障がい者の世界

障がい者の支援者の闇・・・

更新日:

障がい者の支援者と言うと、
基本的に人格的に素晴らしく、
優しい心の持ち主が多いと言う
イメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

確かに、そんな人も多いです。
素晴らしいと思える人も多いです。
厳しくしながらも、その裏に深い優しさを持っていて、
敢えて憎まれ役を買って出ているような人もいます。

だけども、その一方で、本当に人格的に問題があるような人が、
障がい者の支援者の中には、時折、混じっています。
どこの事業所もそうだとは、言いませんが、
障がい者を支援する立場にある事業所一つ一つを見ても、
一人ぐらいは、そんなような人がいたりする事もあります。

障がい者の支援者と言う仕事は、
中々、大変な仕事だと思います。
仕事量の割りに給料も安かったりします。

一人一人の人を障害も含めて理解するなんて、
普通の人に出来る事ではないでしょう。

だから、あのような職業に就く人は、
普通以上の事を求められたりもします。

普通の基準も、
人それぞれであると思いますが、
私が闇だと思うのは、
人格的に非常に問題があると思える人。
波動が非常に低いと思える人。
他では、とても働けないような状態の人。
どちらが、障がい者だか分らないような人。

そのような人が、障がい者の支援者と言う立場で、
働いていると言う現状があると言う事です。
それだと、障がい者の人にも悪影響が及びます。
障がい者を見下す、バカにする。自分の意見だけを押し付ける。

それだけに収まらず、思考の癖なのか精神の病なのか知りませんが、
何で、そうも、おかしいんだろうか?
何の病だろうか?と思えるような人。
世間一般の企業では、とてもお目にかからないような
人格異常者のような人が、障がい者の
支援者と言う立場で働いている事があります。

自己愛性人格障害やサイコパスの人と出会うと、
何で、そうも、おかしいんだろうか?
と思うような事もありますが、
障がい者の支援者の場合だと、
障がい者の方の為を思ってなどの、
大義名分が成立する事もあって、
中々、すぐには、そのおかしな人を
見破れないと言う事もあります。

サイコパスと自己愛性人格障害

そのような人が長年、障がい者支援の
現場で働いていると言う事もあります。

それ故に、障害者の障害の症状が、
悪化するなどの問題も起きます。
だから、障害者虐待防止法などが出来たりしました。

しかし、まだまだ、支援者であっても、
この法律の事をよく分かっていない人も多い。

高齢者や障害者の現場で働くと言う事は、
過酷で大変な事だと思います。
だから、慢性的な人手不足である事業所も多いです。
殆どの事業所が人手不足であったり、
職員の定着率が悪かったりもしています。

しかし、介護や障がい者支援の仕事を
体力的や作業的には、こなす事が出来ても、
人の意見や、人の心に向き合うと言う事に、
非常に鈍感な人もいます。

敢えて、ロボット人間のようになっている人もいます。
もっと、あり得ないほどの闇の部分もあちこちにあります。

だから、障がい者だけではなく、
支援者側の人格や心のチェックを
もっと徹底的に普及させるべきではないか?と私は、思います。

だけど、一方で障がい者側にも甘え心が、たっぷりであったり、
非常に怠けていたり、人格的な問題が多すぎる人であったり、
そんな人もいるのが障がい者の世界の現状であります。
障がい者と利用者間のトラブルも、あちこちにあります。

だから、支援者、利用者共に、一部において、
非常に、おかしな人が混じっていると言うのが、
障害者の世界の闇の部分であります。

だけど、一部です。一つの事業所に、
そのような人が一人いるか、いないかと言うような状況です。
だとしたら、その一人を排除した方が、
その事業所は、円滑に回るような気がします。
気がしますが、やっぱり人手不足などの問題で、
中々、それが出来ないでいるのでしょうね。

問題があると思える一人を排除する事で、
みんなの心は、円滑になるかもしれませんが、
仕事、作業量などを考慮すると、
その一人が抜ける事で、
そちらのトラブルが出たりもします。

だから、この闇も中々、難しい問題だと思います。
思いますが、一人抜けても、また一人入って来ます。
何故だか、分りませんが、そのようになっています。

だから周囲の人達は、恐れずに、非常に問題があると
思える人を覚悟を決めて排除すると言う事も、
一つの解決方法なのかなぁと思います。

そして、絶対ではないですが、
人格的に問題があると思える人は、
遅かれ早かれ、職場で何か大きなトラブルをやらかします。
その後、反省したり気づいたりで、
大きく変わる人も中には、います。

大きな問題を抱えている人ほど、
変わる時も、大きな変容を一瞬でする事があります。

だけど、現実問題、残念ながら、
何も変わらず、そのままの人の方が多いです。

そして、もう一つ。
子供が言う事を聞かない。
部下が言う事を聞かない。
生徒が言う事を聞かない。
利用者が言う事を聞かない。
このような場合、自分は、その人達から尊敬されていますか?
人は、尊敬している人や、大好きな人の言う事なら聞くものです。
小林正観さんの言葉ですが、まず、自分が人格者になると言う事です。

障がい者の支援者でありながら、自分から、
コミニケーションを取ろうとしない人がいます。

自分が話しやすい人とだけ話している。
これでは、支援者失格の部類だと思います。

そして、コミニケーション不足による問題が出たり、
支援者側の人が一方的に怒り出すようなケースさえあります。
これが、色んな事が悪循環するパターンですね。

確かに、障がい者の支援者は、大変だと思いますが、
どうしても、色んな事を察知して気づく能力は、
求められている仕事だと思います。

だけど、先程も言いましたが、
問題があると思える支援者の人も、
結構、いますので、今、仕事がなくて、
何でもいいから働いてみたいと思っている人であれば、
給料的には、安いかもしれませんが、
障がい者の現場で働いてみるのもいいかもしれません。

優しい心を持っていて人格的にも問題なく、
必要最低限の常識を持っている人なら、
障がい者支援の現場で、
必要とされる人になるかもしれないですね。

問題外の人も働いている業界です。
介護業界と同じで、大概、どこも人手不足だと思います。

だけど、本当は、人格上の問題を抱えていると
思えるような人が、障がい者や介護の現場で、
働いては、いけないのだと思います。

しかし、本人にその自覚がない事も多いと思います。

これが支援者側の問題点ですね。

障がい者の就・転職ならサポート実績業界No.1のアットジーピー【atGP】

スポンサーリンク



-障がい者の世界

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.