どうでもいいこと

時代の進化と情報量の増加・・・

投稿日:

時代の進化と共に、
私達が取り出せる情報量は、
増えているように思います。

インターネットが普及する前は、
調べ物も辞書で調べたり、
図書館で調べたりと、
それなりに時間がかかりました。
それが、今では、検索エンジンで、
すぐに答えが出る事も多い。

今の若い人は、漫画でも音楽でも、
CSやらBS、動画や、
その他のネットのツールの影響で、
昔のモノを結構、知っている人達もいます。

だから、今の若い人は、必然的に、
昔の人より知識量も多いのかもしれません。

例えば、昔の10歳ぐらいの平均の知識量が、
1000としたら、今の10歳ぐらいの世代の平均は、
10000ぐらいになっているかもしれません。

それだけに偏った知識になりやすい要素もあるかもしれませんが、
それだけ早い段階で、その道の専門家になれる要素もあると言う事でしょう。

ゲームの普及も、古い世代の人達は、
それは、よくないとか、自分達の価値観で、
決めたりもしてしまいますが、
あれが役立つ部分もあると思います。

現に今は、ゲーム配信や、ゲーム開発で、
それなりに稼いでいる人達も多いです。

時代は、常に変化していますし、進化しています。
近年、進化のスピードは、加速していると思います。

古き良き時代の部分も残しておく事も大事だと思いますが、
今の時代の良き部分を理解したり受け入れる事も大事な事だと思います。

古き良き物を後世に伝えたり、残しておく事は、素晴らしい事でしょう。
しかし、今の時代には、もう必要がなくなったから、
崩壊している要素も、あるような気がします。

スピリチュアルな話でも、
現実は、ゲームのようなもので、
自分自身が諸々の事や人の配置をして、
その中で遊んでいるゲームのようなものだと言う話もあります。

だとしたら、今の時代は、現実とゲームの世界の差が、
それほど、なくなってきたのかもしれません。
ゲームを通じて、色んな事に気づいたり、
覚醒と呼ばれる目覚めを体験するような若者も、
今後、どんどん出てくるのかもしれません。

だけども、良き部分もあれば、
そうではない部分もあると思いますので、
ほどほどにやるのがいいのではないか?と思います。

また、思考が、現実化すると言いますが、
いつ、どんな思考をするのかさえ、
元々のプログラムとして決まっていたかもしれない。

現実世界のゲームも、色んなプログラムによって成り立っています。
ゲームの世界には、アバターと呼ばれる自分の分身キャラがいます。

現実世界のアバターが、今の私。
現実世界の外側に、私を操っている大元の私がいるそうです。

その大元の私は、宇宙、あるいは、宇宙の外側にいる。

その存在が、すべてをプログラムしてきたのかもしれないし、
その都度、プログラムを創っているのかもしれない。
あるいは、ゲームのカセットを替えるように、
取っ替え、引っ替え、やっているのかもしれません。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.