スピリチュアルな有名人 

雲黒斎さんと阿部敏郎さん

投稿日:

スピリチュアル界隈では、
このお二人も有名な方です。

お二人でコラボ講演などもされているようですが、
本当に阿吽の呼吸であると思います。
(私は、動画でしか見た事がないです。)

だけど、最近は、色んなスピリチュアルな
有名人が出て来た事で、私の興味が少し、
遠ざかっていたような気もします。

でも、私が、お二人から遠ざかった
もう一つの理由は、お二人とも本の内容は、
面白いのですが、ブログの内容が、
イマイチみたいな所があったからかもしれません。
(あくまでも、私にとっては、と言う事です。)
私は、ブログの細かい長文を読むのが苦手なのですね。

私が、最初に阿部敏郎さんを知ったのは、
小林正観さんが、ご自身の講演会の中で、
阿部敏郎さんの、さとりの授業と言う本を紹介され、
その中の悪魔会議について大絶賛されていたからです。

その当時、まだ、阿部敏郎さんは、
それほど、有名でもなかったと思うので、
彼を有名に押し上げた一人に
小林正観さんも入るのでしょうね。
実際に、阿部敏郎さんの講演会には、
正観さんが話していたから来たと言う人も、
結構いたそうです。

だけど、正観さんは、本を読んだだけで、
阿部敏郎さんに、会われた事も、なかったそうです。

そして、阿部敏郎さんも正観さんに、
会いたいと思いつつも、会われた事がなかったようで、
お互いに面識は、なかったのですね。

私は、雲黒斎さんや阿部敏郎さんの
講演会には、行った事がないのですが、
お二人の話を本で読み、動画で見たりしました。
(正観さんの講演会には、何度か行った事があります。)

今は、どうだか、知りませんが、
最初に阿部敏郎さんの動画を見た時に、
多少、言葉が乱暴かなぁと言う印象もありました。
だから、本の内容が素晴らしかっただけに、
多少のショックを受けた感じもありました。
(正観さんは、発言する言葉や書く文字を大切にされる方でした。)
だけど、阿部敏郎さんも、最近は、随分、
穏やかな話し方をされるようになったと思います。

雲黒斎さんに関しては、メガヒットされた本、
「あの世に聞いた、この世の仕組み」
を読んだ時に衝撃を受けて何度も読み返しました。

阿部敏郎さんの本も何冊か読ませて頂いた事があります。

二人とも明るく楽しい方だと思います。

しかし、阿部敏郎さんは、いきなり仕事を辞めたと話していますが、
それを聞いて真似する人も出てきてしまうと思うので、
その話は、多少は、自重して欲しいかなぁとも思います。
何故なら、いきなり仕事を辞めて上手く行く人もいますが、
そうでない人が大多数であると思うからです。

それは、さておき、お二人が話されている内容には、
共通項があります。二人だけではなく、多くの
スピリチュアルな方々が伝えている事とも共通している事は、
すべては、一つの意識で出来ていると言う事であります。

すべてが、一つの意識である事に気づく事を、
目覚めや悟りと呼ぶ人もいるそうですが、
それは、気づけば、当たり前の事であるらしい。

その事を分かりやすく書かれた本に、
阿部敏郎さんの「大いなる一つ」があります。

雲黒斎さんは、セロトニン欠乏と言う鬱状態で、
記憶がなくなる所まで行っていたそうで、
強い副作用がある薬を飲んでいたそうです。

そんなある時、自分の思考とは、
明らかに違う所からの、
メッセージが届くようになった。
それが守護霊の声だったのですね。

また、命と言うモノは、
個人が所有しているモノではないと気づいたそうです。
だから、私は、肉体を持っていますが、死ぬ事は、ない。
だから、私は、肉体を持っていますが、生れても、いない。

この世には、私達の人生には、意味も、価値も、目的も、ない。

私達は、その上に色々な思いや感情を付け足しているそうです。
思考が、本来の世界を見えなくしているらしい。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.