世の中の事など 日記

ほんまでっかTVの武田邦彦(たけだ くにひこ)先生が、消費税ゼロも可能だと発言???

投稿日:

陰謀論やスピリチュアルな話を語っている人の発言なら、
分かりますが、メディアでも、それなりに名の知れた人が、
このような発言をすると言うのは、かなり勇気のある事だと思います。

街頭やらで消費税反対運動をやっている人達などを
たまに見かけたりしますが、武田邦彦先生の一言発言の方が、
世の中、全体に与える影響は、大きいでしょう。

政府をよくする為に、税金を払わない仕組みにする事が、
一番いいと言われています。結局、税収と言うのは、
自分のお金ではない。人のお金だから、使い方も、
おかしな使い方をしている事も多いそうです。
(勿論、実際に税金を払わなければ、脱税などの問題になって、
厳しく罰せられますので、あくまでも、理想論であると思います。)

昔、斉藤一人さんが、政治家なんか、
本来は、経営者ばかりを集めた方がいいと言われていました。
日本と言う国を経営するのだから、経営者として成功した人が
集まるような軍団にした方がいい。
そのような話をされていた事があったと思います。

このように経営者的な発想がない人が多いから、
政治家が、やり出した事には、
赤字を垂れ流しているような事もあると聞きます。

経営者的な視点で見れば、リスクを最小限に抑えると言う事が出来ず、
行き当たりばったりで、失敗する事業をたくさん抱えているような状態。

悪い言い方をすれば、あの手、この手で国民から、
税収を集めようとしている。マスコミもお金で動いている。

国に1000兆円の借金があると言うのは、大きな間違いで、
実際は、国民が政府に対して1000兆円貸している状態であるそうです。
だけど、政府は、既に、その1000兆円を使い込んでしまった状態。
だから、また、お金を借りる必要があるわけで、それこそが、
増税の仕組みであるようです。税金を本当に上手く運用できれば、
増税など必要ない。上手く活用できていないから増税される。

武田先生に言わせれば、100万円借りた人が、
使ってしまったので、また100万円貸してくださいと
やっているのと同じ事だと言います。
その皺寄せは、また国民に行きます。

しかも増税されると国民がお金を使わなくなるので消費されない。
経営者的な視点で言えば、悪循環の自転車操業と言う事になります。
このように政府は、昔から、日本国の経営と言う視点で見れば、
お金の使い方は下手であったようです。だけど下手だと、
結局、苦しむのは、国民と言う事になります。

政府は、儲かる事業をやっていないと言う事になるそうです。
だから、斉藤一人さんも言われていたように、
政治家などは、一流の経営者の集団にする事が、
本来、望ましい事なのかもしれません。

武田先生は、増税をしても、
税収は、変わらないと言います。
何故なら、消費税を上げれば、
他の税収が下がると言うような仕組みもあるそうです。

難しい話を簡単に伝えていると思いますが、
やっぱり、まだまだ、難しい部分もあると思うし、
税金に関しては、わざと難しくして、
分かりずらくさせている要素もあるらしいです。

だから借金1000兆円は、
そもそも政府が国民から借りたようなものなので、
一度、これを帳消しにして、
リセットするような事が望ましいようですね。

話は、変わりますが、私は、過去に、
武田邦彦先生にお会いした事があります。
と言っても、名古屋の電車の構内で見かけて、
一言、喋っただけですが・・・。
その一度だけの事ですが、今でも、武田邦彦先生の話を
目にしたり耳にしたりすると、あの時の事を思い出します。
見た目も、テレビで見たまんまの人でありました。
優しそうな印象の人でした。

元号も変わったので、いよいよ、政治や増税などの仕組みも
根本から崩壊しつつあるようにも思います。今後は、
一度、洗い流して、立て直されるような気がします。

スポンサーリンク



-世の中の事など, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.