心理学 日記

やりたくない事には、○○が隠れている・・・

投稿日:

今回は、非常に、
ケースバイケースの話ではありますが、
やりたくない事の裏には、
やりたい事が隠れていたりします。

やりたい事と、やりたくない事は、
表裏一体だとも言われています。

だから、今、やりたい事が、
見つからないと言う人は、
やりたくない事をピックアップ。
何故、やりたくないのか?
その中でも、一番やりたくない事の裏に、
一番やりたい事が隠れているかもしれません。

そのやりたくない事にもよるとは、思いますが、
やりたくない事をやる事で、心の錘を軽くしたり、
メンタルブロックを解除したり出来るらしい。

自分が最もやりたくない事は、
顕在意識がそう思っているだけで、
潜在意識や魂が、やりたい事である可能性がある。
だから、やりたくない事をやる事は、
顕在意識と潜在意識を
逆さまに出来る行為でもあるらしい。

でも、先程、申し上げたように、
やりたくない事の内容にもよると思います。
例えば、喋るのが苦手や、人見知りが激しくて、
営業なんて、一番やりたくない仕事だと思っている人。
最初が、そんな動機であっても、営業の世界に飛び込んで、
トップセールスマンになった人は、たくさんいます。

やりたくないからこそ、セールスが来た時の、
お客様の気持ちがよく分かるから、
トップになれたと言う要素もあるでしょう。
一番やりたくない職業の中に一番、
自分の才能を、開花させる要素があるのかもしれない。

トップセールスマンと言う人は、
意外と口数が少ない人も多いです。
この人が営業マン?大丈夫なのか?と
思うような人がトップにいる事もあります。
あると言うか、色んな会社のトップの人を見渡すと、
そんな人は、意外と多かったりするものです。

だから、適職で言うなら、
自分が一番、向いてないと思う仕事や、
一番やりたくないと思う仕事に、自分の魂や、
人生の向上になるヒントを秘めている気がします。

自分の隠れた才能は、自分が向いてないとか、
合わないとか思っている仕事の中に、
隠れているような気がします。

一番やりたくない事。無意識的に避けている事。
それは、実は、一番やった方がいい事を内在しているらしい。

人間関係でも、自分が一番嫌いな人や、
一番、苦手意識を持っている人に、
人生を変える為のヒントが隠されているのかもしれません。
いつだかの記事に書いた正反対こそが、
最大の学びと言う事にも似ているかもしれません。

また、やりたくない事をやる事で、
本当に、やりたかった事が見えてくるかもしれない。
だけども、ケースバイケースなので、
やりたくないからこそ、やらない方がいい事もあると思います。
その辺は、自分自身で見極める必要があると思います。

スポンサーリンク



-心理学, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.