スピリチュアルな有名人 

東大医師・矢作直樹(やはぎなおき)さん・・・

更新日:

並木良和さんと共に、
講演会などもされている矢作直樹さん。

東大医師でありながら、
かなり、スピリチュアルな事も学び、
そちらの世界に目を向けている医者であります。

今は、スピリチュアルな事が認められてきたと言いましても、
そのような類なモノが大嫌いな人達もいますので、
色々、批判を受けたりした事もあると思います。
実際に、ネットのニュースで、
矢作直樹・霊感セミナー疑惑なるものが出た事もあるようです。

だけど、医者の中にも最近は、
このような事を伝えている人も、増えてきました。
そして、医者がそのような事を伝えるのは、
それなりのリスクも背負っていると言う事ですね。

中には、本当に悪どい人もいると思いますが、
その辺は、私達、一人一人が自分なりに、
見極めなければならない事だと思います。

そして、被害に遭われたなら相談すべき所に相談する事です。

私は、矢作直樹さんにお会いした事は、ありませんが、
医者でありながら見えない世界の真実を伝えている人だと思います。

憑依について

矢作直樹さんは、救急医療に携わっているそうです。
それだけに、死に直面した患者さんとも、かなり接してきたそうです。

そのような中で肉体以外の存在にも自然と目が行くようになった。
今は、患者さんを見れば、大体、憑依かどうか分かるようになった
と矢作直樹さんは、言います。憑依と言うのは、霊が意識して、
乗り移るのではなく、同調して、気がついたら、そうなっていたと
言うのが霊側の言い分のような感じであるようです。

その昔、高橋信次さんも、悪霊などに憑依されるのは、
本人の心に問題があるから、そうなると言われていました。

だけども、体が弱ったが故に、心も弱ったと言う事情もあるでしょう。
家庭内などの事情で、そうなるケースもあるでしょう。

また、憑依は、強い刺激が嫌いらしい。

昔の海外の医者の話では、電気ショックと言う治療があって、
それによって憑依が取れる事もあったそうです。
だけど、これには、色んな危険性や問題もあるようです。

何らかのショックによって、憑依される事もあれば、
何らかのショックによって、憑依が取れる事もある。

私の身内にも、そのような感じの事がありましたが、
身近な人の死と言う形で、憑依が取れたような気がしました。

魂は、不滅

そして、矢作直樹さんは、「人は死なない」と言う本を
出されていますが、その本を出した時に、
結構、医療現場で働いている人だと、
そのような事を口には出さずとも、
分かっていた人もいたとの実感を得たそうです。

医療現場で働く人は、人の生死に携わる人も多いです。
だから、矢作直樹さんだけではなく、
そのように感じていた人は、多いのでしょうね。

矢作直樹さんは、魂は、乗り物だと言います。

私は、個人的に、ガンダムのような感じかなぁと思いました。
私の肉体は、ガンダムのようなモノで時が経てば劣化して滅ぶ。
だけども、中の操縦者である魂は、生き続ける。

以前、小林正観さんも言っていましたが、葬儀の時に、
亡くなった人の事を、生前、お世話になりましたと言います。
生前とは、生れる前。死ぬ前ではなく、生きている間でもなく、
生前と言う言葉を使っていると言う事は、昔の人達は、
死後、生きる前の世界に戻る事を知っていたのでしょう。

あるいは、死後、あの世に生まれると言う意味での生前。
あるいは、次の生(輪廻)に生まれる前と言う意味の生前。

どちらにしても、私達は、元々、最初から、
どこかで、そのような事を知っていたのかもしれません。

だから今でも、葬儀の際に、
生前、お世話になりました
と言う言葉が使われているのだと思います。

スピリチュアルな話

矢作直樹さんは、並木良和さんなど、
スピリチュアルな有名人との交流もあるので、
その類の話にも詳しいです。

矢作直樹さんが言うには、
日月神示を伝えてきた存在は、
キリストなどの意識から見ると、
そこまでの次元ではない存在が伝えている事であるそうです。
だから、恐ろしい予言は、それほど、信じなくてもいい。
勿論、当たっている部分も、あるようですが、
今は、もっと上の次元の存在が色々、伝えている。
色々、サポートしてくれているようです。

並木良和さんの話

スピリチュアルな有名人一覧

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.