どうでもいいこと ビジネス マインド 人間観察 日記

稼ぐ為に、雇われていては、ダメな理由

更新日:

大きく稼ぐ為には、雇われていては、ダメです。

勿論、例外も、たくさんありますが、
例えば、サラリーマンの固定給が25万としましょう。
そしたら、そこで月収50万、100万に上げるには、
限られた職種や、限られた能力、限られた会社など、
色々な制限が、かかってきます。

これが、自分で何かをやっていれば、
最初から、そんな制限など外した状態です。
勿論、売上がなければ、収入もないと言う、
完全歩合の世界ではありますが、
雇われずにある程度の結果を出せる自信があるのなら、
少々の借金をしようが、自分で何かを始めた方が、
稼げるようになってくると思います。

それを無借金でとか、金を貯めてとかやっていたら、
中々、実現しないし、実現が遠のく。
勿論、そうできるに越した事は、ないのですが、
それを実現する為に、時間がかかりすぎて、
結局、何もやらずに、年老いてしまう人が多いです。

ホリエモンさんは、借金して失敗しても自己破産すればいい。
その後の生活が成りゆかなくなった時は、
生活保護を頼ればいいと言ったような事を言っていました。
この意見にも賛否両論は、あるでしょうけど、
日本人は、これをやらない人が多すぎるような気もします。

失敗したら迷惑をかけたり、生活保護のお世話になったりで、
それをよく思わない人も多いですが、
成功したら、多くの人を導いたり助けたりできるわけで、
自分で何かをやると言う事は、それなりのリスクを背負う。
そのリスクを背負いたくないから、雇われの身から抜け出さない。

雇われる事が好きなら、それでいいでしょう。
しかし、そうでないのなら、それらのリスクを背負い、
雇われの身から、何らかの方法で抜け出す道の方が、
自分の人生楽しくなると思います。

やらずに後悔するより、やって後悔した方がいいでしょう。
やりたい事をやったのだから失敗しても、
後悔する事もないかもしれません。

多くの方は、金持ちになる道を難しく考えすぎていたりしますが、
金持ちの定義にもよりますが、月収100万円ぐらいへの道なら、
それこそ一年かそこらで辿り着く人もたくさんいます。
(それが一時で終わってしまう人も多いですが・・・)

だけど、雇われの身で一年で月収100万を稼ぎ続けるようになるには、
先程も申し上げたように、職業や会社や能力などで限定されてしまいます。
その限定された職業を選んだり、
その能力を持つと言う事も一つの手段ですが、
自分で何かをやると言う事であれば、
どんな分野でも、色んなやり方があります。
先人の知恵にプラスして自分の知恵を入れ、
改良したりと言った事が出来ます。

雇われの身であれば、与えられた
仕事をこなすだけと言う場合も多いでしょう。

収入的にも、職種、ジャンルによって、
結構、偏りがあったりもします。

雇われない身の方が、
自由度が高くなる傾向にあります。
それは、体の自由だけではなくて、
金銭面の自由も高くなりやすいです。

しかし、金の計算が出来ないとか、世の中を全然知らないとか、
問題外の人達は、雇われていた方が、身の為であると思います。

だけど、身の程知らずの人の方が、
後先考えずに起業していたりします。
起業して失敗している人も多いですが、
そんな中でも成功した人もいます。

ホリエモンさんは、昔の経営者は、
バカが多かったと言います。
バカだから起業出来たとも言います。

だから、自分で何か事業を始めると言う事は、
リスクを取るか、取らないか、この差だと思います。
リスクと言いましても、世の中の自営業者を見渡してみれば、
分かる通り、特別な才能がある人や特別な能力がある人が、
自営業を営んでいるわけではない。そんな人は、自営業者の中でも、
ごく稀に存在しているだけで、多くの人は、凡人であります。

雇われと雇われない道は、
視野と思考と行動が違うだけです。

勿論、雇われていた方が、色々、守られている部分は、多いです。
だから、雇われの間に、起業する為の出来る限りの準備を整える。
当たり前の事かもしれませんが、これが、安全な方法でしょう。

だけど、安全ばかりに目を向け、
中々、行動に踏み込まないと言う事も、よくあります。

やりたい事があるのなら、時には、
思考のブレーキも行動のブレーキも、
外してみる事も大切な要素だと思います。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, ビジネス, マインド, 人間観察, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.