スピリチュアルな有名人  ユーチューバー

有馬薫(ありま かおる)さん・・・

更新日:

最近、ユーチューブで、また新たに、
面白そうな情報発信している人を発見しました。
有馬薫さんです。アメブロもやられているようですね。

有馬薫さんのユーチューブ

有馬薫さんのアメブロ

有馬薫さんのHP

思考は現実化しない

有馬薫さんは、思考は現実化しないと言う動画の中で、
顕在意識の思考は、現実化しないですが、
無意識の思考は、現実化すると言います。

それもそのはず、無意識とは、潜在意識ですからね。

そして、有馬薫さんは、無意識の変え方があると言います。

それは、思考を使って、無意識の部分にアクセスすると言う事らしいです。

私が、こう思っても、自分の無意識が否定していたりする。

神王リョウさんが、潜在意識のブレーキ機能の事を
ゲンさんと名づけ伝えていましたが、そのゲンさんの役目を
無意識がしているから、思った事が現実化しないのですね。

神王リョウさんが語る潜在意識の話

だから、無意識が納得してくれるように、
顕在意識の思考で、無意識の領域に優しく諭す。
それは、あきらめずに、しつこいぐらいで丁度いいらしい。

それは、理論的、論理的に、色んな角度で説明して、
無意識が根負けして、納得して、そう思うと、
それは、現実にそのまま反映する。

私が、有馬薫さんの話を聞いて思ったのは、
無意識を説得する事というのは、
現実化して欲しいと思う事について、

そうなるしかないと言う証拠集めを
たくさんする事だと思います。

思考は、現実化する。だけど、無意識の方が現実化する。

自慢話が多い人は、
劣等感の塊です。

三つ子の魂百までと言いますが、
有馬薫さんは、自慢する人の哀しい理由と言う動画の中で、
人格の一番の核が作られるのは、三歳までだと言います。

私も他の記事の何処かで書いたと思いますが、
かなりの割合で、人格障害なども、
親や祖父母などに責任があるのですね。
(だけども、それもまた、因果であると思います。)

自己愛性人格障害の人は、自分に甘く、
人を批判する傾向があったりします。

私の身内にも多かったので、よく分かります。

自己愛性人格障害の遺伝・・・

自己愛性人格障害の遺伝・・・

三歳までの間に、認められなかった、
寂しい思いをさせられたと言う気持ちや記憶が、
根底にあるのですね。

だけど、大人になってからその事に気づいても、手遅れではない。
他人ではなく、自分で自分を満たし認める。他人は、どうでもいい。
他人からの賞賛を求めれば、求めるほどに、人は、離れて行く。

トラウマを解消する方法

無の精神療法

有馬薫さんは、粗末に扱われる人と言う動画の中でも、
人に粗末に扱われる事が多い人は、
子供時代に粗末に扱われて来た影響も大きいと話されています。
大人になってからも、無意識の間に大切に扱われる事を
拒んでしまっている事があるそうです。

毒親に育てられた人は、その影響が多いと思います。

だから、まず、自分が、
大切にされて来なかった。粗末に扱われて来た。
そのような無価値などに気づき認めること。

三つ子の魂百までで、
かなりの要素の人格が形成される。

だとしたら、3歳までの出来事は、
カルマ的な要素を秘めているのかもしれません。

私の個人的な考えですが、
宿命と呼ばれる要素の大部分が、
3歳までに体験する人間関係や
出来事の中に組み込まれている。

カルマとダルマ

手放すこと

今は、従来とは、スピードが違うので、
過去の余計な重い思いや感情を、
手放せば、手放すほどに、
すーっと新しいモノが入ってくるそうです。

だから、早く手放せば、手放すほど、
次なるモノが早く入ってくるそうです。

だけど、最初は、中々、難しいので、
まずは、目に見える物から捨てるのでもいい。
断捨離と言う事ですね。

目に見える物を捨てられるようになると、
目に見えない物も捨てられるようになる。

最初は、小さな物から捨てる方が、
やりやすいそうです。

小さな物と言うのは、大きさではなく、
捨てる事が、苦痛にならない物からと言う意味でもあります。
勿論、大きいものを捨てると、物理的にも、
そのスペースが空くので、お薦めかもしれません。

波動について

現実が、いつまで経っても変わらないのは、
自分の波動が変わっていないからです。

人間関係においても、
波動が、まったく違えば、まず、交わる事は、ない。
関わったとしても、一時的な事で終わる。
だから、大概、私達は、
同じ波動領域内にいる人達と関わっている。

