どうでもいいこと スピリチュアル 日記

ソウルメイト・・・・

投稿日:

スピリチュアルな事に興味がある人も、ない人も、
色んな所で、この言葉を見たり聞いたりした事があると思います。

ソウルとは、魂と言う意味で、
メイトとは、友と言う意味であるそうです。
だから、魂の友達ですね。

だけど、私は、このソウルメイトを気にしすぎのような人も、
多いような気がしています。ソウルメイトであろうが、
なかろうが、自分が、その人をどう思うか?
それだけではないでしょうか?

私も、知識としては、ソウルメイトの事を、
色々と見たり聞いたりして、知ってはいますが、
出会った人が、ソウルメイトだろうが、
カロリーメイトだろうが、何でもいいと思っています。

ソウルメイトの情報は、溢れていますが、
その共通項もあれば、矛盾している部分もあったり、
中には、間違った情報を伝えている人が多いと言っている人もいます。

偽ソウルメイトと言う人も存在しているらしい。
一説では、偽ソウルメイトに出会った後に、
本物ソウルメイトとの出会いがあるとも言われています。

だけども、自分が本心で、この人は、本物だと思えたなら、
それは、恐らく、真実であるのだと思います。

仮に、後から、違ったと思えるような出来事があったとしても、
それも、後々、いい経験になると思いますし、
ソウルメイトが、どんな人か、学びが深まる事でしょう。

スピリチュアルな有名人にkeikoさんと言う方がいます。
アメブロをやったり、本を出版されている方で、
波動が見える人でもあります。

そのkeikoさんの話だと、
運命の人に出会うタイミングとして多いのが、
「あるカルマを乗り越えた後」と言う事を言っていました。

私個人の経験としても、非常に嫌な事やショックな出来事があった後に、
奇跡的な再会をした事が、過去に三回ぐらいありました。
その人が、ソウルメイトだったのかどうかは、私には、分かりません。

分かりませんが、やっぱり、何らかの形で、
カルマを浄化した後に、嬉しい人や、
懐かしい人との再会。あるいは、
運命的な出会いが待っていたりするのでしょうね。

だから、非常に嫌な体験。ショックだった体験も、
必要な部分もあるのだと思います。

keikoさんも、カルマを昇華した後に、
運命的な出会いをする人が多いとおっしゃっています。
一見、よろしくない事は、運命的な宿題で、
その宿題をやった後に、その、ご褒美が来る。

特に、ソウルメイトの出会いなどは、
カルマ抜きには、語れないそうです。

小林正観さんの話の中にも、
幸福と言う名の現象は、卵構造で、
不幸と言う白身を通って行かないと、
中身である黄味(幸福)に会えないとありました。

だから、私は、カルマメイトが卵の白身の部分で、
ソウルメイトが、卵の黄味の部分だと思っています。
(ソウルメイトの中にもカルマメイトが、いるらしいです。)

一見、不幸と思える事の中に幸福を内在している。
その時は、とても、そうは思えなくても、
辛く苦しい時期、それは、幸福へと前進しているのですね。

後は、いつまでも、辛い事、苦しい事に、
捉われず、楽しい事へ行く為に体験したんだと思う事ですね。

また、ソウルメイトと言うのは、
何人もいて、
この世に生まれた時、
最初に出会うソウルメイトが、
両親であると言う話もあります。

出会った時や、しばらく関わった時に、
妙な懐かしさを感じる人が、
ソウルメイトだと言う事も言われています。

やっぱり、ソウルメイトとの出会いは、
魂が何かを感じるのでしょう。

斉藤一人さんの話だと、
ソウルメイトは、
過去世などで一緒に過ごしているので、
同じ記憶を持っているそうです。

だから、初対面で言葉にしなくても、
分かるような感覚があったりするようです。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.