スピリチュアル 占い 読書

占いをどこまで信じていますか?―あなたの意識で運命は変えられる

更新日:

今回は、この本を読んでみました。

アマゾンのレビューでは、
他の本と重複している部分が多いなどのコメントもありましたが、
それは、逆に言えば、この一冊に、著者のスピリチュアル的思考が、
かなり、まとめられているのかもしれません。

占いは、確かに、素晴らしい要素を秘めていると思います。
だけども、占いによって、身を滅ぼす人もいます。

今は、ネットでも無数の占いサイトがあります。
お店で占っている人もいれば、街頭占いをしている人もいる。
電話占いをしている人もいる。色んな占いがあり、
占い師も、たくさん存在しています。

占い師との相性もあるでしょうし、
その占いとの相性もあるかもしれません。

よからぬ事を言われて、落ち込んだり、
いつまでも、気にしたりするような事もあるかもしれません。
世の中には、色んな占い師がいるものです。

だから、占って貰う前に、
占いをして頂く側の心構えも必要であると思いますし、
占いは、学ばずとも、占い師については、
よく学んでおく必要もあるのかもしれないですね。

その為には、この一冊で十分な知識が得られると思います。
いや、これを、きっかけに、さらなる学びも必要かもしれません。

偽者や、騙しも多い業界です。
儲けの為だけに、
占いや霊視やスピリチュアルな商売を、
やっている輩も多い業界なので、
それなりの事を、見てもらう側も、
学び、気をつけておく必要があると思います。

占いは、確かに便利で素晴らしいものであります。
しかし、占いに頼らないと何も出来ないようになっては、
本末転倒であります。

占いでも、霊の事でも、スピリチュアルな事でも、
良い事ばかり、良い人ばかりではないです。
悪の情報や存在なども入り混じっています。
それらのモノにのめり込み、泥沼のようになる人もいます。

なので、占いでも霊視でも、
見てもらう側の方も、
ある程度の学びは、必要であると思います。



命術・・・

手相や人相や易やタロットなど、
生年月日を聞かない占いもあれば、
上記のような占いでも生年月日を聞いて占う場合もあります。

色々な占いがありますが、
占いと言うのは、主に生年月日を聞いてから始める占いが、
多いような気がしています。それほど、生年月日と言うものは、
重要なものなのでしょう。

この、生年月日を軸にした占いの事を命術と言うそうです。
つまり、命術とは、生まれた時に定められていた事でもあります。

運命は、自分で変えられると言いましても、
生まれた場所や、生まれた時間などは、
もう、変える事は、出来ません。
このように生まれた時に定められていた星を用いる占いが命術です。

四柱推命、算命学、ホロスコープ、東洋占術、西洋占術、紫微斗数など。
どれも、生年月日を軸にして占うのであれば命術であります。

だから、生まれた星によって、ある程度、決められた要素があると言う事です。
当たるも八卦、当たらぬも八卦ではありますが、
古代から続いて来た統計学でもあります。

信じても信じなくてもいいのですが、このような傾向があるかもしれないと
知っておく事は、無駄ではないと思います。多くの経営者の人も、
どこまで、本気かどうかは、知りませんが、
それなりに占いを活用している人も多いそうです。

今は、インターネットの普及で、「無料 命術」と検索すれば、
生年月日を入力するだけで簡単な占い結果を見れるものもあります。
私も幾つか、試してみましたが、ある程度の傾向は、当てはまると思いました。
(怪しいサイトもあるので、その辺は、ご自身で見極めてください。)

意識の反映

占い師に、ああ言われた。こう言われた。
だけども、現実に反映しているのは、
いつも、いつでも、自分の意識の反映です。



意識にも波動があるので、
同じ波動を出している状態が、
しばらく続けば、それに、
ふさわしい出来事が起きたり、
ふさわしい人が寄って来たりします。

過去の事をズバズバ言い当てられて、
未来の事まで、信じたりしますが、
それが、よからぬ事であったとしても、
自分が信じたが故に、現実化したとも言えます。

現実は、自分の意識レベルに見合った出来事が展開します。

だから、その占い師の言う事で、
どれほど他の事が当たっていたとしても、
よからぬ予言をする占い師の言う事を信じないというのも、
占い師との上手な付き合い方になると思います。

また、意識が波動となり現実化しているのですから、
不満だらけの事を思って不幸な事が起きているのであれば、
その人は、自業自得と言う事にもなります。

現実は、自分が出した波動の出来事しか体験しないので、
どれほど、不公平に見えたり思えたりする事も、
波動の法則では、すべてが公平と言う事になるそうです。

意識が現実に反映するので、
やっぱり、当たる当たらないも大事ですが、
自分を、いい気分にさせてくれる占い師を選ぶ事です。

占い師の言ったことが当たるのは、
自分の意識の中に、
その事を取り入れたからです。
自分の意識で、その事を認めたからです。

占い師に言われた事を意識したから、
現実化したと言う流れにもなります。

当たるように自分自身で意識して、
行動したとも言えるのですね。

よく、いい事を信じ、悪い事を信じなければ良い、
と言う事を言われますが、悪い予言を、
信じていないつもりでも、何処かで意識していたりもするものです。
だから、最初から、悪い予言をしない占い師を選ぶ事も、
占い師との上手な付き合い方かもしれないですね。

だけど、悪い予言も、占いで、そう出ている事もあるでしょう。
だから、言葉の言い回しで、本人が悪く受け止めすぎないような
話術も占い師には、求められているのだと思いますし、また、
それを回避する方法まで伝えてこそ本物の占い師だと思います。

占いは、あくまで、その傾向を示しているわけで、
そうなると断言しているわけではない。

統計学

占いは、統計学でもあるので、
ある程度の、当たる傾向と言うモノは、あります。
ありますが、そのすべてが当てはまるわけではないです。

同じ生年月日の人が、同じ運命を辿るかと言えばそうではない。
生まれた土地も違えば、親兄弟だって違う。


だから、色んな事が影響しているので、
一概に生年月日や血液型などを混ぜた占いでも、
あくまで、一つの傾向を表しているに過ぎません。

今は、機械化されたりで、
瞬時にそのデータを読み取ったりする事も出来ますが、
コンピュータの精度が、どれほど高くても、
人間は、コンピュータのように計算式で、
すべてが、成り立つような人生には、なっていないように思います。

占いは、確かに素晴らしい要素を秘めていますが、
占いに、振り回されない事も大切な要素でしょう。

現実に起きる事

自分の身の回りで起きる事は、
すべて、自分への、何らかのお知らせです。
自分自身に何らかの気づきを伝えようとしています。

特に一見、嫌な事、不幸と思える事、悪いと思える事、
そのような中に、凄いチャンスが隠されていたりもするようです。



そのハプニングに、後からでも、感謝できるようになると、
その後の人生が、一変したり、奇跡的な事が起きたり、
不思議な出来事を体験する機会が増えていくそうです。

運命は、自分自身の言動、行動、意識の積み重ね。
だから、それを変える事で運命も変わるようです。

占いで言われた悪い事が、
まったく当てはまらない人もいるようです。

意識レベル、波動が高いか、低いか。
これが高ければ高いほど、負の影響を
あまり受けないのかもしれないですね。

そしてまた、どれほど良い
運命の流れの中にいたとしても、
その本人が動かなければ、
その運命の流れには、乗れないと思います。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 占い, 読書

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.