スピリチュアル 心理学 日記

顕在意識と潜在意識とカタカムナウタヒ 

更新日:

思考は、現実化すると言いますが、
それは、深層心理で信じている事が現実化します。
だから、思考が現実化すると言う事を、
私達は、イマイチ信じられなかったりします。

信じた事が現実化するのですが、
それも、潜在意識の方で、
信じ込んでいる事が現実化します。

潜在意識とは、思い込み、観念。
だから、潜在意識の書き換えと言うのは、
とにかく、自分が、このような思い込み、
観念を持っていると言う事に気づいていくという事。

顕在意識が分かりやすい意識としたら、
潜在意識は分かりずらい意識で、
深い海のような所で、色んな、
思考やら感情が詰まっている貯蔵庫、
タンクのようなモノだと思います。

私達は、顕在意識で思ったり、
感じたりした事を知らず知らずの間に、
潜在意識に落とし込んでいる可能性があるようです。
それも、かなりネガティブな事を落とし込んでいる
可能性があると思います。

恐らく、私も、かなり落とし込んでいると思います。

また、顕在意識や潜在意識の間には、
壁のようなモノがあると言います。
それをクリティカルファクターと言うそうです。

スピリチュアルな世界では、ある程度、有名な話ですが、
カタカムナ言語と言うモノがあります。
古代文字や神代文字と言われるモノです。

そして、そのカタカムナを唄にした、
カタカムナウタヒと言うものがあります。
これは、唱えるだけでいいらしい。

このカタカムナウタヒを唱えると、見えない素粒子レベルで、
御統の珠(みすまるのたま)と言うモノを作れるそうです。
この、御統の珠と言うのは、何か?と言う事ですが、
クリティカルファクターの壁を薄くして、
顕在意識と潜在意識を繋ぐと言うか、
この両方を行ったり来たりしやすくなるそうです。

信じなくてもいいけど、信じてやった方が効果が高いらしい。
出来れば、感謝の気持ちを持って唱えるといいらしい。

言葉も波動ですから、古代の言葉と言う波動を使うので、
それなりの効果が得られる事もあるのかもしれません。

実際に、丸山アレルギークリニックの丸山先生と言う方が、
この、カタカムナウタヒを利用して、患者の治療に役立てているそうです。

丸山先生は、カタカムナウタヒとは、何か?と言う説明に、
インナーチャイルドに聞かせる子守歌だと言います。

子供を寝かすように、穏やかに優しく唱える事がコツであるらしい。
ミスマルの珠と言うように見えない世界に珠(たま)が出来る。

それが、バリアなのか、オーラなのかは、分かりませんが、
何か、不思議な力を持つ珠が出来上がるのでしょう。
見えない世界と見える世界を繋ぐ唄とも言われています。

私個人としては、カタカムナや古代文字と言うのは、
私にとっては、難し過ぎて、怪し過ぎて、
以前は、見向きもしなかった情報ですが、
最近は、どんなモノか、もっと知りたいと思うようになりました。

色んなスピリチュアルな方が、今、注目している事でもあります。
今後、もっと、多くの人に、分かりやすく、解説されていく事でしょう。
般若心経などと同じように、今度、普及していくのかもしれないですね。

カタカムナウタヒは、ユーチューブにも、いくつか動画が、
上げられているようなので、気になる方は、聞いてみてください。
そして、唱えて見えない素粒子レベルに光の玉を創りましょう。
カタチサキと言うのは、見えない世界が先であると言う事でしょう。

ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト
アウノスヘシレ カタチサキ

ソラニモロケセ ユヱヌオヲ
ハエツヰネホン カタカムナ

マカタマノ アマノミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ
ミスマルノタマ



マカタマノとは、勾玉の事であるらしく、
私達が、学校教育の中で学んだ事より、
さらに深い意味が勾玉には、込められていたのかもしれません。

現実は、潜在意識で心底信じ込んだ事が、
そのままんま反映している世界であるらしい。
だから、カタカムナウタヒを唱える事で、
自分の潜在意識に気づきやすくなるそうです。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 心理学, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.