どうでもいいこと 芸能情報

今でしょ!の林修先生は、昔は、借金だらけだった???

更新日:

東進ハイスクールの塾講師で、今は、TVにも、
引っ張りダコの林先生。
今でしょ!のキャッチフレーズで大ブレイクされました。

そんな林先生も、塾講師になる前には、
借金だらけのような生活をしていた事があるそうです。

自分で起業したり、株をやったり、さらには、
競馬、麻雀、パチンコなどのギャンブルにも手を出し、
大学時代には、パチスロで100万負けた事もあったとか。
そして、最終的に2000万円近くの借金を背負う事になったそうです。

今の林先生にとっては、2千万円ぐらいなら、
大した金額ではないかもしれませんが、
当時、借金を背負った時は、結構、落ち込んでいたそうです。
東大卒で一時は、銀行員でもあった、
エリートだった人が、無職の時代を経験する。

その後、塾講師と言う道に足を踏み入れたそうです。
とは言っても、元々、学生時代に家庭教師のバイトで、
月収50万円ぐらい稼いでいたそうですから、
元々、勉強を教えると言う事に関しては、
天性の才能があったのでしょう。

だけども、塾講師と言う仕事は、
やりたくて進んだ道ではなく、
最初は、借金返済の為に、仕方がなく進んだ道であったそうです。

そして、まだ、当時は、ギャンブル好きも、
治っておらず、パチンコで連チャンになった為に、
授業を欠席した事もあったそうです。

世間一般的には、教える立場の人が、それでは、
決して許される事ではないと思いますが、
そんなお茶目な一面が、また生徒に慕われる要素にも、
なっていたような気がします。

だけど、依存症も一歩間違えば、そのまま、
おかしな方向に進んだとも思いますし、
林先生は、そこから立ち直った人だと思います。
林先生自身も、今の僕があるのは、
ギャンブルや借金のお蔭だとも言っています。

何でも、そうだと思いますが、
過去の失敗と思える体験を人生の糧にして、
プラスに転じる人達がいる。
その一方で、そのまま、どんどん、
人生をダメにしていく人達もいる。

だから、結局、心の持ちようや意思の強さと言うモノが、
その人の人生を決めていくような気がします。

林先生は、バブル時代を体験しており、
林先生の周りにも、3億やらの借金をしていた人達がいたそうで、
そのような人間観察をしている中で、
「浮かれていると、大抵は、潰れていく」と言う事を感じたそうです。

しかし、林先生のような、あれだけ頭の良い人でも、
ギャンブルでは、負けるのかと思いますし、
林先生ほどの頭脳はなくとも、
ギャンブルで飯を食っている人もいる。
だから、その分野で飯を食ってくと言うのは、
大多数の人が気づかない何かに気づく力が、
必要であるような気がします。

また、林先生は、学生時代から、
一人がいる事が好きであったようで、
その辺は、私とも似ていて共感しました。
みんなで集まる事が好きな人もいれば、
一人でいる事が好きな人もいる。
私と林先生は、そのタイプです。
だけど、林先生は、天才で、私は、凡人です。
凡人と天才にも共通項があるんですね。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, 芸能情報

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.