感情で同質のモノを引き寄せている。

自分がご機嫌になれる音楽を来たり、風景を見たり、
自分がご機嫌になれる事を意図的にやった方がいい。

思考と感情を自分でコントロールできるようになると、
現実も、自分でコントロール出来るようになる。

現実を見ているだけでは、傍観者で、
中々、現実を変える事が、出来ない。

平成も終わり、令和時代は、
地球の上昇波動の波に乗れた人は、
一人一人が、自分の現実を自分で楽しく意図的に、
どんどん創って行ける時代になると思います。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.