また、波動は、自分が出したモノが自分に返って来る。

自分が出した波動が現象化する。

感情が現実化すると言うのも、
確かにそうなのですが、有馬薫さんは、
ワクワクが現実化するってホントと言う動画の中で、
ワクワクとは、良い感情の事ばかりでは、ないと言います。
ワクワクの中には、マイナスと思える感情も含まれているらしい。

使命

人は、誰もに使命があるそうです。
だから、氏名があるとも言えると思います。

有馬薫さんは、なぜ使命を生きると幸せになるのかと言う動画の中で、
使命は、使っている人と、使っていない人がいると言います。

使命に沿って生きるのも、生きないのも自由なのですが、
使命に沿って生きる方が、より充実した人生になるそうです。

使命に気づく為には、どうしても、避けて通れなかった事。
今日に至るまでの人生の中で非常に苦しかった事、特に辛かった事。
今日に至るまでの環境や人間関係など。
その辺に使命に気づく為のヒントが隠されているそうです。

人生の使命に気づく為に辛い事や、苦しい事があった。
今も辛く、苦しい状態が続いているのなら、
使命に気づきなさいと言うメッセージの事もあるかもしれません。

幼少期から、今日に至るまでの事に、
ヒントがあると有馬薫さんは、言います。

大きな苦しみを経験して来た人には、
大きな使命があるそうです。

負のエネルギーを出す方法

有馬薫さんは、マイナス感情を取り除く方法の
一つとして有酸素運動をお薦めされています。

私は、個人的に、自転車に乗ったり、
ジョギングやウォーキングなどでもいいと思います。
外の風景を見ながら出来るので、私、個人としては、
ジムに行ってやるよりも、こちらの方がお薦めかなぁと思いますが、
有馬薫さんは、ジムの方がお薦めだと動画の中で言われてしました。

時間的な目安としては、40分ぐらいがいいらしい。

その後、塩風呂に入るのもいいらしいです。
有馬薫さんの話ではないですが、体の毒素を抜く為に、
焼酎風呂に入る事をお薦めしていた人もいました。

だけど、必ずしも、有酸素運動でなければ、
ならないわけでもないそうです。

ある程度、慣れている人であれば、筋トレなどでもいいと思います。

理想的には、週に2~3回、定期的にやるのがいいらしいです。

運は、動より生ずると言います。
運勢を良くする為にも、運動は、いいかもしれないですね。

身体に溜まった負のエネルギーを一瞬で吐き出す方法

エナジーバンパイア

自分が楽しく生きていこうとしても、
周囲に波動を下げる人。
人のエネルギーを吸って生きる人。
エナジーバンパイアの人がいたら、
中々、運勢が向上しないと言う事があります。

それどころか、関わり続けると、
自分のエネルギーが、どんどん下がる事もあります。

エネルギーをどんどん吸い取られると
自分自身が枯れ果ててしまいます。

エナジーバンパイアの人は、
悪い言い方をすれば、人のエネルギーを
奪うだけ奪って行く泥棒でもあります。

だから、時と場合にもよるでしょうけど、
もう、一生関わらないなどの覚悟を決めて、
逃げたりする事も、時には、必要なケースもあります。

そこまではしなくても、上手く避けたり、
適度にかわしたりする必要もあるようです。

その辺の事については、
エネルギーバンパイアから身を守る
と言う動画の中で説明されています。

エナジーバンパイアの人は、
自分自身のエネルギーが枯れ果ててしまっているので、
人様からエネルギーを吸わずには、いられないようです。

そして、もっと分かりずらいケースですが、
ヒーラーなどの中にも、本人や受ける人が気づいてないだけで、
エネルギーを奪っている人もいると聞きます。
だから、その人がエネルギーを与える人か、
奪い取っていく人かを、よく見極める必要があるでしょうね。

エネルギーをたくさん持っている人ほど、狙われやすいらしいです。

波動について

イライラしている時の波動は、低い。
だから、イライラや不満ばかりが募っている時は、
望むような現実からは、遠ざかる。

同じように落ち込んでばかりいたり、
悲しんでばかりいる時も波動が低くなる。

だから、一時的には、仕方がないとしても、
意図的に、自分の波動を高める事が必要なようです。

だから、好きな事や、好きなモノなどが大切なようです。

何をしたら、自分は、気分を上げることが出来るか?

意識して、意識して、
自分を気持ちが良い状態に保つ事が必要なようです。

自分の波動が上がる事で、自分の現実も変わる。
目の前の現実は、私の波動に伴った事が起きます。

現実が、イマイチなら自分の波動が低いのかもしれません。
だからこそ、今ここから波動を上げましょう。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 , ユーチューバー

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.