占い 日記 霊障

新大久保・大光寺に行ってみた・・・

更新日:

私の霊視初体験。

私、霊視と言うモノが、
どんなモノか知りたいと思い、
もう、随分前の事になりますが、
新大久保にある大光寺と言う所で、
霊視をしてもらった事があります。

大光寺 HP

作家のよしもとばななさんとも親交がある方のようで、
値段も、1万円で聞きたい事があれば、
何でも教えてくれると言う事で行って来ました。

地下1Fに行く階段を降りると、
坊主頭の割と体も大きめ?の女性の
金慧惺(キムヘソン)さんが迎えてくれました。
男性っぽい感じの人ですが、
優しそうなお顔をされていました

だけど、建物の外観とか看板とか、
怪しい要素があったので、
よしもとばななさんが推薦していなければ、
やっぱ辞めとこうと引き返していたかもしれません。

予約制ですが、既に、
何人かの女性のお客様もいました。

そして、私の前世を見てもらったり、
今世のアドバイスをしてもらったりしました。

私の直前の前世は、300年ほど前に京都で侍をやっていたそうです。
それ以前の前世は、海外で過ごしていた時期が多いらしいです。

そして、今世の現実的なアドバイスは、
何でもいいからオーナーになりなさい。独立しなさいとの事でした。

だけど、オーナーになれと言うのは、その辺の街頭占い師に
手相を見てもらっても、よく言われていた事なので、
あぁ、やっぱりかぁぐらいにしか思いませんでした。

あとは、聞いては、いないですが、
私のオーラの色などを教えてくださいました。

霊視体験したくて行ってみたものの、
いざって時には、聞きたい事も、
それほどないなぁと思いました。
だから、時前に、ある程度、聞きたい事を
まとめておくと言う事をしなかったのが私の反省点ですね。

後日、ネットで大光寺を検索してみると、
結構、インチキだとの悪評も多かったのですね。
でも、逆に言えば、それだけ多くの人が訪れている証拠でもあります。

霊視の1万円だけであれば、私は、あれで良いと思うのですが、
悪霊祓いなどの料金体制は、不評であるようですね。

テレビなどに出演された事もあるそうで、
今も結構、流行っているそうですが、
流行れば、流行るほどお金も儲かるので、
いつしか、金儲けに走ってしまう部分も
否めない要素かもしれません。

だけど、大光寺の金先生が、
偽物か本物だったかは、
私は、今でも分かりません。

ネットの悪評も、
行ってもいない人が、
書いている事もあるので、
気になるなら、一度は、会って、
自分の目と耳で確かめるのが、
いいのではないか?と思います。

悪評ばかりではない。
良評ばかりでもない。

それは、どの占い師も、
どの霊能者も同じであるでしょう。

大光寺に行って本当によかったと
感謝している人達もいるようです。

だから、悪評だけを鵜呑みにしない事も、
大切な要素であるかもしれませんね。
レビューや体験談は、あくまで参考程度にしましょう。

そして、悪評を信じるのなら、
最初から行かない方が無難でもあるでしょう。

スポンサーリンク



-占い, 日記, 霊障

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.